“事前にハッピーになっていて欲しい”AKRON / FAMILY来日直前インタビュー

アクロン/ファミリー   2011/06/24掲載
はてなブックマークに追加
 2009年に日本初上陸、驚愕のライヴ・パフォーマンスを披露し、各地で熱狂の渦を巻き起こしたAKRON / FAMILY(アクロン / ファミリー)。現在はブルックリンを飛び出しペンシルヴァニアを拠点に活動する彼らが、最新アルバム『Akron / Family II: The Cosmic Birth And Journey Of Shinju TNT』を携え再来日!7月6日(水)の東京公演を皮切りにジャパン・ツアーを開催します。その日を今か今かとうずうずしながら待っている皆様に、メンバーDana Janssen(ダナ・ヤンセン)、Seth Olinsky(セス・オリンスキー)からライヴの楽しみを直伝!


――新作『Akron / Family II: The Cosmic Birth And Journey Of Shinju TNT』は、日本という国にインスパイアされて制作したと聞きましたが、前回の来日時、それほど日本っぽい場所とか行かなかったし、観光する時間もそれほど無かったじゃないですか。どうして日本に影響されたんですか?
2009.06.08 O-WEST, Tokyo
Seth Olinsky(以下S) 「あのジャパン・ツアーで、日本のみんなに会って、日本という国を見て、そしていろんな日本のバンドと対バンして、すごく影響を受けたんだ。日本の芸術性や、日本のアーティスト達の“表現”に対する深い繋がりや献身的さに心打たれたよ。アメリカでは、多くのアーティストは自意識が高くて、人からどう見られているかを気にしすぎるところがあるんだよね。でも日本のアーティストは、すごくパフォーマンスに献身的な感じがして、すごく深いところにいるように感じたんだ。自分達のアートへの表現に専念していた気がする。すごく力強く、何も恐れがないように感じたんだ。そのエネルギーが僕たちに火をつけた気がする。自分達の日本でのショーもすごくワイルドで楽しくて、でもエモーショナルで、アーティスティックで、なおかつクレイジーでもあったんだよね。そんなインスピレーションから僕たちはまるで生まれ変わったような気がしたんだよ。それでアルバムを作ろうってなった時に、その体験を思い出したんだよね」
2009.06.08 O-WEST, Tokyo
Dana Janssen(以下D) 「Sethが言ったように、日本にいるだけで本当にすごくインスパイアされたんだ。一緒に共演したアーティスト達は、自分達を本当に素晴らしい形で表現してたんだよね。僕にとっては未知の体験とも言えたかな。だからその時に吸収したエネルギーをまた出したかったんだ。すごくレアなことだからね。そして、オコノミヤーキ!魚の目ん玉!あふりらんぽのうしんとう!コントラリード!! 最高だったよ」
――ありがとうございます!日本のファンもあなた達のライブを見てビックリしてたんですよ。こんな楽しくてパワフルでジーンと来ちゃうライブはないって。だから今回の再来日もすごく楽しみにしています。新作も出たところで前回のライブと変わったところはありますか?
2009.06.12 FEVER, Tokyo
D 「自分達のやっている楽器がようやくちゃんと弾けるようになったよ(笑)。前回よりもかなり成長した気がする。演奏の新しい手法とかも生み出したしたんだよ、エレクトロニックな機材で。自由な形で演奏できるようになったかな。もっと深く心地良く演奏出来るようになったというか」
S 「あと、ファースト・アルバム『Akron / Family』からの楽曲をまたやり始めたんだよね。その頃の音楽の方がデリケートで静かでスイートな感じなんだけど、今回のツアーではそういう楽曲も加えてみたんだ。だからショーに幅が出たかもしれない。ある曲ではまるでヒソヒソ話をしてるみたいな感じなんだけど、ある曲ではすごく大混乱を起こす感じだったり」
――今回も日本のバンドと共演しますが、例のセッション・タイムが本当にまた楽しみです!
2009.06.12 FEVER, Tokyo
S 「なんだか自然に起きちゃうんだよね。ミュージシャンと出会うとセッションしちゃうことが多くて」
――東京のWWW公演では灰野敬二さんの不失者と共演しますね。
S 「Awesome!どうなるか未知だけど楽しみだね(笑)」
――いよいよ待望の再来日公演が迫っていますが、来てくれるお客さんにAKRON / FAMILYのライヴに臨む心構え、アドバイスがあったら教えてください。
S 「そうだね。セージ(シソ科の薬草)を焚いてから来た方がいいね」
D 「すごくすごくハッピーな気分で来て欲しい。事前にハッピーになっていて欲しい。僕達がそれをしてあげなくて済むからね(笑)。たまにすごくみんなを和らげるのに時間がかかるから、ライブに来る前にジョギングするなり、ジャンプするなりして、温まって、身体を和らげて、騒ぐ準備オッケーな形で来てね」
――では、最後に日本ファンへメッセージを。
S 「また来日するのをすごく楽しみにしているんだ。2年間待ちわびていたからね。すごくワクワクしているよ。音楽が僕達のメッセージだから、言葉でどんなメッセージを伝えていいかよく分からないんだけど、ただただ本当に楽しみにしていて、すごくインスピレーションたっぷりだよ。前回、会場に来てくれたファンの前で演奏できたことはすごく光栄だった。みんなオープンマインドで心の広いファン達だった。僕達の音楽を受け入れてくれているのがすごく分かったよ。僕達ミュージシャンにとって、そういうファンの前で演奏するのが一番の幸せだよ。僕達ともキャッチボールできて、一緒にアーティスティックな体験ができるからね!だから前回と同様にお願いね!! 本当に楽しみにしてるからさ!」
取材・文 / 小林英樹(contrarede)


AKRON / FAMILY
AKAK DREAMTIME 2011 TOUR


・7月6日(水)東京 渋谷 WWW
共演: 不失者
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 4,800円 / 当日 5,300円
contrarede web ticket / ぴあ(P: 137-035) / ローソン(L: 74848) / e+
※お問い合わせ: contrarede 03-5773-5061(epistula@contrarede.com)

・7月8日(金)大阪 十三 FANDANGO
共演: 森 雄大(neco眠る) organized session[和田シンジ(DMBQ / 巨人ゆえにデカイ) / 中林キララ(オシリペンペンズ) / 栗原ペダル(NEW MANUKE / EXEDEXEX / バカ卍)and more]
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 4,800円 / 当日 5,300円
contrarede web ticket / ぴあ(P: 137-038) / ローソン(L: 55894) / e+
※お問い合わせ: contrarede 03-5773-5061(epistula@contrarede.com)

・7月9日(土)愛知 名古屋 APOLLO THEATER
共演: sax ruins(小埜涼子 + 吉田達也)
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 4,800円 / 当日 5,300円
contrarede web ticket / ぴあ(P: 136-950) / ローソン(L: 42004) / e+
※お問い合わせ: contrarede 03-5773-5061(epistula@contrarede.com)

・7月10日(日)静岡 浜松 G-SIDE
共演: YOU SUFFERS / FLEX EYE
開場 / 開演 17:00(22:00 終演予定)
前売 3,000円 ※限定100名
※お問い合わせ: sone records 053-453-8852(info@sonerecords.com)

・7月11日(月)長野 松本 ALECX
共演: シラオカ / MANT
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円
contrarede web ticket / ぴあ(P: 136-950) / ローソン(L: 77460)
※お問い合わせ: contrarede 03-5773-5061(epistula@contrarede.com)

・7月12日(火)東京 渋谷 O-nest
開場 19:00 / 開演 20:00
前売 4,800円 / 当日 5,300円
contrarede web ticket / ぴあ(P: 136-950) / ぴあ(P: 143-424) / ローソン(L: 73433) / e+
※お問い合わせ: contrarede 03-5773-5061(epistula@contrarede.com)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
[インタビュー] 島田奈美、最新ベストアルバム発売 島田奈央子、島田奈美を語る[インタビュー] “最強打線”をそろえた初のアルバム。DJ FUKUの『スタメン』
[特集] 「がんばれ!隠れ汗 プロジェクト」とは?『ビオレ さらさらパウダーシート』アニメCM公開中[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界
[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015