ニュース

ボブ・ディラン、66年のライヴ音源をまとめた36枚組ボックス・セットを発表

ボブ・ディラン   2016/09/28 17:22掲載
はてなブックマークに追加
ボブ・ディラン、66年のライヴ音源をまとめた36枚組ボックス・セットを発表
 ボブ・ディラン(Bob Dylan)が今から50年前、1966年にアメリカ、イギリス、ヨーロッパ、オーストラリアをまわったツアーのうち、存在が確認されているライヴ・レコーディングのすべてを収める36枚組のボックス・セット『ライヴ 1966』(SICP-5101〜36 25,000円 + 税)が11月23日(水)に発売されます。

 このボックス・セットには、これまで未発表だったサウンドボード・レコーディング、ライヴ・アルバムを制作するためにCBSが録音したモービル・レコーディング、観客が密かに録音したオーディエンス・テープの3種の音源が収められています。『ロイヤル・アルバート・ホール:ザ・ブートレッグ・シリーズ第4集』(1998年)と『バイオグラフ』(1985年)に収録された2曲を除く音源は、今回初めて正式に発表されるもので、トラディショナルの「連れてってよ(Baby, Let Me Follow You Down)」以外はすべてディランの自作曲です。

 バック・バンドはロビー・ロバートソン(g)、リック・ダンコ(b)、リチャード・マニュエル(pf)、ガース・ハドソン(org)、ミッキー・ジョーンズ(dr / ホワイトプレーンズとピッツバーグのコンサートのみサンディ・コニコフ)。当時、一時的にバンドを離れていたリヴォン・ヘルムがその後ドラムに復帰し、彼らはザ・バンドと名乗ります。

 36枚のCDは、ディランのドキュメンタリー映画『ドント・ルック・バック』(1965年)などで知られるD・A・ベネベイカーが撮影した写真を使用したジャケットに収められており、この企画の相談役であり、65年から66年にかけてのディランのツアーを記した『JUDAS!: From Forest Hills to the Free Trade Hall: A Historical View of Dylan's Big Boo』の著者でもあるクリントン・ヘイリンがライナーノーツを執筆しています。

 また、ボックスに収録される1966年5月26日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホール公演の音源は、『リアル・ロイヤル・アルバート・ホール』(SICP-5078 3,000円 + 税)として同時発売されます。

■2016年11月23日(水)発売
ボブ・ディラン
『ライヴ 1966』

SICP-5101〜36 25,000円 + 税

[収録内容]
Disc 1. Sydney, April 13, 1966(Soundboard recorded by TCN 9 TV Australia)
Disc 2. Sydney, April 13, 1966(Soundboard recorded by TCN 9 TV Australia)
Disc 3. Melbourne, April 20, 1966(Soundboard / unknown broadcast)
Disc 4. Copenhagen, May 1, 1966(Soundboard)
Disc 5. Dublin, May 5, 1966(Soundboard)
Disc 6. Dublin, May 5, 1966(Soundboard)
Disc 7. Belfast, May 6, 1966(Soundboard)
Disc 8. Belfast, May 6, 1966(Soundboard)
Disc 9. Bristol, May 10, 1966(Soundboard / audience)
Disc 10. Bristol, May 10, 1966(Soundboard)
Disc 11. Cardiff, May 11, 1966(Soundboard)
Disc 12. Birmingham, May 12, 1966(Soundboard)
Disc 13. Birmingham, May 12, 1966(Soundboard)
Disc 14. Liverpool, May 14, 1966(Soundboard)
Disc 15. Leicester, May 15, 1966(Soundboard)
Disc 16. Leicester, May 15, 1966(Soundboard)
Disc 17. Sheffield, May 16, 1966(CBS Records recording)
Disc 18. Sheffield, May 16, 1966(Soundboard)
Disc 19. Manchester, May 17, 1966(CBS Records recording)
Disc 20. Manchester, May 17, 1966(CBS Records recording except Soundcheck / Soundboard)
Disc 21. Glasgow, May 19, 1966(Soundboard)
Disc 22. Edinburgh, May 20, 1966(Soundboard)
Disc 23. Edinburgh, May 20, 1966(Soundboard)
Disc 24. Newcastle, May 21, 1966(Soundboard)
Disc 25. Newcastle, May 21, 1966(Soundboard)
Disc 26. Paris, May 24, 1966(Soundboard)
Disc 27. Paris, May 24, 1966(Soundboard)
Disc 28. London, May 26, 1966(CBS Records recording)
Disc 29. London, May 26, 1966(CBS Records recording)
Disc 30. London, May 27, 1966(CBS Records recording)
Disc 31. London, May 27, 1966(CBS Records recordings)
Disc 32. White Plains, NY, February 5, 1966(Audience tape)
Disc 33. Pittsburgh, PA, February 6, 1966(Audience tape)
Disc 34. Hempstead, NY, February 26, 1966(Audience tape)
Disc 35. Melbourne, April 19, 1966(Audience tape)
Disc 36. Stockholm, April 29, 1966(Audience tape)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015