The Miceteethの元ヴォーカリスト、次松大助が紡ぐカラフルなポップス・ワールド

2009/09/10掲載
はてなブックマークに追加
 この4月に惜しまれつつ解散したThe Miceteeth。このバンドのヴォーカリストであった次松大助が、1stソロ・アルバム『Animation for oink,oink!』を完成させた。ここに展開するのは、彼のソロ・ユニット“”とも違う、ジャズやカリプソ、クラシックなどを取り混ぜたカラフルなポップス世界。優美なストリングスやトロピカルなパーカッションが奏でるノスタルジックでファンタジックな調べはふと、ハル・ウィルナーが制作したディズニー楽曲カヴァー集『Stay Awake』やヴァン・ダイク・パークス『Discover America』といった名作を連想させたりも。新たな第一歩を踏み出した彼に話を訊いた。


――アルバムの設計図はどんな感じだったんですか?
次松大助(以下、同) 「ガチャガチャしている曲をいっぱい作りたいと思ってたんです。例えば、カリプソのガチャガチャ感。リスナーとしてはこういうのがカッコいいって思ってたけど、これまであまり出してなくて。レコーディングではドラムをあまり入れず、だいたいはパーカッションでいけるようにしたんですが、このスタイルでやるとなれば、基本のフォーマットはカリプソ寄りになるやろな、と。カリプソほど上モノが優雅な音楽って他にはないと考えてたし、それは楽しんでやれるなって思ってたんですよ。あと一昨年ぐらいから、アフロ・ジャズを好きでよく聴いてたことの影響も反映しているかな」
――確かに楽しい雰囲気に溢れてますよね。それと音のゴージャス感がこれまでの音楽との違いを浮かび上がらせているのも印象的で。
 「そう感じてもらえると嬉しいですね。ストリングスも憧れのまま手つかずで残っていた部分やったから、入れたかったんですよね。レコーディングはほんと楽しくて、いままでにないほどに。まるでご褒美の時間みたいでした。それに大人の娯楽っていうか。お金もらってこんな楽しい時間を作れるなんて、すごい娯楽やなって(笑)」


――ソロ・ユニットの“箱”も今回もそうですが、あなたはこれまで普段の生活で流れている空気を自身の音楽に吹き込もうという試みを繰り返してきましたよね?
 「今回は、ドキュメントであってドキュメントじゃない、みたいな感じはあるかも。アルバム制作中は、夢見れる音楽がいいなぁと考えてました。最近、昔のブギウギを聴いてて思ったんですけど、当時はあの音楽が最先端やったわけじゃないですか。いちばん新しい音楽があんな楽しいものだったってすごく幸せなことで、それがすごく羨ましいなぁと思って。タイトルに付けた“アニメーション”って言葉も、“明るくする”とか“活気付ける”という意味があるんです」
――プレス・シートに〈最近、色んなことがどうでもよくなってきた〉と書いてあったけど、その結果こんなに明るさを湛えた作品ができたことが感慨深くて。
 「なんですかね。いろんなことがどうでもよくなったことから、最近人見知りしなくなって。それまでは、いろんなことがどうでもよくなかったから(笑)。人からどう見られてもいい、って思えること。そこですよね、外向き加減は。言葉足らずで多少誤解を受けても、ある部分がしっかりとしていればまぁ大丈夫かな、って思えるようになって。そのことは自分のなかでかなりデカかったんですよ。ある日ハッと気づいたんですけどね(笑)」
――アーティスティックなアルバムだけど、それでいてポップなフィーリングを持った曲ばかりで。なにやら音楽との戯れ方が大胆になったって印象がある。
 「なるほど。前に“箱”のアルバム(『long conte』)を出したとき、聴き手が想像力を働かして聴いてもらわないと成り立たへん曲があるなって感じたこともあって。なので今回は、わざわざそういう力を働かせなくてもなるべく伝わるようにしたいって考えたりしたんです。例えばピアノだけでもはっきりと世界が描けていたりと、ガッツリいくところはいくというふうに決めて。最後の曲(〈冬のユビキタス〉)なんか、かなりポップやと思うんです。なんかポップで締め括ったほうがシブいと思ったんですよね(笑)」
――“箱”には、行間を読んで面白さを味わう曲が多いから。
 「そうそう。今回は説明のいらないアルバムですね」
――そういえば以前にソロ・アルバムが出来上がったらマイスのメンバーに聴かせたい、と言ってましたが。
 「ミックスの作業中に呼んで、どう?って相談したりしましたけどね。やっぱりいちばん身近なミュージシャンやし、ミュージシャンとしての意見をいろいろ聞きたいから。アルバムはちゃんと送りますよ。会って渡してもいいんですけど、なんかちょっと……(照笑)」


取材・文/桑原シロー(2009年8月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015