多彩で個性豊かな楽曲がズラリ! “7”に縁がある水樹奈々、7枚目のアルバムを発表

2009/06/10掲載
はてなブックマークに追加
 6月3日に7枚目のアルバム『ULTIMATE DIAMOND』がリリースされた水樹奈々。本作は、チャートの上位を獲得した「Trickster」「深愛」といったシングル曲だけでなく、ポップス、ヘヴィ・ロック、ダンス・ミュージック……などじつに多彩で個性のある楽曲が収録された渾身の一枚。7月5日には西武ドームという大きな会場でのライヴも控えている彼女。本作について話を訊いた。




 シングル「Trickster」「深愛」がいずれもシングル・ランキング2位を記録。その存在はアニメ・ファンだけではなく――彼女は声優としても圧倒的な支持を獲得している――広く音楽ファンにも浸透、いまやヒット・チャートの常連となった水樹奈々から、7枚目のオリジナル・アルバム『ULTIMATE DIAMOND』が届けられた。
 「自分の名前の奈々にちなんだ“7”という数字には何かと縁があって。だからこそ、7枚目のアルバムは節目だし、大事にしたかった」と言う本作は、約300曲のデモのなかから選ばれ、作家陣との緻密なディスカッションのなかで磨きぬかれた15曲が収録されている。ポップス、へヴィ・ロック、トランス系ダンス・ミュージックからアコースティックな手触りのナンバーまで、ジャンルを超越しながら広がっていく彼女のヴォーカリゼーションは、デビュー9年目を迎えた今も、さらなる進化を続けているようだ。
 「とても振り切った、個性の強い曲ばかりだと思います。前作(『GREAT ACTIVITY』)を上回るサプライズを仕掛けたかったし、そのためには新たなジャンルへの挑戦も必要だし。“水樹奈々、まだまだいろんなことにチャレンジし続けます!”っていう感じですね(笑)」


 ジャズのテイストを取り入れたアップ・チューン「MARIA & JOKER」、そして、へヴィ・ロック・サウンドと和楽器の音色を融合させた「悦楽カメリア」も、本作における新しいトライアルを象徴するトラックと言えるだろう。
 「〈MARIA & JOKER〉みたいな曲は、以前からやってみたかったんです。スパイ映画のような雰囲気があって、大人っぽくて……そういう曲はデビューしたばかりの頃にも歌ったことがあるんですけど、そのときは背伸びしている感が出てしまって。声優としてもいろいろなキャラクターに出会い、年齢とともにさまざまな経験を重ねてきた今ならチャレンジできるんじゃないかなって。〈悦楽カメリア〉はPVでアレンジした和服を着ています。小さいころから演歌を歌っていたので、和服を着ると身が引き締まるというか、原点に戻れる気がするんです。すごく艶やかだし、圧倒的な色彩を持った楽曲の世界にもピッタリだと思います」
 また、自ら作詞・作曲を手掛けた「夢の続き」もまた、このアルバムに対する彼女の強い思いをストレートに示している。子供のときから歌手を目指し、一つ一つ夢をかなえてきた(昨年10月には、念願だった新宿コマ劇場での座長公演も実現!)彼女の軌跡そのものが、この曲にはしっかりと込められているのだ。
 「今、伝えたいことを素直に歌っています。私の歌詞は比喩や当て字が多くて、いろんな想像をしてもらえるように書くことが多いんですけど、〈夢の続き〉は、“水樹奈々をそのまま曲にしてみよう”って。かなり赤裸々で恥ずかしいところもあるんですけど、今だからこそ表現できた曲だと思います」
 7月5日には、西武ドームでのライヴも決定。「やりたいことはたくさんあります! 水樹奈々はまだまだ、始まったばかりです!!」という彼女は今、シンガーとしてもっとも充実した時期を迎えようとしている。




取材・文/森 朋之(2009年5月)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015