“歌”と“ヒューマンビートボックス”が融合する 奄美出身のユニット、カサリンチュがデビュー!

カサリンチュ   2010/07/30掲載
はてなブックマークに追加
 ヴォーカルとアコギのタツヒロと、ヒューマンビートボックスとヴォーカルのコウスケによる2人組ユニット、カサリンチュがデビューする。“カサリンチュ”という名は、彼らが現在も仕事をしながら生活を続けている奄美大島にある“笠利町の人”という意味。つまり、奄美という土地に根差したユニットであるが、独特の裏声を響かせる“島唄”を歌っているわけではないし、ヒューマンビートボックスをフィーチャーしているからといって、ヒップホップをベースにしているわけではない。彼らが奏でるのは、あくまでも日々の暮らしに寄り添い、日常生活を豊かに表現した、聴き手の生活のなかにもすっと入り込んでくるポップスなのだ。



――まず、最初にカサリンチュを結成したきっかけを教えてください。
 タツヒロ「中学高校と2人で同じバンドをやってたんですね。ハード・ロックのカヴァー・バンドだったんですけど、僕がベースで、コースケがギターで、ヴォーカルは別にいて」
 コウスケ「高校卒業と同時にそのバンドは終わって。僕とタツヒロはそれぞれ違う専門学校に入るために上京して。東京に来てからはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンみたいなバンドを始めたんですけど、ぜんぜんうまくいかず。ま、挫折感をばりばり味わいながら(笑)、4年くらい、ふらふらバイトばっかりしてました」
 タツヒロ「僕は高校を卒業した頃に山崎まさよしさんを好きになって。アコースティック・ギターをはじめてからは、東京に行ってからもずっとひとりで部屋で弾いてましたね。それで、専門学校を卒業してすぐに地元の奄美に帰って」
 コウスケ「僕がまだ東京と奄美を行き来してたときに、“地元のお祭りに出ろ”って声をかけてもらったんですよ。タツヒロがギターを弾いて歌ってるっていうのを聞いてたので、じゃあ、一緒にでようぜって言って」
 タツヒロ「2人でギターを持ってカヴァーを歌ったのが、きっかけと言えばきかっけですね」






――現在のスタイルに辿り着いたのは?
 コウスケ「その時は、ほんとにただ楽しく2人でやってただけでしたね。僕は、まだ島にちゃんとは引き上げてきてなかったんですけど、ある日、東京でAFRAさんがテレビに出てるのを見て衝撃を受けて。CDを持って島に帰って、タツヒロに聞かせたんですね」
 タツヒロ「コウスケが東京でヒューマンビートボックスと出会って、島に持って帰ってきた。それで、聞かせてもらったら、“うわ、おもしろいね”って思ったんですよね。そこに、僕がギターを弾いて歌うのを合わせてみて。いちばん最初に合わせたのが、ハナレグミさんの<家族の風景>だったんですよ。それが5年前くらいかな」
――メジャー・デビュー・ミニアルバム『感謝』にはハナレグミの名曲「サヨナラCOLOR」のカヴァーも収録されてますね。
 タツヒロ「ハナレグミの<家族の風景>を2人でやったことが基になっているし、最初の頃はほかの曲も何曲か一緒に合わせてやったりしてて。カサリンチュがスタートするきっかけをくれたはじまりの方の曲をぜひカヴァーさせていただきたいなって思って」
 コウスケ「メジャー・デビューするということで、今までとは違う形になることも感じているので、<さよならからはじまることがある>っていう旅立ちの歌詞も、今の僕らの心境にぴったり合ってるなと思いますね」
――ちなみに、メジャー・デビューに至る経緯は?。
 コウスケ「僕らは奄美の島唄ではない“島のうた”を歌ってるんですけど、(中)孝介兄の地元のイベントで前座をさせてもらうことがあって。地元で地道に活動を続けていた時に、(元)ちとせ姉さんだったり、孝介兄が所属しているエピックレコードの人に誘ってもらったっていう感じですね」
――デビューが決まったことで島での仕事や生活をやめて、もう一回上京しようと考えたりしました? その答えは、「島唄ではない“島のうた”を歌ってる」ていう言葉の意味ともつながると思うのですが。
 コウスケ「僕らの音楽は、島で生活してないとできなかった曲ばっかりなんですね。そういう意味で、島唄じゃない、島のうたを歌うのが好きなんです」
 タツヒロ「僕らにとっての奄美は生まれ育ったところなので、やっぱり、いちばん自然体でいられる場所なんですよね。自然体でいれる環境のなかで音楽をするのがいちばん自然だと思うので、島での生活っていう軸だけはぶれないようにやり続けていけたらいいなと思ってますね」
――人とのつながりへの感謝を歌ったタイトル曲をはじめ、本作には、お2人の人柄や普段の生活がとても素直に、ダイレクトに反映されてると思います。
 タツヒロ「そうですね。初めて2人で一緒に作った<感謝>はこれまでになく素直に作れたと思うし、僕の日常を歌ってる曲もあれば、コウスケの心の深い部分が出てる曲もあるし、ライヴのオープニングで歌う、僕の声とコウスケのヒューマンビートボックスだけで作った曲も入ってる。自分たちが島で送っている日常の生活のなかで、いろんなリズムに乗りながら日々を過ごしてる感じがみなさんにも伝わるといいなと思いますね」
取材・文/永堀アツオ(2010年7月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015