“ファースト・アルバムをもう1回作りたい”!? ランクヘッドがその真意を語る

ランクヘッド   2007/06/29掲載
はてなブックマークに追加
 メジャー・デビュー以降、数多くのライヴを重ね、“初期衝動”を豊かになった表現力で昇華させ4枚目のフル・アルバム『FORCE』(写真右)を発表したランクヘッドに話を訊いた。余談だが、ジャケットに毎回登場していたマーモットの合田マモル君(25)は、ながらくランクヘッドの“アイコン”をつとめてきたが、彼女が出来たためこのアルバムを最後にモデル業は引退した、とのこと。





 ありのままをさらけ出す。言うのは簡単だけれども、音楽でそれを実現するのは容易ではないことだ。だが、ランクヘッドの4枚目のフル・アルバム『FORCE』は、そんな彼らの「ありのまま」――シングル曲のポップさ、ロックの衝動、遊び心まで――すべてをぶつけた作品となっている。2004年のメジャー・デビュー以来、新世代の4ピース・ロック・バンドとしてキャリアを重ねてきた彼らが、本作に辿り着いた過程を聞いてみた。
「前のアルバム(『LUNKHEAD』)が、誰でも聴きやすいようにと意識して作ったアルバムで。その後、ポップなシングルで認知してくれた人も大勢いたから、あんまりギラギラした曲を出したら引かれるかなあ……とか、いろいろ悩みましたね。でも結局、“ファースト・アルバムをもう1回作りたい”と思って。ファーストって曲調はバラバラだけど、やりたいことがいっぱいあって、何やっても楽しくて新鮮だった。もちろん当時は技術がなかったけど、今はアルバム3枚作って培ったものがあるから――いいとこどりですよね。1枚目の気持ちと、4枚目の経験で作るアルバム、っていう」(小高芳太朗/vo)
「『LUNKHEAD』は、自分たちのセルフィッシュな部分は抑えてたけど、その分ポップネスはすごい磨かれたし、発見も成長もあった。それに加えて衝動的な部分がすごいチャージされてたから、最初から悪いアルバムになるはずがないと思ってました」(石川 龍/ds)




 本作は、ファースト・アルバムの『地図』を逆回転させた「OTO」で幕をあける。「夏の匂い」「きらりいろ」といったポップなシングル曲から、疾走感のある轟音ロック・チューンまで、印象がバラバラな曲の中で共通しているのは“自分たちの音楽の“力”を聴かせたい、証明したい”という強いエモーションである。中でも「僕らは生きる」では、小高のひとり語りから歌に突入し、最後に120人分(彼らの友達であるつばきジェット機hare-brained unityメレンゲなどがギリギリのスケジュールの中で友情参加)の感動的なコーラスが加わる。“みんなと手を取り合えばもっとしっかり立てる、だから生きよう”と発するメッセージは、このアルバムのハイライトとなる一幕だ。
「これは最初から一発録りって決めてましたね。言いたいことはだいたい決めてたけど、言葉自体はアドリブです。多分、何回もやったら演じちゃってウソっぽくなるな、って思って。だってダッサいじゃないですかこういうの。最初すごい弱気で、“ないんかなあ!……って思います”っていらんもん付けちゃったりして。もうライヴ音源みたいなものですね、この曲だけは」(小高)
「今までずっとできなかったのが、ライヴとCDとのギャップを埋めることだったんですよね。この曲でそれができた」(石川)
「ずっとライヴのことを考えて作ってたんで、早くライヴで演りたいですね」(山下 壮/g)
「『FORCE』って、4人の力、プラス周りの人が協力してくれてできたアルバムで。これをいろんな人が聴いて、そしてライヴに来てくれることで、もっと大きな“FORCE(力)”になっていくんじゃないかと思います」(合田 悟/b)


取材・文 齋藤奈緒子(2007年6月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015