[LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌

藤田麻衣子   2018/04/13掲載
はてなブックマークに追加
 恋や友情、仕事や夢……日々を一生懸命に生きる等身大の女性の心を描き、多くの共感を得ているシンガー・ソングライター、藤田麻衣子。そんな彼女が2月より大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌と全国を回ってきたライヴ・ツアー『藤田麻衣子 LIVE TOUR 2018 〜素敵なことがあなたを待っている〜』のファイナルが4月10日、東京国際フォーラム ホールCにて行なわれた。
 ツアー・タイトルにもなっている最新シングル「素敵なことがあなたを待っている」のオルゴール音がやさしく会場を包むなか、ステージにバンド・メンバーと藤田麻衣子が登場。この日を待ちわびた満員のファンに届けられた1曲目は「一緒に暮らそう」。今年1月にリリースされたばかりのメジャー3枚目のアルバム『思い続ければ』からのアップテンポなナンバーで、開幕から一気に最高のボルテージに。クラップしながら体を揺らして楽しむ会場との一体感を全身で浴びた藤田も、曲終わりにはこぶしを挙げて満面の笑みを見せた。
 今回、初めての国際フォーラムでのライヴということで、「いつか(この会場でライヴを)してみたいと思っていたので、とってもうれしいです! お忙しい中ありがとうございます!」とファンへ感謝を述べた藤田。「みなさんの声が聞きたい」と、「こんばんはー!」の挨拶をすると会場も元気いっぱいに返し、MCではいつもの“ほっこり”したムードに包まれた。ペンライトの点けどころなどを楽しくレクチャーした後は、さっそく「涙が止まらないのは」へ。藤田麻衣子らしさのつまったこのメジャー・ファースト・シングル曲でせつない感情をしっかりと聴かせ、続く「オクリモノ」では逸る想いや高鳴る鼓動を感じさせる心地よい疾走感で聴き手の感情をグイグイ高めていく。
 大盛り上がりのなか歌い終え、ふたたび場内のファンの年齢層などをアンケートする藤田のほんわかトークが行なわれた後は、メンバー紹介へ。最後に「私、ピアノ&ヴォーカル、藤田麻衣子です。よろしくお願いします!」とあいさつすると、「秋風鈴」へ。待ちぼうけの心を秋の風鈴にたとえたこの曲をしっとりと聴かせると、続く美バラード「君が手を伸ばす先に」では、降り注ぐ星のように胸に降り積もっていく“叶わない恋心”に胸をギュッと苦しくさせられる。そして藤田から「消灯時間が来ました」とアナウンスがあり、ペンライトが消されるとこれから歌われる2曲に込めたやさしい想いが語られる。歌われたのは手紙〜愛するあなたへ〜」と「テントウ虫」。両親への感謝を歌った「手紙〜」では、愛情の詰まった歌声を聴かせる藤田。彼女の歌とピアノに重なるヴァイオリンとチェロの音色が、まるで美しく包む母親と穏やかに支える父親のようにやさしく心に響く。「テントウ虫」は“あなたのペース”でいいという藤田流の応援ソング。本当につらいときにもスッと胸に入ってくるような、“同じ視線”でいてくれる彼女の歌の誠実さを象徴するようなナンバーに一気に心を掴まれた。そして「いつもはこれで前半は終わりなんですが……」と言う藤田から、東京公演で新たに追加となる曲のプレゼントが。「歌詞もメロディもすごい」と大絶賛する沢田知可子の名曲「会いたい」を情感たっぷりにカヴァーし、会場のファンが涙に包まれるなか15分の休憩へ。
 桜色×ホワイトの愛らしい衣装に着替えた藤田がふたたび登場すると、後半は明るく前向きなナンバー「やるしかない」でスタート! 歌い終えるとあらためてニュー・アルバム『思い続ければ』に込めた気持ちを語り「思い続ければ」へ。「思い続ければ夢が叶うと思っていた」小さなころから、大人になってうまくいかないことも知って、それでも思う強さを「信じたい」をいう気持ちを込めたというこの楽曲。“痛みを知っている人ほどやさしくなれる”という言葉があるけど、自分自身や現実とたくさん向き合ってきたすべての時間やそのときの感情を大事にしているであろう藤田だからこそ、彼女の歌は心に響く。そんなことを感じさせてくれて思わず胸にグッとくる瞬間が多々あった。続いて藤田史上もっともドロドロな感情を歌った「嫉妬」を迫力満点に聴かせ、そして「1.2.3」「恋ってどうやってするものだっけ?」「君に恋したあの日から」「きっと感じてた」のアッパー曲メドレーに。「1.2.3」では「東京♪」「浅草♪」などコール&レスポンスを楽しんだり、客席といっしょにジャンプしたり。ステージの隅から隅まで動き回ってファンに手を振ったりと大盛り上がりの会場は総立ちになって藤田の音楽に応えた。
 そんな最高のテンションのなか、ゆっくりと真摯に語りだす藤田。「昔より迷うようになった」と不安になった日々を振り返りつつ「でも信じたい」と強く願う彼女が用意した最後の2曲は「どこまで行けば」と「素敵なことがあなたを待っている」。自分にも、応援してくれるファンにも、音楽にも歌にもまっすぐに正直に向き合う彼女の想いがぐぐーっとのった感情丸出しの歌声に、藤田麻衣子のすべてを感じる言葉通りの全力のパフォーマンスに、思わず涙があふれそうになる。全部出しきった彼女はキラキラとした瞳で会場を見渡し、大きく頭を下げるとステージを去っていった。
 鳴りやまない手拍子。藤田麻衣子とバンド・メンバーは、ツアーTシャツに着替えてステージにふたたび登場した。アンコール1曲目は「さよならありがとう」。失恋を乗り越え前を向こうと決めた女性の静かな決意をやさしく歌い上げる。「アンコールありがとうございます!」と笑顔の藤田からは、4つのうれしいお知らせが。6、7月にツアー『藤田麻衣子 LIVE TOUR 2018 〜素敵なことがあなたを待っている〜 弾き語り編』を開催すること。5月にはFCイベント初の温泉ツアーが行なわれること。結婚式に藤田が歌いにきてくれる企画『あなたの結婚式に歌いに行きます♪キャンペーン2018』の決定。そして、初のカヴァー・アルバム『惚れ歌』の発売! 今絶賛選曲中で、「SAY YES」の収録は決定しているという。待ち望まれていた企画ということで、会場からはひときわ大きな拍手と歓声が上がった。
 そして「今、みなさんに思っていることをそのまま歌います」という言葉とともに歌われた最後の楽曲は「あなたがいるから」。“あなたがいたから今笑っています”――ファンへの最大限の感謝を歌に込めて一人ひとりの心に届けた藤田。最後にもう一度、演奏メンバー紹介、そして大切な“メンバー”=「会場の皆さん! ありがとう!」と感謝を語ると、会場のみんなとの記念撮影へ。そしてスタッフみんなにも感謝を伝え、会場いっぱいに深く頭を下げた藤田。バンド・メンバーがステージを去り、一人残った彼女は、ア・カペラで「あなたがいるから」の一節を心を込めて歌い上げる。客席全員の顔を目に焼き付けるように見つめ、「ありがとうございました!」と最後まで精一杯に想いを伝えると、春の青空のように晴れやかな笑顔でステージを後にした。
 ありのままの生き方が刻み込まれた曲をライヴで感じるたび、毎回毎回、何度でも彼女を好きになる。藤田麻衣子は嘘のつけないアーティストだ。だから彼女をこれからもずっと、ファンは全力で信じていくことができる。次の弾き語りライヴでは彼女のどんなまっすぐな気持ちを届けてくれるのか今から楽しみだ。
藤田麻衣子 LIVE TOUR 2018 〜素敵なことがあなたを待っている〜
1. 一緒に暮らそう
MC
2. 涙が止まらないのは
3. オクリモノ
MC
4. 秋風鈴
5. 君が手を伸ばす先に
MC
6. 手紙〜愛するあなたへ〜
7. テントウ虫
8. 会いたい
休憩
9. やるしかない
MC
10. 思い続ければ
11. 嫉妬
12. 1.2.3
13. 恋ってどうやってするものだっけ?
14. 君に恋したあの日から
15. きっと感じてた
MC
16. どこまで行けば
17. 素敵なことがあなたを待っている

Encore
En-1. さよならありがとう
MC
En-2. あなたがいるから
文/盒桐吉
撮影/宮家和也
Info
藤田麻衣子
■藤田麻衣子 2018年7月25日(水)発売 カバーアルバム『惚れ歌』■藤田麻衣子 LIVE TOUR 2018 〜素敵なことがあなたを待っている〜 弾き語り編
6/22(金)埼玉・彩の国さいたま芸術劇場・小ホール 開場18:00/開演18:30
6/28(木)広島・東広島芸術文化ホール くらら・小ホール 開場18:30/開演19:00
6/30(土)熊本・熊本Restaurant & Bar CIB 開場18:30/開演19:00
7/1(日)佐賀・佐賀LIVE HOUSE GEILS 開場17:30/開演18:00
7/4(水)長野・長野市芸術館・アクトスペース開場18:30/開演19:00
7/5(木)石川・金沢21世紀美術館・シアター21 開場18:00/開演18:30
7/13(金)岩手・盛岡プラザおでって・おでってホール 開場17:30/開演18:00
7/15(日)北海道・小樽GOLDSTONE 開場17:30/開演18:00
7/16(月・祝)北海道・旭川市民文化会館・小ホール 開場16:30/開演17:00

<チケット代>
¥4,900(税込み)
※熊本、佐賀、小樽公演:全自由席・入場整理番号付で別途ドリンク代がかかります。
※その他公演:全指定席となります。ドリンク代はかかりません。

<チケット受付>
プレイガイド先行受付(抽選)
受付期間:4/7(土)〜 4/15(日)
https://fujitamaiko.com/

■「藤田麻衣子と行く 初!温泉ツアー」開催決定!(※FC限定イベント)
開催日
2018年5月26日(土)〜 27日(日)
お申し込み受付期間
2/20(火)14:00 〜 4/17(火)15:00まで
※先着順ではございません。

詳細はファンクラブサイトにてご確認ください。
https://fc.fujitamaiko.com/
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015