エリオット・スミス──世代を超えて愛され続ける孤高のシンガー・ソングライターの生涯とその音楽

エリオット・スミス   2010/11/17掲載
はてなブックマークに追加
 グランジのギター・ノイズが世界中のロック・シーンに吹き荒れていた90年代。アメリカのオレゴン州ポートランドから、一人のシンガー・ソングライターがひっそりとデビューした。彼の名前はエリオット・スミス。エリオットはヒートマイザーというロック・バンドで活動するかたわら、ガールフレンドに薦められて4トラックでデモテープを制作。その音源を聴いた地元のインディ・レーベルが、エリオットにアルバムを出すように持ちかけたのだ。グランジ・ブームの真っ只中にギターの弾き語りでデビューするなんて無謀とも言える話だが、1stアルバム『ローマン・キャンドル』は94年にリリース。そして、グランジという嵐のなかで灯された、その小さなキャンドルの炎は、決して吹き消されることはなかった。

 その後、エリオットは、さらに2枚のアルバム『エリオット・スミス』(95年)、『イーザー/オア』(97年)を発表するが、大きな転機になったのが、映画『グッド・ウィル・ハンティング』(97年)のサントラに曲を提供したことだった。映画はヒットして、エリオットが歌った主題歌「ミス・ミザリー」はアカデミー賞にノミネート。セリーヌ・ディオン「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(『タイタニック』の主題歌)と賞を競った。一躍、時の人となったエリオットは、メジャー・レーベルと契約を結ぶと『XO』(98年)、『フィギュア8』(00年)と2枚のアルバムを発表し、ポスト・グランジを代表するシンガーとして注目を集めるようになる。ただ、その一方で、仕事の重圧からか、エリオットは10代の頃から手を出していたアルコールやドラッグのめりこむようになっていた。そして、03年、新作のレコーディングがほぼ終わっているなかで、エリオットは突然、この世を去った。

 そんなエリオットの全キャリアを通じた初めてのベスト・アルバムが『アン・イントロダクション・トゥ・エリオット・スミス』だ。初期のナンバーは弾き語りが中心だったが、アルバムを重ねるごとにソングライティングに磨きがかかり、ベースやドラムを演奏して多重録音したり、メジャー以降はバンド・サウンドになったりとアレンジも多彩になっていく。エリオットは子供の頃からビートルズのファンだったが、『フィギュア8』ではアビーロードでレコーディングするなど、その早過ぎた晩年には新しいサウンドに挑戦しようとしていた。でも、曲の核になるエモーションはブレることはなく、無防備なまでに赤裸々なエリオットの歌は、痛々しいほど切なくて優しい。例えば母親への愛憎が込められた「ワルツ♯2」では、前半で「You No Good(お前はダメな子だ)」と三度繰り返されるフレーズに呼応して、後半では母親を憎むことができない“僕”は「It's OK, It's Alright, Nothing's Wrong(いいんだよ、わかってる。問題ないって)」とつぶやく。いまにも崩れ落ちそうな三拍子を刻むドラムに乗って、エリオットの穏やかな歌声があまりにも悲しく胸に突き刺さるナンバーだ。 
 思えばエリオットがデビューした94年は、カート・コバーンが猟銃の引き金を引いた年。グランジが急速に終焉していくなかで、エリオットはオルタナ・シーンの次のアイドルとして注目を浴びることになり、それが彼にとってはプレシャーになったのかもしれない。義父からの虐待、自殺願望、アルコールとドラッグ……。さまざまな問題を抱えながらも、最後まで歌に対して誠実に向き合ったエリオット・スミス。彼の短い人生の中から振り絞るようにして紡ぎ出された歌の数々は、涙のように美しくて温かい。
文/村尾泰郎
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015