今の自分を褒める覚悟――真心ブラザーズが新レーベルよりシングル「I

真心ブラザーズ   2014/03/18掲載
はてなブックマークに追加
 デビュー25周年を迎えた真心ブラザーズがニューシングル「I'M SO GREAT!」(映画『猫侍』主題歌)をリリース! 自身らの新レーベル「Do Things Recordings」の第一弾作品として発表されるこの曲は、シンプルかつダイレクトなバンド・サウンドと“今の自分を褒めろ”というメッセージがひとつになったロックンロール・ナンバーに仕上がった。4月からは全国ツアー〈WE ARE SO GREAT! 〜俺たち、エライよね〜〉もスタート。さらにスピードを増している“2014年の真心ブラザーズ”について、YO-KING桜井秀俊にたっぷりと語ってもらった。
――まずは新レーベル「Do Things Recordings」について聞かせてください。新しい環境はどうですか?
桜井 「具体的に何が出来るかは、正直よくわかってないんですけどね(笑)。ただ、フットワークの軽さとか身軽さっていうのは、あったほうがいいと思うんですよ。音楽以外の人と知り合うなかで生まれてくる表現とか、酒の席で思いついたアイディアなんかも、すぐにカタチに出来るというか。こっちが盛り上がっているうちにお客さんに届けられるスピード感って、やっぱり大事なので」
――自身のレーベルを持つことで、さらにスピードが上がる、と。
桜井 「それが出来たら楽しいですよね。その分、身勝手になっちゃう危険もあるんですけど」
――こちらから見てると、“いつも自由に好きなことをやってる”というイメージが強いですけどね、真心ブラザーズは。興味のある方向にバッと進んじゃうというか。
YO-KING 「そうですよね(笑)。この前、佐久間正英さんが亡くなったときに経歴を改めて見てると、“あ、この人も佐久間さんがやってたんだ”とか“このバンドのプロデュースもやってたのか”というのがけっこうあって。そのとき思ったんですよね。そういえば俺たち、プロデューサーと仕事したことって1回しかないなって」
桜井 「そうだね」
YO-KING 「“すごい初期の頃に、名プロデューサーと言われる人と仕事してたら良かったのかもな”とか。そしたら東京ドームで3daysくらいやってたかも。口パクになって、ヴォーグ・ダンス踊ったりして(笑)」
桜井 「ハハハハハ!」
――25年間、ほぼ全部セルフプロデュースだったっていう。それも凄いことですけどね。
YO-KING 「最初からずっと自由にやってますからね。メンバーのOKが取れたら、そのままお客さんの耳に行っちゃうっていう。それが当たり前と思ってた節もあったし。もちろん、いいところもあるし、悪いところもあるんですけどね」
2014年2月22日開催〈今年も中野で会いましょう 2014〉
――今回のシングルも当然、現在のふたりのモードがめちゃくちゃ強く反映されていて。「I'M SO GREAT!」というタイトルって、YO-KINGさんの哲学に直結してますよね?
YO-KING 「うん、そうですね。久しぶりにこういう攻撃的な曲が出来たなって。“ウニやクリになれ”っていう素晴らしい歌詞もあるし(笑)。丸くなってもいいんだけど、時々はトゲを出していこうぜってことなんだけど。すごい想像力でしょ?」
桜井 「まさに童心ですね(レーベル名の“Do Things”には“童心”という意味が含まれている)」
――最初から「アグレッシヴな曲にしよう」という意識はあったんですか?
YO-KING 「えーとね、『猫侍』の主題歌のお話を受けてから作り始めたんですよ。完成間近の『猫侍』を見せてもらって、そこから広げていって。曲を作るときは、いつも“インスピレーション待ち”なんですよ。ギターを持ってiPhoneに録音するだけなんですけど(笑)、何かとっかかりが出てきたら、あとは流れで作っていくっていう」
――「I'M SO GREAT!」というワードを思いついたら、あとは一気に行けそうですよね。
YO-KING 「最初は“I'M SO GREAT!”のあとに別の歌詞を入れようと思ってたんですけど、そのうちに、全部“I'M SO GREAT”がいいなって(笑)。この言葉が強すぎて、その後に何を持ってきても負けちゃうんですよ。だったら、これを連呼したほうがいいでしょ? ただね、“I'M SO GREAT!”って“俺は偉大だ”っていうだけじゃなくて――そう思ってもらってもいいんだけど――どっちかっていうと“俺、がんばってるよな”っていうニュアンスが入ってるんですよ。“俺ってエライよな”って自分で自分を褒めて、それをガソリンにして楽しく生きていこうっていう。まあ、“こいつアホだな”って感じで楽しんでもらってもいいんですけどね。リンゴ・スターの〈I'm The Greatest〉という曲があって、それも少し頭にあったかな」
桜井 「リンゴ・スターさん、言うねえ」
YO-KING 「言うよ(笑)。でも、確かジョンの詞曲だったかな? それはきっと“俺は偉大だ”ってことでしょ、きっと。こっちはちょっと違うんだよね。家に帰って、湯船に浸かって“俺、がんばってるよな”っていう感じというか(笑)。そういうひと言を言えない人って多いと思うんだよね、世の中」
――ものすごく多いでしょうね。自己評価が低いというか。
YO-KING 「そう、自分を責めちゃうんだよね。自分のイヤな部分にフォーカスするというか……。だからね、覚悟しなくちゃいけないんだよ。“俺は自分のいいところを見るぞ”って」
「I'M SO GREAT!」
――なるほど。ちなみにYO-KINGさんはいつからそういう考えなんですか?
YO-KING 「小学校……いや、幼稚園かな。幼稚園のときに“人気者で行こう”って決めたんですよ。たまたまの流れで人気者になって、“いいな、これ”って。サザンにもあるからね、『人気者で行こう』」
桜井 「アルバムのタイトルね」
YO-KING 「きっと桑田さんも決めたんじゃない? “俺は人気者で行こう”って。世の中も明るいしね、こういう曲が流行ったほうが」
――4月から始まるツアーのタイトルも〈WE ARE SO GREAT! 〜俺たち、エライよね〜〉だし。
YO-KING 「そうそう、そういうことなんですよ。ちょっと『あまちゃん』とカブっちゃったけど」
桜井 「『あまちゃん』は何だっけ?」
YO-KING 「“おらたち、熱いよね”かな」
――(笑)僕のまわりの真心ファンも「真心はエラい」って言いますね。
YO-KING 「お! やっぱりそうでしょ」
――「ライヴに行くと“やってほしい”と思ってる曲を全部やってくれるし、しかもぜんぜん飽きない」って。
桜井 「嬉しいっすね、それは」
YO-KING 「特に中野サンプラザのライヴは、そういう趣旨でやってるからね。(セットリストが)確かに決まってきちゃうけど、それをイヤとも思わないというか。芸人志向が強まってるところもあるんだよね。舞台に上がったら、目の前にいる人たちを満足させなくちゃいけないっていう。こっちがやりたことをやるというより、お客さんを楽しませるほうにシフトしてるんじゃないかな、いまは。だってさ、“俺らはやりたいことをやる。つまらないと思ったら、次は来なくていい”みたい我の強いライヴをやられると、ゲンナリするじゃん」
――ポール・マッカートニーの最近のライヴもヒット曲大会ですからね。
YO-KING 「ポールの凄さって、そこでしょ? 東京ドームで〈イエスタデイ〉を歌うっていう、ビジネスど真ん中でやってる姿に感動するっていうか。70代で“商売っ気”たっぷりっていうのはいいよね。まあ、4月から始まる俺らのツアーはちょっと違うんだけどね。4人バンドでやるし、ロックロールで攻めようと思ってるから」
――「I'M SO GREAT!」もセットリストの定番に入ってきそうじゃないですか?
YO-KING 「うん、入ると思いますよ」
桜井 「〈どか〜ん〉からの!」
YO-KING 「いいねえ(笑)」
桜井 「ぜんぜん曲を知らなくても、イヤでも覚えちゃうだろうし(笑)」
YO-KING 「〈I'M SO GREAT!〉って連呼してるからね」
――カップリング曲の「Welcome to the world」は桜井さんの作詞、作曲ですね。
桜井 「これも最近の曲ですね。このシングルのカップリング用に作ったんですけど、YO-KINGさんから“三拍子でスカスカの曲がいい”っていう話があって。三拍子はちょっと難しかったんですけど、スカスカと言うか、隙間がある曲になってます。歌詞の行間もそうだし、あとは単純に音符と音符の隙間だったり。余地がある曲っていうか」
YO-KING 「春のツアーでロックンロールとかブルースとか、そういう曲をやりたいと思って、それ用の良い曲がほしいなって」
――現在のモードが反映されてる、と。
YO-KING 「まあ、ローリング・ストーンズはずっと聴いてますからね。またさ、昔の音源を上手いことコチョコチョ出してくるんですよ、ストーンズが。金あるから買っちゃうんだけど(笑)、それがホントに良くて。俺らもブルースみたいな曲は脈々とやってきてるし、真心の歴史のなかの“2014年のブルースっぽい曲”ってことだよね」
桜井 「2014年に、この音の少なさは事件ですよ。ドラムとベースはYO-KINGさんなんだけど、まあ、弾かない弾かない」
YO-KING 「基本、弾かないね(笑)。レコーディングも早く終わるしね」
桜井 「ももクロの50分の1くらいの音数じゃないですか、これ(笑)」
――最近の若いバンドの曲も、音数が増える傾向にありますからね。
桜井 「そうですよね。言葉の数も多いし。それはそれでいいと思うんだけど……」
YO-KING 「どっちかだよね。過剰に多いか、過剰に少ないか。俺らは“引き算”なんですよ。迷ったら、引く。だからリンスもしないよ」
桜井 「すごい。リンスしないのに、46歳で天使の輪ですよ」
――(笑)。そういえば最近のストーンズのライヴの映像を見てても、音数はかなり少なめですよね。
YO-KING 「ストーンズもさ、サポートメンバーが増えて、隙間を埋めてた時代があったじゃない? “そういうことじゃないんだな”って思ったんだよ、きっと。俺と同じ気分だね(笑)」
――最後に今後の展開についても聞かせてください。「I'M SO GREAT!」というテンションの高い曲をリリースして、活動のペースも上がっていきそうな雰囲気になってると思うのですが……。
桜井 「うん、やりますよ! 新レーベルからの最初のシングルが、こういう勢いのある曲になりましたからね。いい巡り合わせじゃないかな、と」
YO-KING 「2曲ともホントにやりたいことですからね。ぜんぜん無理してないし、バランスを取ったわけでもないし……って、いま思いました。〈I'M SO GREAT!〉はテンションが高いというより、“元気がある”って感じだけどね。元気があるおじさん(笑)」
桜井 「“今日の課長、ごきげんだわ”って(笑)」
YO-KING 「"今日の"じゃなくて、“課長、いつもごきげんね”ってなったら最高だけどね」
――ライヴのMCでも言ってますけど、ごきげんキープは大事ですよね〜。
YO-KING 「大事ですね。ゲーテが言った言葉で“人間の最大の罪は不機嫌である”っていうのがあって。さすが、ゲーテはわかってる(笑)。“最大のボランティアは上機嫌”って言った人もいるしね」
桜井 「まわりの人にうつりますからね、ご機嫌も不機嫌も。だったら機嫌良くしてたほうが」
YO-KING 「単純に得なことが多いんですよ、体験的に言っても。不機嫌な時間ってイヤっていうか、つまんないでしょ」
――そうですね。機嫌悪い人って多いですけどね、電車のなかとかネットのなかとか。
YO-KING 「いつも不機嫌な人って、子供なんだよね。子供って、自分の機嫌を取れないから。だから〈I'M SO GREAT!〉ですよ。ひとりひとりが自分の機嫌を取れば、世界中から不機嫌がなくなるっていうね」
――壮大な話になりましたね(笑)。でも、いまの時代に必要なメッセージだと思います。
YO-KING 「やっと時代が追いついてきたね(笑)。昔はポカーンとされてたんだから」
――同じことを言ってても?
YO-KING 「まあ、いまよりもハシャイでたけどね。ハシャイでる人を見るのって、そんなにいいもんじゃないんだなってことに気づきました(笑)。あんまりハシャギ過ぎないで、元気だけ出していったほうがいいよね」
桜井 「大人っすね〜」
YO-KING 「“楽しそうでいいな”と思ってもらうだけでも嬉しいけどね」
――このシングル以降も制作は続いていきそうですか?
桜井 「そうですね。4月のツアーのなかで、現場で躍動しつつ、曲作りを進めていきたいなって考えているので。躍動感のあるものを作りたいんですよ、次は。部屋でひとりで作ってるよりも、バンドと一緒にワーッとやってる期間の身体でやりたいな、と。そうやって作ったもののほうがリアルなんですよね、やっぱり。そこで曲がたまってくれば、アルバムも作りたいし。25周年ですからね。せめてアルバムくらいは出したいじゃないですか」
YO-KING 「生き生きとした感じというかね。まず、いい音で録れる自信はあるんです。たとえば『KING OF ROCK』を95年に出したときも、曲はもちろんいいんだけど、仲間から“音がいいね”ってすごくホメられたんですよ。そこから20年経って、あのアルバムとは違う“いい音”っていうのがわかってきて。艶というかウェットというか、音のイメージはあるんですよね、頭のなかに。だから、あとは曲!」
桜井 「ハハハハハ!」
YO-KING 「まあ、出来ると思うけどね(笑)。20年前に比べるとエンジニアの技術も上がってるし、楽器とか機材もすごく良くなってるじゃないですか。いまの叡智を結集して、いいアルバムを作りたいですね」
取材・文 / 森 朋之(2014年1月)
真心ブラザーズ
WE ARE SO GREAT! 〜俺たち、エライよね〜

2014年4月11日(金)〜2014年6月29日(日)

www.magokorobros.com
全会場 オールスタンディング
前売 ¥4,900 / 当日 ¥5,400(税込・ドリンク別)

※6月29日(日)「EX THEATER ROPPONGI」公演スタンド指定席のみ、前売 ¥5,400 / ¥5,900(税込・ドリンク別)。
※お問い合わせ:ホットスタッフ・プロモーション

[Tel]03-5720-9999

ARABAKI ROCK FEST.14
2014年4月26日(土)、4月27日(日)
arabaki.com
※出演日未定
宮城 みちのく公園北地区「エコキャンプみちのく」
※お問い合わせ:チケットGIP
[Tel]022-222-9999(24時間自動音声案内)

WORLD HAPPINESS 2014
2014年8月10日(日)
www.world-happiness.com
東京 夢の島公園陸上競技場
開場 11:00 / 開演 12:30

※お問い合わせ:ホットスタッフプロモーション
[Tel]03-5720-9999
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015