千葉真一&深作欣二! 映画『ドーベルマン刑事』が初DVD化!

千葉真一   2008/11/12掲載
はてなブックマークに追加
 混迷の一途を辿る世界経済。何が起こっても不思議ではないこんなご時世だからこそ、人々が必要としているのは、強靭な肉体と精神を持ち合わせる絶対的正義! 「特命係長」よりもスタイリッシュ、「こち亀」よりもバイオレンス、“都会の汚れた空をブチ抜けばオレの放浪は終わりさ……”苦みばしったニヒルな笑みを浮かべるニクいあいつが帰ってくる! “主演:千葉真一 & 監督:深作欣二”というグレイトすぎる顔ぶれによって製作、1977年に公開された映画『ドーベルマン刑事』がついに初DVD化! 東映ビデオより11月21日に発売されます!

 無論、原作は、武論尊(『北斗の拳』『HEAT-灼熱-』など)と平松伸二(『ブラックエンジェルズ』『どす恋ジゴロ』)のコンビによる、『週刊少年ジャンプ』連載の人気劇画。映画では、劇画になる以前の主人公のプロローグ篇が描かれています。45口径を容赦なくブチ込む射撃の名手で、子豚をペットに都会を放浪するユニークな刑事“ドーベルマン刑事”こと、凶悪犯罪専門の警視庁特犯課に所属する主人公・加納錠治を演じる千葉真一の姿は、かつてないほどスリリング! 動物的嗅覚で“病める都会”を追い詰めていく大胆な捜査、そして敵役として出演を果たしている松方弘樹をはじめ、ジャネット八田松田英子室田日出男小林稔侍川谷拓三岩城滉一ら、スクリーンを彩る豪華キャストに呆然。




 実録ヤクザ映画から脱皮を図る深作欣二、そして空手アクションを卒業しようとする千葉真一、さらなる進化を遂げるべく動き出した二傑が11年ぶりにタッグを組んで挑んだ新しい波! 高倉健の「網走番外地」のヒーローをフィーチャーし、ロックなフィーリングで放ったビート・アクション。後に製作されたテレビ・シリーズ版(主演:黒沢年男)、そしてこれまた名作のVシネマ版(主演:竹内力)、フォロワーにも影響を与えたに違いない、その過激な魅力を目撃しましょう。






【『ドーベルマン刑事』と併せて楽しみたい、千葉真一関連DVD!】


※11月21日発売
『忍者武芸帖 百地三太夫』(DSTD-02888 税込4,725円)


伊賀の忍者・百地三太夫の残党と、秀吉の一味、徳川の忍者・服部半蔵などが絡み合い、壮絶な死闘が繰り広げられる痛快時代劇アクション! アクション監督を千葉真一が担当し、様々な武術がスタントなしで展開する激烈アクション大作。主演の百地三太夫の一子・鷹丸には、これが本格的な主演デビュー作となる真田広之。そのダイナミックなアクション・シーンは必見!
【脚本】石川孝人、神波史男、大津一郎
【監督】鈴木則文
【出演】真田広之、千葉真一、丹波哲郎、志穂美悦子、火野正平、野際陽子、渡辺文雄
※映像特典(フォトギャラリー/予告篇)
※ピクチャーレーベル
発売:東映ビデオ
販売:東映
(C)東映




※11月21日発売
『吼えろ鉄拳』(DSTD-02889 税込4,725円)
国際都市・香港とポートピア'81で賑わう神戸を舞台に、アメリカ帰りのカラテ青年が、謀殺された父母と双子の兄の仇を討つため、悪のシンジケートを追いつめる! 『忍者武芸帖 百地三太夫』で一躍アクション・スターへ登りつめた真田広之の主演作第2弾。“香港”という場所を生かしたメカニック・アクションに生唾。千葉真一、志穂美悦子アブドーラ・ザ・ブッチャーら、強力なキャストが脇を固めます!
【脚本】鈴木則文、井上真介、志村正浩
【監督】鈴木則文
【出演】真田広之、千葉真一、志穂美悦子、アブドーラ・ザ・ブッチャー、成田三樹夫
※映像特典(フォトギャラリー/予告篇)
※ピクチャーレーベル
発売:東映ビデオ
販売:東映
(C)東映




※11月21日発売
『冒険者カミカゼ』(DSTD-02890 税込4,725円)


ふとしたことから知り合った男2人に女1人が、大学の不正入学金7億を略奪。この巨額な現ナマをめぐり、一大アドベンチャーが展開する娯楽アクション・ムービー! 千葉真一、真田広之、秋吉久美子、文句のつけようもない豪華トリオが放つ、壮絶アクションに頭脳プレイの応酬! 共演には、川津祐介あべ静江尾藤イサオ、曽根晴美、岡田英次、成瀬正といった個性派揃い。
【脚本】内藤 誠、桂 千穂、中島貞夫
【監督】鷹森立一
【出演】千葉真一、真田広之、秋吉久美子、あべ静江、尾藤イサオ、川津祐介
※映像特典(フォトギャラリー/予告篇)
※ピクチャーレーベル
発売:東映ビデオ
販売:東映
(C)東映




※11月21日発売
『燃える勇者』(DSTD-02891 税込4,725円)


アフリカ育ちのジョーは、日本である企業グループの悪事を知り、仲間とともに強大な悪のファミリーへと挑んでいく! 主演には真田広之を起用、全編に渡って繰り広げられるスーパー・アクションはもちろん、若者たちの友情、愛、闘いを迫力たっぷりに描いた青春ストーリーも秀逸。ヒロインには、本作で映画デビューを飾った伊藤かずえ。そして共演には、勝野洋もんたよしのり黒崎輝といった“熱い”男の姿も。
【脚本】松本 功、土橋 亨、中島貞夫
【監督】土橋 亨
【出演】真田広之、伊藤かずえ、黒崎 輝、もんたよしのり&ブラザーズ、勝野 洋、若山富三郎(特別出演)
※映像特典(フォトギャラリー/予告篇)
※ピクチャーレーベル
発売:東映ビデオ
販売:東映
(C)東映
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015