ジャンルの枠にとらわれないカラフルなサウンドを展開するフルカワミキのニュー・アルバム『Very』

フルカワミキ   2010/03/05掲載
はてなブックマークに追加
 リミックス・アルバム『-Bondage Heart- Remixes』を挟んで、1年10ヵ月ぶりのオリジナル・アルバム『Very』を完成させたフルカワミキ。前作『Bondage Heart』は、バンド・サウンドを中心とした作品だったが、新作は、エレクトロ、テクノ、ニューウェイヴ、ロックなど、枠にとらわれないカラフルな楽曲の並ぶポップかつディープな作品となった。メロディやアレンジなど、彼女の成長ぶりも目覚ましい新作について話を訊いていこう。



――新作『Very』は、ミキさんがこれまで培ってきたものがいい形で昇華された作品って印象を受けたんですが、どんなアルバムを目指したんですか。


フルカワミキ(以下、同) 「前の『Bondage Heart』はバンド・サウンド寄りのアルバムだったので、次やるなら、いろんな音が飛び出してくるにぎやかな感じにしようと思っていたんです。これまで培ってきたものやそのとき好きな音を自然に出したら、ソロならではの面白いものになるかなって」
――エレクトロからバンド・サウンドまで振れ幅が広く、シングルになった「サイハテ」はヴォーカロイド曲のカヴァーだったり、かなり自由度高く作ってるなって。
 「世界的に見ても、LCDサウンドシステムとか、バンドをやりながら、ほかのプロジェクトではDJとか打ち込みをやってる人も多いじゃないですか。そういうフレキシブル感で音楽を活性させてる人が多いし。そこで私も、バンド・サウンドだけとか縛りを作る必要もないし、そうすることで自分も楽しくできるから。家でデモを作るときはギターやベースよりも鍵盤で作ることが多いんで、打ち込みの方が自然体なんですよね。もちろん生のバンド・サウンドでいいなって曲はそうやって作るし。ただ今回は生で録ったものを、頭の中で一度解体して組み立てるような遊びもしてみたんです。元々、生のベースだったのを、こっちの方がいいなってシンセ・ベースに変えたりとか。リミックスみたいなものが原曲になったり」
――今回のアルバムは明るいコード進行の曲が多いですね。マイナー・コードの曲でも、歌詞の世界観がすごくポジティヴだったり。
 「言葉やアレンジの落としどころで、暗いものはあまりチョイスしなかったんです。聴き手の状態によって、ポジティヴに響くのか違うニュアンスで取れるのかって余白は残したいって曲もあったし。でも、なるべく聴いてくれる人にはハッピーな気持ちになってほしいなって」
――それは、今の世の中の空気が影響してる?
 「そうですね。やっぱり暗いものはあまり聴きたくないんじゃないかなって。周りの人からもリアルに世知辛い話とか聞くし、だから笑っていきましょうってテンションでしたね」





――曲に触れていくと、1曲目の「I'm On Earth」は、エレクトロニックな爽快感溢れるナンバーですね。
 「私、夜型人間だからどちらかというと夜っぽい曲が多かったけど、珍しく朝方っぽい曲だし、外に出て気持ちいいみたいな感じから始まりたくて1曲目にしたんです。これは走ってるときを想像しながら展開を考えた曲で、スタジオにシューズ持ち込んでちょっと小走りで想像しながら、“ここに音足して”って作っていったんです(笑)」
――それは面白い(笑)。続く「金魚」は、バンド感とエレクトロ感がミックスした躍動感を感じさせる曲です。金魚をモチーフにしてるのも独特だなと。
 「アルバムの前半は立て続けに勢いある感じにしたかったんです。金魚って囲われた中で泳いでるけど、それって人間っぽいなって。その中でどれだけ自由に動けるかって感じがいいなと思って書いたんです」
――アルバムは前半がダンサブルなモードで、ニューウェイヴ的な「Ice Way」からの後半は比較的ディープなモードへと進んでいきます。エレクトロ・ポップな「Star Pain」でメロディアスなサウンドを聴かせたあとの、ラスト・チューン「Harmony」は不穏さと穏やかさの中間をいく印象的な楽曲ですね。
 「すごく重力がある感じですよね(笑)。これは即興性が高い曲で、レコーディングも面白かったんです。最初はシンベと歌だけだったものを、バンド・メンバーにスタジオで聴いてもらって録ったんです。沼澤(尚)さんのドラムは装飾的な感じで演奏してもらって、ベースのナスノ(ミツル)さんには、コードにとらわれないアプローチの短いフレーズをお願いしたら、すごいのを出してくれてヤバいって思いました(笑)。自分の中で、ウロコのあるデカい龍がうねる感じの映像が浮かんですごく面白かった。これでアルバムは大丈夫って思いましたね(笑)」
――では、タイトルの『Very』にはどんな思いが込められてるんですか。
 「とてもとてもな気持ちでお送りしますって感じ(笑)。美しいとか楽しいとか感情を伝えるとき、より際立たせるために“Very”って付けるじゃないですか。私はそのくらいの気持ちで曲を作ってるし、みなさんに届けたいと思ってるんです。リボン代わりの言葉で『Very』がいいかなって。制作にも時間がすごくかかったし、曲のバリエーションもいろいろありますよってことでの『Very』でもあるし」
――なるほど。アルバムが完成して、今どんな思いがありますか。
 「私は毎回、初めましてな感じでアルバムを作ってるんですよ。私の過去を知ってる人はもちろん、知らない人にも向けて作っているから。そういう人と会いたいなって。何かしら引っ掛かりのある音を散りばめた作品になっているので、ぜひ聴いてほしいですね」


取材・文/土屋恵介(2010年2月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015