新たなジャズのカタチ〜Kenichiro Nishiharaインタビュー

Kenichiro Nishihara   2010/12/15掲載
はてなブックマークに追加
 新境地を開拓する音楽家、Kenichiro Nishihara。彼は、1996年よりファッション・ショーの選曲を始め、東京コレクション、パリコレクションなど国内外で多岐にわたるショーやイベントの音楽ディレクションを手掛け、また、CMなどのさまざまな分野の音楽制作で活躍している人物。そんな彼が、ソロ・アーティストとして発表したアルバム『Humming Jazz』『LIFE』に続き、3枚目の新作『Rugged Mystic Jazz for TALISKER』を12月15日にリリース。その作品で彼が掲げたテーマ“新たなジャズのカタチ”について彼に話を訊いた。



シングル・モルトウィスキー“TALISKER”の背景にある物語や奥深い世界観から発想されたコンセプト・アルバム


 ジャズ、ボサ・ノヴァ、ソウル、ヒップホップといったさまざまなジャンルの音楽を独自の配合で混ぜ合わせた先端系ダンス・ミュージック“ジャジー・ヒップホップ”シーンの最重要人物と称されるKenichiro Nishihara。ジャズのエッセンスを日常に寄り添うポップスにまで昇華させた2ndアルバム『LIFE』から1年ぶりとなるニュー・アルバム『Rugged Mystic Jazz for TALISKER』を完成させたばかりの彼には、“ジャジー・ヒップホップ”といういちジャンルのラベルはすでに似合わなくなっているようだ。
 「ジャズをサンプリングしている“ジャジー・ヒップホップ”が好きでずっと聴いてきたんですけど、今は巷に溢れ過ぎていて、ジャジー・ヒップホップのようなサウンド・プロダクション自体があまり新鮮ではなくなってしまったんですよね。もうちょっとダヴィーというか、ダブっぽい手法であったり、BPMも含めて、メロウなビート感に興味が向くようになった。いままでとはちょっと違うものを作りたいなっていう気分のときに出会ったのが、TALISKERだったんです」(Kenichiro Nishihara、以下同)
 ソロ作品としては自身3枚目となるアルバム『Rugged Mystic Jazz for TALISKER』は、シングル・モルトウィスキー“TALISKER”にインスパイアされたコンセプト・アルバムとして制作されている。
 「偶然の出会いだったんですけど、TALISKERというシングルモルト・ウィスキーのバックグラウンドにある、いろんな物語や奥深い世界観に興味を惹かれたんですよね。製造しているのが、イギリスの北西にあるスカイ島という孤高の島で、ケルト神話をはじめとしたケルト文化が根付いている島であって。そこで、ある種、旅情にも似た、“どこかに行きたいな”っていうインスピレーションを得ることができたんです。発想の源のひとつとして、TALISKERを出発点とした音楽が作れたら面白いんじゃないかって」
 ソロ・アーティストとしての活動に加え、高校生の頃からファッション・ショーなどでの音楽ディレクションを手掛けてきた彼にとって、「音楽とお酒は切っても切り離せないもの」だと言う。
 「10代の頃からずっと音楽の仕事をやってきているので、いまや音楽が自分の人生のなかですごく大きなものになっているんですね。そんな音楽と同等のインスピレーションを与えてくれるものはなにかなって考えたときに、シングル・モルトウィスキーであれば、音楽と対等に存在できるって思ったんですね。お酒を飲みながら音楽を聴いて、音楽の聴こえ方が違って聞こえるのであれば、それは素晴らしいお酒だろうし、逆にお酒の個性さえ変えてしまう音楽であれば、それは素晴らしい音楽なんじゃなかって。TALISKERと僕の作った音楽で、そういうやり合いが楽しめたらいいなと思ったんです」
 マッコイ・タイナーロニー・リストン・スミスザ・ポリスシスター・スレッジのカヴァーを含めた全9曲は、波が岩にぶつかるような音が聞こえるイントロダクションから始まり、波の音が遠ざかっていく「Waves Dub」というエピローグのような曲で終わる。想像力をかき立てるピアノのメロディを主体とした音楽は、聴き手に見たことがあるようでない、不思議な風景を引き連れてくる。彼は、そんな旅する音楽に、2008年にリリースした1stアルバム『Humming Jazz』以来となる“ジャズ”という単語を登場させている。
 「親がジャズ好きだったこともあって、小さい頃はなかなかジャズを好きになれなかったんですね。いまにして思えば、親が聴いてる音楽に反発したいっていう気持ちだったと思うんですけど(笑)、ずっとロックやポップばかり聴いていた。でも、ある日、ジャズのなかに、ポップスを聴いてきた耳にも響くくらいのメロディに出会って。それが『セロニアス・モンク・プレイズ・デューク・エリントン』っていうアルバムだったんですけど、それからジャズにハマっていって。ハービー・ハンコックキース・ジャレットも好きになったし、コルトレーンファラオ・サンダースも聴くようになった。その時期によって好きな巨匠はたくさんいるんですけど、そのなかでもいちばん大きな影響を受けたのは、アントニオ・カルロス・ジョビンでしょうね。ジョビンはボサ・ノヴァであって、ジャズじゃないっていう人もいると思うけど、僕にはジャズの一種だと感じたし、ジョビンやジョアン・ジルベルトもジャズだと言えてしまう、そういうジャズの在り方がすごく心地よく感じたんです」



新しいジャズのカタチがもうひとつの音楽の愉しみ方を提示






 そんな彼は、本作で“ジャズ”の前に“ラギッド・ミスティック”という形容詞をつけ、「これが新しいジャズのカタチ」だと掲げている。“ラギッド”はTALISKERのコンセプト・キーワードのひとつであり、直訳すると“ごつごつした”という意味になる。彼が提示する“ごつごつしていて神秘的なジャズ”とは、いったいどんなイメージなのだろうか。
 「ウィスキーにしてもジャズにしても、間口の狭い、なかなか入りにくい世界だと思うんです。だから、僕がジョビンを入り口にしてジャズへの好奇心が増していったように、ジャズやウィスキーの入り口になるようなアルバムが作れたら素晴らしいんじゃないかと思って。ジャズという音楽が雑多なものから生まれてきたように、ジャズは、ハードバップとか即興とかのスタイルに固定されない、大きな受け皿をもった音楽なんじゃないかと思うんですよね。だから、ここで言う、“ラギッド・ミスティック・ジャズ”というのは、形式的な意味でのジャズではなくて、もっと抽象的な精神性というか、イメージやムードに近い意味でのジャズだと思ってます。ラギッドというのはスカイ島の荒々しい風景を思わせるし、ミスティックはジャズでよく使う言葉でもある。だから、僕としては、ウィスキーとジャズから世界観やエッセンスを抽出してきて、もうひとつの音楽の愉しみ方を提示するっていうイメージで付けてますね」
 つまり、“ラギッド・ミスティック・ジャズ”とは、ひと言で言えば、“彼の今の気分”の表出なのである。「これはジャズじゃないんじゃない? っていうところまで含めて、ジャズと言い切ったときにどういう反応があるかが楽しみ」と微笑む彼が求めるジャズという言葉の可能性は、彼の音楽を通した旅が終わるまで、まだまだ広がりを見せ続けるだろう。
取材・文/永堀アツオ
■Kenichiro Nishihara オフィシャルMySpace
http://www.myspace.com/kenichironishihara

■Kenichiro Nishihara オフィシャル・ブログ
http://www.waxpoetics.jp/blogs/nishihara/

■Kenichiro Nishihara twitter
http://twitter.com/N_UNPRIVATE
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015