ベールに包まれた期待のバンド、androp

androp   2009/12/10掲載
はてなブックマークに追加
 12月16日に、初の音源となるミニ・アルバム『anew』を発表するロック・バンド、androp。デビュー前からその音楽性が話題になり、すでに2010年のブライテスト・ホープの本命候補として挙げられている彼ら。しかし、バンドの全貌はいまだベールに包まれている……。ここでは、デビュー作『anew』から解る彼らの魅力を分析。


 MySpaceのプロフィールの再生回数は39万を超え(もちろん、この瞬間も回数を増やし続けている)、CD音源がまったくリリースされない時期からJ-WAVE「TOKYO REAL EYES」で何度も楽曲がオンエア、さらにほとんど無名にも関わらず〈SUMMER SONIC 09〉へも出演。2009年の春頃から、感度の高い音楽リスナー、音楽メディアに携わる人の間で大きな話題を集め、早くも“2010年のブライテスト・ホープ”の呼び声も高い“androp”。〈SUMMER SONIC〉、2009年7月に行なわれた代官山UNITでのライヴ以外は人前に姿を現したこともなく、バンド名とアーティスト・ロゴ、MySpaceにアップされている音源の他に情報は皆無。全貌がベールに包まれたこのバンドが、12月16日、初の音源となるミニ・アルバム『anew』をリリースする。結論から言うとこのアルバムは、2010年代の日本のロック・シーンの方向性を決定づける、凄まじい可能性を持った作品である。このアルバムを聴けば、穿った見方もすべて吹き飛んでしまうだろう。それくらい魅力的な作品なのだ。

 『anew』を聴いてまず感じるのは、この作品が90年代後半以降に登場したロック・バンドたちの系譜にあるということである。ASIAN KUNG-FU GENERATIONBUMP OF CHICKENRADWIMPS、もちろん、それ以前にはNUMBER GIRLSUPERCARといった優れたバンドがいたわけだが、洋楽からの影響を取り入れ、さまざまな試行錯誤を繰り返しながら、じつは世界のどこにも存在しない、豊かでユニークなロック・ミュージックを確立しつつある日本のシーン。メンバーの年齢もわからないので断言するのはどうかと思うが、彼らはおそらく、90年代以降のバンドたちを物心ついたころから(“これは新しい”とか“画期的!”なんて感じることもなく)ごくフツーに聴き、楽しんでいたのではないだろうか。

 もうひとつの特徴は、J-POPというタームに象徴される、きわめて親しみやすいポップ感覚だろう。カッティングエッジなバンド・サウンド、意外性に満ちた楽曲展開を持ちながらもandropの音楽は、まっすぐに言葉を届け、心地よい共感を生み出すというポップスとしての高い機能を備えているのだ。“たくさんの人に聴いてもらうため”という美辞麗句のために音楽的な個性を失ってしまったり、逆に独自性にこだわったあまり、閉じたコミュニケーションに終始してしまうバンドは少なくない。だが、彼らは“ロックとポップ”というバランス、そこに生じる構図や議論から、初めから別の場所にいるように映るのだ。真に革新的な存在とは、既存のフォーマットを軽々と超え、まるで“ずっと前から、こうだったよね?”と言わんばかりにまったく新しい風景を見せてくれるものだが、まさにこのバンドもそういうものなのだと思う。

 何はともあれ、『anew』に触れてみてほしい。清々しいまでの透明感をたたえた音像、イノセントな疾走感を軸にしたビートによって“見せてよ/悲しい日々はこれでもう終わり”“見せてよ心に抱いてる全てを”というフレーズが解き放たれる「Roots」、緻密に組み立てられたバンド・アンサンブルとファルセットを多様した軽やかでダイナミックなヴォーカル・ラインがひとつになった「Tonbi」、フォーク・ソング的な叙情性を持った歌から始まり、爆発的な高揚感を響かせるロック・チューンへと昇華していく「Image World」。ここに収録された7曲を体感すればきっと、このバンドが持つポテンシャルに気づいてもらえるはずだ。優れたバンドは数多く存在しているものの、ジャンルやシーンの細分化が進んでいる印象は否めない現在。もしかしたらandropは、そんな壁をブチ壊し、オーディエンスたちの幸せな一体感を生み出してくれるかもしれない。つい、そんな光景を想像してしまうのだ、『anew』を聴いていると。
文/森 朋之


androp『anew』
(VRES-0001 税込1,800円)
01. Roots
02. Tonbi
03. Image Word
04. Nam(a)e
05. Halo
06. Te To Te
07. Basho

androp、初のワンマン・ライヴが決定!
〈angstrom 0.1 pm〉
●日程:2010年4月17日(土) 
●会場:東京・代官山UNIT
●時間:開場17:30 開演18:30
●料金:前売3,000円 当日3,500円(ドリンク代別)

※1st ALBUM『anew』に、CD購入者特典としてワンマン・ライヴ〈angstrom 0.1 pm〉の先行予約フライヤーが封入されています。

■オフィシャル・サイト:
http://www.androp.jp/

■オフィシャルMySpace:
http://www.myspace.com/andropmusic

■J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」番組ブログ:
http://www.j-wave.co.jp/blog/realeyes/archives/androp/
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015