[特選ヘッドフォンガイド]音のチューニングも楽しめる4ドライバー搭載フラッグシップ――SHURE SE846

2013/09/04掲載
はてなブックマークに追加
SHURE SE846
SHURE SE846
オープン価格 / 99,800円前後

■形式: カナル型 ■ドライバ: バランスドアーマチュア型 x 4 ■再生周波数: 215Hz〜20kHz ■感度: 114dB ■インピーダンス: ■ケーブル長: 162 / 114cm(着脱式) ■プラグ: ミニ
※お問い合わせ: 完実電気(株) www.kanjitsu.com
音のチューニングも楽しめる4ドライバー搭載フラッグシップ
ノズル内のフィルターを交換するこ
とで好みの音にチューニングできる。
右がノズル交換用の工具。
 マイクロフォンだけでなく、いまやイヤフォン、ヘッドフォンシーンをも牽引する存在となったシュア。その動向に注目が集まる中、イヤフォンのフラッグシップモデルが登場した。ドライバーはバランスドアーマチュア型が、なんと4基。すべてこのモデルのために新開発されたもので、低域から高域まで、幅広くカヴァーしようとする狙いだ。特筆すべきは、低域用の2基のドライバーの前方に設けられたローパスフィルターだ。これは複雑なパターンで溝が掘られた10枚の微小なステンレスプレートで構成され、ここを通り抜けることで低域が自然に減衰するのである。開発担当者によると「本物のサブウーファーのような量感のある低域を目指した」という。また、これだけの部品を使用していながらボディはコンパクト。また、ラウンドフォルムで耳へのフィット感は高い。また、シェルはクリスタルクリアと名付けられたほぼスケルトン仕様。あたかも、内部に秘められたシュアのノウハウが覗き込めるかのようだ。
ケーブルはMMCX端子を採用した着脱
式。断線しても簡単に交換できるうえ、
サードパーティのMMCX端子ケーブル
に交換して音の変化も楽しめる。
 さらに、もうひとつ音楽に触れる楽しみを広げてくれるフィーチャーがある。それはノズル部分のパーツをユーザーが交換できる、ノズルインサートという機構だ。長さ約15mm、直径約2mmの筒状の部品が3種類付属。サウンドの傾向から「ブライト」「バランス」「ウォーム」としており、その名の通り「バランス」を中心に、高域にフォーカスした「ブライト」、低域に厚みを持たせた「ウォーム」となっている。これはノズルインサートの内部に設けた綿のような素材の取り付け位置や、目の粗さで調整しているのだという。
長さ(162/114cm)の着脱式
ケーブル、キャリングケースなど
付属品は多彩。
 さて、奇しくも6月19日、同日に発売となった2作品を聴いてみよう。高田 漣『アンサンブル』と、伊藤ゴロープロデュースの『ゲッツ / ジルベルト + 50』である。前者はシンガーソングライターでマルチ弦楽器奏者の約6年振りの新作。後者はボサ・ノヴァの金字塔、『ゲッツ / ジルベルト』のレコーディング50周年を記念し、日本人ミュージシャンを中心として制作されたトリビュート盤だ。細野晴臣坂本龍一原田知世といった参加メンバーが両作品に共通していることも興味深い。『アンサンブル』をノズルインサート「バランス」で聴くと、何ともいえぬまったりと密度の高い音空間が広がる。ヴォーカルやギター、ベースがほどよく混ざってとろりとした味わい。まさに各ドライバーのアンサンブルである。そのテイストは『ゲッツ / ジルベルト + 50』でも同様だ。耳を突き刺すような不自然な解像感は皆無。音楽が持つ暖かな体温のようなものを感じさせる。低域には弾力や立体感も生まれている。また、ノズルインサートを「ブライト」に取り替えるとギターの高域に、輝きがプラスされるようだ。小さなパーツゆえ、交換には慎重にならざるを得ないが、それを補って余りある面白さがある。
試聴・文 / 中林直樹
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015