MICROPHONE PAGER“改正開始”! ニュー・アルバム『王道楽土』をドロップ

MICROPHONE PAGER   2009/01/23掲載
はてなブックマークに追加
MICROPHONE PAGER“改正開始”! ニュー・アルバム『王道楽土』をドロップ
 リアルタイムでその音を体験したヘッズはもちろん、残された作品から存在を知った後追い世代まで、その影響力は計り知れない“伝説”のHIPHOPグループ、MICROPHONE PAGER。安易なリユニオンを避け、ソロとして研鑽を積んできたMUROTWIGYの2トップにより復活! 現在の彼ら、そしてシーンの底力を見せつけるリアル・ジャパニーズ・ヒップホップが体感できるニュー・アルバム『王道楽土』を発表した。



 90年代前半、日本のヒップホップ・シーンの黎明期に登場したMICROPHONE PAGER。彼らの鮮烈な言葉とサウンドは、その後の日本語ラップの流れを一気に変えてしまうほど大きな影響を与えた。95年のオリジナル・アルバム『DON'T TURN OFF YOUR LIGHT』は、今やヒップホップ・ヘッズのバイブルである。あれから13年、ソロ・キャリアを積んできたMUROとTWIGYが、ついにMICROPHONE PAGERを復活させ、ニュー・アルバム『王道楽土』をドロップ! 待望の新作は、かつてのハードで鋭いPAGERらしさはもちろん、進化したPAGERを思う存分聴かせてくれる作品となった。
 「ここ数年2人で話す機会が増えて、お互いのテンションがリンクして、PAGERをやるなら今かなって思ったんです。TWIGYは日本人で1番好きなMCだし、トラックは時間かけて作りました。絶対海外に持っていこうと思ってたビートや、TWIGYのこと考えてのビートもあるし、全て気持ちよく聴けるものになったなって。リリックは、ビートを何度も聴いて絵面を浮かべてっていうのが昔のやり方だったので、オレはそれで作りました。それにTWIGYのヴォーカル・ディレクションがすごい。前のPAGERではなかった、コーラスも楽しめると思う」 (MURO)
 「今回見せたかったのは、ぶれてないところ。PAGERがやってたライムと音、それを進化させて見せられるのが嬉しい。リリックは、オレは全体を通して日本語ラップのことを言いたかった。ラップのあり方をスルーして何も触れずに、ヒップホップはなんでもありじゃんってやってる人が多いから、その“なんでもあり”っていうのを説明した感じ。それがなかったらこういう風にはできないじゃんっていうのも提示したつもりだし。そこでの重みが、同じ言葉を使うヤツらとは違うと思う。やっぱりラップって生き様だから。それを16小節に収めようとオレらはがんばってるんだよね」 (TWIGY)





 本作のフィーチャリングには、ZEEBRAといった昔からの仲間、SUIKENDABOD.O、SYZZZY SYZZZA(今回の最年少、16歳!)といったPAGERチルドレン、さらに関西からRYUZOSHINGO★西成ANARCHYと、シーンの切れ者たちが大集結している。
 「若いヤツらもPAGERスタイルを継承してきた人間だからね。オレのライミングを使ってる人もいるけど、それも嫌みじゃなくオレの代わりに言ってるだけ。それが心地よく聴こえるんだ」 (TWIGY)
 「今までに例のないアルバムになったよね。トリビュートっぽい感じもあるし。このフィーチャリングの形態からも、PAGERがグループ名じゃなくムーヴメントだったっていうのが伝わればいいな」 (MURO)


 タイトルの『王道楽土』には「政治もなくピュアに音楽だけをやれる環境を、1回壊して作ろう」(MURO)という思いが込められている。伝説から解き放たれたMICROPHONE PAGERの、タフでリアルなサウンドを体感しない手はないぞ!
 「全体通してストーリーを感じでほしいですね。自分でも最近1枚通して聴けるラップアルバムがなかったんで、ここでまた革命が起きてくれたらうれしいなと」 (MURO)
 「目まぐるしいくらいの感じで聴いてほしい。で、〈DON&GUN〉で落ち着いて(笑)」 (TWIGY)



取材・文/土屋恵介(2009年1月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015