音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催

ディカペラ   2019/08/20掲載
はてなブックマークに追加
 1,500名を超える応募者の中から難関を潜り抜け、選ばれしメンバーで結成されたディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラ。ソプラノ、メゾソプラノ、アルト、テナー、バリトン、ベース、ヴォーカル・パーカッション担当の7名が声を重ねて繰り広げるディズニー・ソングはミラクルな楽しさでいっぱい。好評発売中のデビュー・アルバム『ディカペラ』をひっさげたジャパン・ツアーを目前にしたメンバーの中から、ジョー・サントーニ(ベース)、モーガン・キーン(ソプラノ)、オーランド・ディクソン(バリトン)の3人にインタビュー! パワー漲るトークはポジティヴな空気に満ちあふれていました。
――ディカペラにはいわゆるリーダーがいないそうですね。
ジョー「それぞれにヴィジョンを持った独立したアーティストが7人集まったグループ、それがディカペラなんです。誰もがリーダーであり、時と場合に応じて先導者が変わります。そういった意味でも稀有なグループだと思いますね」
――オーディションを勝ち抜いて揃ったメンバーだけに7名の経歴はそれぞれです。でも、共通点は音楽好き、歌好き、そして、ディズニーを愛していること。
モーガン「(大きく頷きながら)子供の頃からディズニーの映画を観て、音楽を聴いて育ったんです。だから、今、こうしてディズニーの楽曲を発信する立場にいることが嬉しくてたまりません。いまだに信じられない気分なんですよ」
ジョー「世界中の人々がディズニーの物語に共感し、音楽に感動していますよね。それは時代や国境を越えた普遍的な魅力があるからだと思うんです。その送り手側になれたことは本当に光栄です」
――ところで、デビュー・アルバム『ディカペラ』のプロデューサー&アレンジャーはアカペラ界のパイオニア的存在、ディーク・シャロンです。非常に高度なアレンジで、それを見事に歌い上げている皆さんの卓越したテクニックや歌唱力に感動しました。
ジョー「サンキュー! 僕らはオーディションに合格するとすぐディークから譜面を渡されてレコーディング作業に入りました。なんと8日間で13曲を録り終えたんです」
オーランド「突然結成したグループなので声の相性が合うか、重ね合うことでどんな相乗効果が生まれるのか、正直、不安でした。しかも、個別録音だから全体像が見えないんです。それだけに完成したトラックを聴いた時はものすごく新鮮だったし、自分で聴いても心から楽しめたので嬉しかったですね」
モーガン「私は譜面が読めないし、ディカペラのメンバーになるまでアカペラの経験がなかったからわけがわからず、何もかもが初めてのチャレンジでした。ですから、1曲録り終えるたびに嬉しくて嬉しくて涙があふれてしまいました」
ジョー「いやいや、君は初めから完璧に歌っていたよ!」
オーランド「僕もそう思うね」
モーガン「ホント? そう言ってもらえて最高に嬉しいわ」
ディカペラ
――日本盤にはボーナス・トラックとして日本語で歌ったヴァージョンが5曲収められています。クリス・ハートが歌唱指導を務めたそうですね。
オーランド「僕らと同じ英語を母国語とする彼だからこそ可能な、日本語を歌う時のコツをわかりやすくていねいにアドバイスしてくれました。そのお陰で自信を持ってマイクに向かうことができたし、5曲を2日で録ることができたんです。こういった機会を与えてくれた日本のスタッフ陣にも感謝しています」
モーガン「発音はもちろん、音節のタイミングなどの感覚を掴むのが難しかったですが、日本語はとても美しい言語なので歌っていてすごく気持ちがよかったです。私は目の前に大きな山があるほどモチベーションが上がるので、日本語で歌う挑戦ができたことをとても幸せに感じているんですよ」
――さて、ディカペラとして活動を開始してから約1年半が過ぎました。皆さんにとってはあっという間の日々だったんでしょうね。
オーランド「オーディション以降、超特急の電車に乗っているような感じです(笑)。その中でつねにディカペラならではのサウンドを追及しているので、ものすごく充実した毎日ですね。メンバー同士の信頼関係も深まり、個々の声を重ねて歌うことで特別なものが生まれる喜びを味わっています」
ジョー「僕は子供の頃からコーラスを含む歌う活動をしてきたので、自分のパートを通してグループの音楽を作る楽しさを知っていましたが、ディカペラの魅力はなんといってもヴォイス・パーカッションもいるモダン・アカペラ! 声の持つ無限の可能性を体感してもらえるグループだと自負しています」
モーガン「音楽は人と人を結ぶもっとも有効で平和的なものですよね。ディカペラはディズニーの音楽でより多くの人たちと繋がれるグループなので、メンバーの一員であることを誇りに思っています」
――8月22日(木)からはジャパン・ツアーがスタートします。どんなステージを予定しているのか少しだけ教えてもらえますか?
ジョー「ひと言でいえばスペクタクル! 舞台には巨大なスクリーンが設置され、このショウのためだけに作られたディズニーのアニメーションも楽しめますよ」
モーガン「会場に来た人しか見られないのよ!」
ジョー「そのスクリーンの前で僕らは歌ったり踊ったり、ときには画面の中にいるキャラクターと会話をしたり。オーディエンスが参加できるコーナーもありますし、絶対に飽きさせません」
オーランド「新旧織り交ぜたディズニー・ソングを35曲ぐらいお届けする予定で、とにかく、世代を超えて多くの人が楽しめるショウだと断言できます。アメリカ・ツアーでは、どの会場でもみんなが笑顔で帰ってくれたので、日本の皆さんの笑顔も見たいです」
ジョー「僕たちはディズニーの公式アカペラ・グループなので、お客さんは当然、ディズニーの音楽を聴きに会場に来てくださるわけですが、アメリカでは鑑賞した多くの人が“ロック・コンサートみたいだ”と言っていました。バラードもあればミッド・テンポの曲もある、ロック・アレンジされている楽曲もありますからね。それを人間の声だけで披露している姿を見逃さないでいただきたいです」
――では、ライヴをする際、もっとも大切にしていることは?
オーランド「ライヴはナマモノなので何が起こるかわかりません。ですから、意識を集中し、つねに目の前で起こったことに臨機応変、柔軟に対応したいと思っています」
ジョー「お客さんからのエネルギーを感じて最高のパフォーマンスをしようと心がけています。ステージに上がったら最善をつくすのみですね」
モーガン「私は自分が楽しめればお客さんも楽しんでくれると信じているんですよ。喜びに満ちたエネルギーがお客さんに伝わり、ライヴ終了後にハッピーな気持ちになってもらえれば、それが私の幸せです。歌いながら会場を後にしてくれたら最高ですね」
ジョー「そういえば、日本で初パフォーマンスをした時、オーディエンスのリアクションがアメリカとは違うと感じました。日本のお客さんはじっくりと聴いて曲が終わると盛大な拍手をしてくれます。音楽を真剣に聴いてくれているのが実感できて本当に嬉しかった。大好きな日本のオーディエンスの前で早くショウを披露したいです」
オーランド「今回のツアーは日本各地を訪れるので人との触れ合いも楽しみにしているんですよ」
モーガン「私はその土地ならではの食べ物も試したいです(笑)」
全員「ぜひ、皆さんお誘いあわせのうえ、会場にお越しくださいね!」
取材・文/菅野 聖
Live Schedule
ディカペラ
スケジュール & チケット
https://www.disney.co.jp/eventlive/dcappella/ticket.html

2019年8月22日(木)
北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru
開演 19:00
S席 8,500円 / A席 6,000円 / B席 4,000円 / VIP席 13,000円(税込)
※お問い合わせ:チケットインフォメーション
011-622-9999 (土日祝除く10:30〜18:00)

2019年8月24日(土)
福島 いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
開演 18:00
S席 8,500円 / A席 6,000円 / B席 4,000円 / VIP席 13,000円(税込)
※お問い合わせ:キョードー東北
022-217-7788(平日11:00〜18:00、土曜10:00〜17:00)

2019年8月25日(日)
宮城 仙台 東京エレクトロンホール宮城
開演 18:00
S席 8,500円 / A席 6,000円 / B席 4,000円 / VIP席 13,000円(税込)
※お問い合わせ:キョードー東北
022-217-7788(平日11:00〜18:00、土曜10:00〜17:00)

2019年8月27日(火)
愛知 名古屋 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
開演 18:30
S席 8,500円 / A席 6,000円 / B席 4,000円 / VIP席 13,000円(税込)
※お問い合わせ:キョードー東海
052-972-7466(月〜土10:00〜19:00 日・祝休み) /
東海テレビ放送 事業部
052-954-1107

2019年8月28日(水)
兵庫 西宮 兵庫県立芸術文化センター 大ホール
開演 19:00
S席 8,500円 / A席 6,000円 / B席 4,000円 / VIP席 13,000円(税込)
※お問い合わせ:キョードーインフォメーション
0570-200-888(10:00〜18:00)

2019年8月30日(金)
福岡 福岡市民会館
開演 19:00
S席 8,500円 / A席 6,000円 / B席 4,000円 / VIP席 13,000円(税込)
※お問い合わせ:キョードー西日本
0570-09-2424(月〜土11:00〜17:00 日・祝休み)

2019年9月2日(月)〜9月8日(日)
東京 渋谷 東急シアターオーブ
S席 8,500円 / A席 6,000円 / B席 4,000円 / VIP席 13,000円 / 注釈付S席 8,500円 / 3階立見引換券 3,500円(税込)
※お問い合わせ:キョードー東京
0570-550-799(平日11:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00)

2019年9月10日(火)〜9月12日(木)
大阪 NHK大阪ホール
S席 8,500円 / A席 6,000円 / B席 4,000円 / VIP席 13,000円(税込)
※お問い合わせ:キョードーインフォメーション
0570-200-888(10:00〜18:00)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015