特別企画 藤倉大を知っていますか?

藤倉大   2013/01/08掲載
はてなブックマークに追加
 デイヴィッド・シルヴィアンと数々のコラボレーションを行ない、坂本龍一から今もっとも注目されている作曲家、藤倉大。ここで紹介する、2013年4月に東京・Hakuju Hallにて開催されるコンサートは、藤倉大の作品世界をまるごと体感できる絶好の機会です。
坂本龍一
もう40年近く前、「現代音楽」にはもう可能性はないと思いすすむ道を変えました。
それからずいぶん時間が経ちましたが、まだまだおもしろい音があったのだ、といううれしい驚きをもって藤倉大さんの音楽を聴いています。



■坂本龍一 オフィシャル・サイト
http://www.sitesakamoto.com/ http://www.skmtcommmons.com/
Hakuju Hall〈アート×アート×アート〉公演への期待
文/渡辺 亨
藤倉 大
(C)Milena Mihaylova


デイヴィッド・シルヴィアンとの共作
 藤倉大のことを知ったきっかけは、デイヴィッド・シルヴィアンのアルバムだった。まず最初は、2009年にリリースされた傑作『マナフォン』の日本盤にボーナス・トラックとして収められている「Random Acts of Senseless Violence(無分別な暴力の任意行為)」のリミックス・ヴァージョン。この曲のストリングス・アレンジとリミックスを手がけていたのが、藤倉大だった。ほかにも、シルヴィアンのさまざまなコラボレーションやサイド・プロジェクトの音源を集めた『スリープウォーカーズ』(2010年)、『マナフォン』の変奏曲集とでも言うべき『ダイド・イン・ザ・ウール〜マナフォン・ヴァリエーションズ』(2011年)でも、藤倉大は作曲、ストリングスのオーケストレーション、リミックスなどで活躍。僕はこうしたシルヴィアンとの活動を通じて、藤倉大のことを知った。もっとも、藤倉大は、それ以前から現代音楽の分野ではかなり知られた存在だったのだが。


(C)Milena Mihaylova
 『スリープウォーカーズ』には、 藤倉大のほかに、坂本龍一や、シルヴィアンの弟であるスティーヴ・ジャンセンらとのコラボーレションが収録されている。シルヴィアンと坂本龍一の交流は、前者がJAPAN、後者がYMOのメンバーとして活躍していた80年代にまで遡る。『ダイド・イン・ザ・ウール〜』のブックレットに掲載されているインタビューによると、5歳の頃からクラシックの音楽家を目指していた藤倉(1977年生まれ)は、13歳になるまでポップ・ミュージックを聴いたことがなかったという。そんな彼が13歳のときに初めて聴いたシルヴィアンのアルバムが、『シークレッツ・オブ・ザ・ビーハイヴ』(87年)。坂本龍一も参加しているアルバムだ。また、『CDジャーナル』誌の2012年12月号に掲載されているインタビューによると、藤倉は「中学生の頃はピアノでYMOの曲を弾いて、先生に喜ばれていた」とのこと。少なくともシルヴィアンやYMOのファンを自認している方々なら、藤倉大に興味どころか、ごく自然に親近感を抱くに違いない。

Hakuju Hallという空間ならではの企画



L'ASのフィンガーフード2種、ハーブ・エルダーフラワーを使ったドリンク

 2013年4月27日から東京・Hakuju Hallで開催される新しいシリーズ公演、〈アート×アート×アート〉。 その第1回を飾るアーティストが、藤倉大だ。

 〈世界を席巻する藤倉大パラダイス ― 音楽×エレクトロニクス×映像〉と題されたこのプロジェクトは、通常のコンサートとはかなり異なる。当日は計2回公演。それぞれ約1時間の公演で、坂本龍一と共同で作曲された電子音楽作品「ペリフェラル・ムーヴメント」をはじめ、独奏ギターやホルン、サックスのための作品、弦楽三重奏や四重奏のための作品などが日本人の若手演奏家によって演奏される。世界初演の「ペリフェラル・ムーヴメント」は、YMOのファンにはおなじみの原田大三郎によって選抜された若手映像作家のビデオと併せて演奏される。ここまでは通常のコンサートとさして違わないが、1回目と2回目の公演の合間には、ホワイエで藤倉大の“音楽”と、表参道にあるフレンチ・レストラン、L'ASのシェフである兼子大輔による“食”とのコラボレーションが行なわれる。藤倉の音楽が流れる空間で、フィンガーフード2種+ハーブ・エルダーフラワーを使ったドリンク(限定70食)が味わえるという企画だ。

 Hakuju Hallは、株式会社白寿生科学研究所の本社ビル7Fにある。普段はクラシックの室内楽のために使われることが多いホール(300席)だが、僕はクラシック以外のアーティストのコンサートを何度も観たことがある。思いつくままに挙げると、ブランドン・ロス鈴木大介ツトムタケイシ大西順子深町純ケイ赤城山中千尋加藤訓子……。

 そしてHakuju Hallは、ホールの音響の素晴らしさに加えて、秀逸な建築デザインでも広く知られている。ホワイエやスカイテラスでは、代々木公園や新宿の高層ビル群が一望できる。ホワイエに常設されているスピーカーは銘器B&W802Dだし、ホワイエのバー・カウンターでワインをオーダーすると、リーデルのワイングラスに注いでくれる。こんな多面的な魅力を備えたクラシック系コンサート・ホールを、僕はほかに知らない。

 〈アート×アート×アート〉は、こうしたHakuju Hallの空間全体を体験できるプロジェクト。そして、Hakuju Hallだからこそ実現できたプロジェクトである。ドイツでは、クラブでクラシックを聴く〈Yellow Lounge〉というイベントがある。今後、〈アート×アート×アート〉が〈Yellow Lounge〉に匹敵どころか、凌駕するようなイベントになればと夢想する。ともあれ、僕も何らかの形で関わりたいと思うほど、多彩なジャンルの人材を巻き込む可能性を持つプロジェクトだ。クラシックのシーンに一石を投じるに違いない。
アート×アート×アート
第1回 世界を席巻する藤倉大パラダイス
― 音楽×エレクトロニクス×映像


[日時]
2013年4月27日(土)
15:00開演(約1時間) / 17:00開演(約1時間)※1日2回公演(別プログラム)

[チケット]
全席指定
1回券:2,500円 / 通し券:4,000円
フィンガーフード2種+1ドリンク:1,500円(限定70食)
※問合せ・チケット購入
Hakuju Hallチケットセンター [TEL] 03-5478-8700
オンライン予約(1回券のみ)http://l-tike.com/hakujuonline2
※Hakuju Hall HP http://www.hakujuhall.jp/

[プログラム] ※すべて藤倉大作曲
●15:00〜
スパークス(独奏ギターのための)2011
サイオン・ステムズ(弦楽三重奏)2011
アナザー・プレイス(弦楽四重奏曲第1番)2005
ポヨポヨ(独奏ホルンのための)2012
ペリフェラル・ムーヴメント(坂本龍一共同作曲・電子音楽作品)世界初演

●16:00〜 ホワイエ・スカイテラスにて
アイ・ドリームド・オン・シンギング・フラワーズ(環境音楽)
※表参道のフレンチ・レストラン、L'ASの兼子大輔シェフが提案する現代的フィンガーフードとヘルシーなドリンクを提供(1,500円 / 限定70食)

●17:00〜
サカナ(独奏サックスのための)2007
フレア(弦楽四重奏曲第2番)2010
ペリフェラル・ムーヴメント(坂本龍一共同作曲・電子音楽作品)世界初演

●18:00〜
アフタートーク
原田大三郎(多摩美術大教授)、白石美雪(音楽評論家・武蔵野美術大学教授)、藤倉大

※音源・作品解説は以下のURLからご覧ください。
http://www.daifujikura.com/ (藤倉大公式ホームページ)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015