アンサンブルの充実とロックンロールへの回帰、22-20sが快作『ゴット・イット・イフ・ユー・ウォント・イット』を発表

22-20s   2012/02/29掲載
はてなブックマークに追加
 前作『シェイク/シヴァ/モウン』(2010年)で劇的な復活を遂げ、同年のフジロックでも注目された00年代初頭のUKロックンロール・リヴァイヴァルの実力派22-20s。その波に乗り、彼らは早くも新作『ゴット・イット・イフ・ユー・ウォント・イット』をなんと6日間のレコーディングで完成させた。その新作と近況についてマーティン・トリンブル(vo、g)に直撃した。




――前作から22-20sの原点に戻るような意欲が感じられましたけど、今作でそれがさらに強まったような気がします。
マーティン・トリンブル(vo、g/以下同) 「僕たち、やっと気づいたんだ。後からいろいろ考えるんじゃなくて、もっと自分たちの直感に基づいた音楽を作るべきなんだって。これまで出してきた音源は本能で作られたものじゃなかった。でも、そうやって失敗したことで、結果的に僕たちは原点に立ち戻って進化することができた。ちょっと変わった過程だと思うけどね(笑)」
――今回のアルバムはアメリカのミネアポリスでのレコーディグだそうですが、そのいきさつを教えてください。
 「2010年の終わりに、僕とメンバーのひとりがミネアポリスに引っ越したんだ。全米ツアーをやった際にミネアポリスを仮の住居にしていたから、すごく自然な形での移住だったんだ。残ったメンバー2人はイギリスに帰っていたからバラバラだったんだけど、ミネアポリス組の僕らが新作を録りたいってことになって。イギリス組も海を渡って参加するのに支障もなかったんでね」
――レコーディングはどういう過程で行なわれたんですか?
 「最初はとにかく書きためてた歌詞を整理する作業だったんだけど、それに曲を付け出したらすごく上手くいったから、プロデューサーのイアン(・ダヴェンポート)にすぐ連絡して。彼のいるイギリスまで飛んで行って、6日間だけのセッションで作り上げたんだ」
――今回の歌詞は告白調のすごく内省的なものが目立つ気がするんですが、これはこのバンドでのあなたの苦闘を反映したものですか。
 「歌詞の大半はツアーに出てたときに書き留めたメモが中心だね。そこまで告白的なものは意識していないよ。ヴォーカルを際立たせて音をシンプルにしてるからそう聞こえるんじゃないかな。歌詞に込めたのは“取り返せないもの”に対して働きかけることかな。スリム・ハーポの〈Got Love If You Want It〉に影響を強く受けてるからね」
――今回はすごくルーツ・ミュージックの色濃い生々しい作風ですが、それで内に入りすぎるのではなく、ロック本来のエネルギッシュなヴァイブも感じさせます。
 「それこそロックンロールやブルースの醍醐味だね。僕自身、のたうち回っていたり、いかにも心が粉々ですと言わんばかりの音楽は、聴いてて不快だもの。それにそういう曲ってクリシェにも陥りがち。感情というのは言葉だけでなく、メロディやリズムもフルに使って表現するものだしね」
――そして、あなたたちのアンサンブル能力の充実ぶりも感じられます。
 「まさに、それこそが非常に重要なポイントなんだ。一緒に音を合わせるときにどんなケミストリーを生んでいるか。それが僕の愛聴する音楽の決め手でもあるんだ。このことが最近の音楽において重要視されなくなっているのは嘆かわしいことだよ。“ミュージシャンシップ”という言葉が無視されたり、単なる演奏力を意味するだけの言葉に成り下がっているのは残念だね」
――自分たちが正当に評価されてこなかったことへのいらだちはありますか。
 「それは何度もあるし、レコーディングやツアーのことを考えたら金銭的に頭が痛いこともあるけど、これは宿命みたいなものだから、ベターな道を探すのみだよ」
――あなたたちは2004年、イギリスにおける一種のバンドブームの時代に出てきてますが、今も生き残ってやっているバンドもだいぶ減っていますよね。最近はイギリスでもバンドが下火の傾向にありますが。
 「言い古された表現だけど、“ブームじゃなく音楽を作るバンド”が生き残るんだと思う。18歳のキッズにバンド組ませたくなるような流行りも大事だし、多くの最高の音楽はそういうものから生まれてもいるけど、でも、それだけに感化されて出てきたバンドは難しいと思うね」
『ゴット・イット・イフ・ユー・ウォント・イット』「Pocketful Of Fire」試聴
取材・文/沢田太陽(2012年2月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集
[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース
[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015