藤井フミヤが好評を博したコラボレーション・アルバムの第2弾を発表!

2009/09/29掲載
はてなブックマークに追加
 チェッカーズでデビューしてから25年、ソロ・デビューから15年。「ここからまた新しいことをやっていきたい」というテーマのもと、藤井フミヤが“歌い手”に徹し、豪華アーティストとのコラボレーションを繰り広げたアルバム『F's KITCHEN』から約1年。その第二幕となるアルバム『F's シネマ』が届けられた。前作に引き続いての奥田民生、和田唱(TRICERATOPS)のほか、斉藤和義馬場俊英The Birthday石野卓球、河野丈洋(GOING UNDER GROUND)、SEAMOYO-KINGGLAYのHISASHI & TAKURO、MONKEY MAJIK河口恭吾と、今作も多彩な面々と自由気ままにコラボレート。和田誠によるカヴァー・イラストからも窺えるような、ノスタルジックで人懐っこいナンバーがめくるめく、感動のシリーズ完結作!
――『F's シネマ』というタイトルは、今回、斉藤和義さんが書かれた「罪滅星」という曲がキーになってるそうですが。
藤井フミヤ(以下、同)  「〈罪滅星〉は最初のほうにレコーディングした曲なんですけど、昭和の匂いがプンプンするし、なんか古い日本映画みたいだねって。今回もタイトルは『F's ○○○○』でいこうと思ってたんで、これはもう『F's シネマ』しかないんじゃない?って」
――“シネマ”といっても、一本の映画のサントラというより、短編映画のオムニバスのような雰囲気ですね。
 「そうですね。(石野)卓球くんが書いた〈Final Valley〉なんてSF映画だしね。そういう意味では、卓球くんにも書いてもらったことによって、『F's シネマ』っていうネーミングが、よりハマッたなって思ったんですよ」
――たしかに、今作は『F's KITCHEN』よりもレイドバックした雰囲気の曲が多い印象を受けますし。
 「卓球くんの曲以外は、昭和の匂いを感じさせるものが結構あったりとかして……The Birthdayが作ってくれた〈カラスの冷めたスープ〉にしたって、キーボードと管楽器が入ることによって歌謡ロック的な、チェッカーズを彷彿とさせるような感じになりましたからね」


――楽曲の仕上がりで意外な印象を受けたのは、馬場俊英さんが書いた「そこから始まる愛がある」。
 「たしかに、いちばん意外でしたね。アコギ掻き鳴らし系の8ビートがくるもんだと思ってたら、ちょっと色っぽい16ビートの曲がきて。この曲はね、アレンジをバブル期みたいにしようって(笑)。ホーン・セクションを入れるにしてもシンセサイザーのホーンにしたりとか、80年代に多用されていた音色をわざと使ったりして、実際にその時代を生きた人間じゃないと出せない空気感っていうか、そういうものを醸し出してみました」
――SEAMOさんが書いた「君のために」は、かなり切実なラヴ・ソングで。
 「最初にデモを聴いたときに、ちょっと気恥ずかしいというか、ちょっと青春しすぎじゃないか?って。SEAMOに言わせると、ここまでベタなラヴ・ソングは自分では歌えないらしく、僕だったら平気かなって思って書いてくれたみたいなんですよ。僕もここまでストレートなラヴ・ソングは書けないけど、SEAMOが作ってくれたから歌えたっていうのはありますね」
――YO-KINGの曲はちょっとしたハイライトですね。今まで聴いたことのないフミヤさんのヴォーカルが聴ける感じで。
 「たしかに、曲をもらったときに歌ったことないタイプだと思いましたね。ちょっと“新橋”な感じもするし(笑)、保険のCMソングに使ってほしいぐらい」
――GLAYのHISASHIさんとTAKUROさんが共作した「春叶歌」は一転して、ノスタルジーを喚起させる美しいバラードで。
 「歌ってみて、GLAYの歌って結構大変なんだなって思いました。そういうふうに感心することはコラボするとよくわかりますよ。河口恭吾くんが書いてくれた〈渚〉って曲もレンジがすごく広いんだけど、歌うことによって作った歌い手の音域を知ることは多々あるし、こんだけ音域を使えればいろんなメロディができるだろうなあって」
――MONKY MAJIKが書いた「Beautiful summer」は、フミヤさんらしいというか、アレンジした佐橋佳幸さんらしさが出た曲ですね。
 「デモの段階では、打ち込みのサーフ・ミュージックみたいな感じだったんだけど、それを佐橋くんがAORに変えましたね。そのへんの感じって、佐橋くんはすごく得意だし、TOTOとかイーグルスとかの音なんかはすぐ出せちゃうから(笑)。このアレンジの振り幅はおもしろかった」
――最後に、コラボレーション・アルバム2作を振り返っての感想を。
 「新たなアイディアを得たり、これからオリジナルを作っていくうえでの勉強をたくさんさせてもらった感じです。この2枚の曲を一生歌っていけると思うと、まあ、宝物ですね。ホントにありがたい。このあとどんなものを作っていこうかな?っていう思いはいろいろと頭の中で巡ってるし、自分もしっかり作っていかねばっていう気持ですね、今は」
取材・文/久保田泰平(2009年9月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015