『グルーヴィン昭和!』6&7登場──吐き気がするほどロマンチックかつディスコナイトだったあの頃をリメンバー  

2010/11/29掲載
はてなブックマークに追加
 昭和のレア音源を紹介するオムニバス『グルーヴィン昭和』シリーズもいよいよ昭和60年代に突入。50'S〜60'Sリバイバル・ポップス色の強い『6〜東京ディスコナイト』と、パンク〜ニューウェイヴ色の強い『7〜ロマンチスト』の楽曲群が生まれた時代背景を、やや駆け足で振り返ってみよう。
 そうか、このあたりも昭和だったな──と、オムニバス『GROOVIN'昭和』シリーズの6および7を手にとり感慨にふけることしばし。一昔前は、昭和産音楽の発掘&プレゼンというと、40〜50年代の歌謡曲、GS、ジャズ、サウンドトラックあたりが主な対象だったものだが、パンクだって昭和の──今から30年も前の──出来事だ。

 現在41歳の自分はおそらく、当時、パンクを単なる早くて暴力的なロックンロールとしてではなく、なにか画期的に新しい(そう、当時の言葉で「ナウい」!)カルチャーと捉えることができた、いちばん年下の世代だったように思う。TVで見聞きする歌謡曲とは相容れない、まったく違う価値観と発想で作られている音楽が世の中にはあるらしい、と気がつけたのがぎりぎり12歳だったのではないだろうか。『宝島』や『ビックリハウス』を読むことが、中学の同級生と差別化できるもっとも手軽な方法で、クリア下敷きにアイドル歌手ではなくスターリンの雑誌記事を切り抜いて挟むヤツは普通にいた。地方都市では、メイクもバッチリきめたギンギンのパンクスと聖子ちゃんカットのファンシーな彼女、なんてカップルは珍しいものではなかった。

 気がつけば50's風のファッションや音楽が新鮮に思え、最初は“なんじゃこのぱっつんの前髪にピチピチの洋服は!?”と思えた60'sですら、そのうちクールなものとして受け入れられるようになった(だから最初、ロック雑誌のグラビアのザ・ジャムは仲間内で笑われていた。その音を聴くまでは)。パンクは今までにない新しさを提示したと同時に、過去の文化を新しくとらえ直して再提示する手法の始祖でもあったのだ。それにしても、モッズのライフ・スタイルを実践している連中が本当にいるなんて、『ポパイ』の記事とNHK-FMの佐野元春『サウンド・ストリート』に触れるまでは、北海道の片田舎に住んでいた頃には俄には信じがたかったものだが。

 昭和60年代、昭和が5年もたたずして終わることなど想像を巡らすことなく世間が浮かれていた一方で、ポップミュージックを巡る状況もいろいろと変化していた。パンク〜ニューウェイヴのリスナーにはソウル・ミュージックへの嫌悪感を持つ者も少なからずいたものだが、主にランDMCの登場で、それまでのブラック・ハラスメント気質を払拭できた人間が続出した。高級なパンク・ショップと捉えられていた原宿のア・ストア・ロボットにアディダスのジャージが陳列されるようになったのは象徴的だった。レアグルーヴの動きもあり、パンクに多大な影響を受けたリスナーがフュージョンのレコードを血眼で探す、というそれまでは考えられないような光景が繰り広げられていた。ベルリンの壁の崩壊に先立ち、リスナー内のさまざまな壁は壊れつつあったのだ。

 さて、雑然とノスタルジーを書き散らしてきたわけだが、最後にWAXというレーベルに触れておきたい。昭和62年にスタートしたこのレーベルは、フリクションカーネーションなどの新譜をリリースする一方で、旧譜のCD再発を積極的におこなってきており、途中に休止期間はあるものの、結果的に日本のパンク〜ニューウェイヴの貴重なカタログを多数抱えているのだ。リアルタイムでは触れてこなかった若い編者にWAX音源をコンパイルしてもらったらどうだろう?というのが、個人的な楽しみではある。
文/フミヤマウチ
イラスト/小田島等


※ミノルフォン・レーベルをはじめ、80年代のレア・グルーヴ的ポップ/ロックを特集。

グルーヴィン昭和!6〜東京ディスコナイト

(TKCA-73576 税込2,100円)
01. 東京ディスコナイト (スクーターズ)
02. 東京ブギウギ (THE VENUS)
03. ほうろう (桑名晴子)
04. チェッ!チェッ!チェッ! (ブラックキャッツ)
05. IT'S NOT ENOUGH (ジミー倉田)
06. YOUNG BOY BLUES (篠原太郎)
07. お前は夢の中 (ラブマシーン)
08. I WANNA BE FREE (来栖ANNA)
09. 恋のバカンス (スクーターズ)
10. 夢で逢えたら (桑名晴子)
11. 恋のサバイバル (麻生よう子)
12. うわきわきわき (ビジネス)
13. Tu Tu (ポータブル・ロック)
14. Tonight (Shampoo)
15. KAZE/NORMANDIE (薩めぐみ)
16. You Really Got Me (Gate Ball)
17. Star Man (Gate Ball)
18. ジミー・ペイジになれなかったよ (山田淳)

※WAXレーベルを中心にパンク/ニューウェイヴをセレクト。

グルーヴィン昭和!7〜ロマンチスト

(TKCA-73577 税込2,100円)
01. ロマンチスト (Naked Mix) (THE STALIN)
02. S 60 (あぶらだこ)
03. Ego Fix (S.O.B)
04. MUCH (怖 (COA))
05. CRAZY DREAM (FRICTION)
06. ドリンコ (突然段ボール)
07. 列車 (P-MODEL)
08. Thalidomide Car (BOREDOMS)
09. まさおの夢 (山本精一&Phew)
10. 不思議をみつめて (ヒカシュー)
11. メメントモリ (HERE IS EDEN)
12. KILL THEM ALL (シャクシャイン)
13. 好きな男の名前 腕にコンパスの針でかいた (面影ラッキーホール)
14. 私だけ好きなの私だけ損じゃない (MiLK)
15. Woo Rock (花電車)
16. 世界は二人のために (哀秘謡)
17. MANA (森山威男)

■『グルーヴィン昭和!』シリーズ


※徳間ジャパン
http://www.tkma.co.jp/
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015