Perfume   2008/04/15掲載
はてなブックマークに追加


 3月にセルフ・カヴァー・アルバム『Future Addict』がリリースされたマーティ・フリードマンは「J-POPメタル斬り」(『日経エンタテインメント!』『nikkei TRENDY net』)の連載などでも知られるようにJ-POP通として有名。また、Perfumeもカヴァーしている「ジェニーはご機嫌ななめ」の作曲者である近田春夫は、ご存じのとおり『週刊文春』の人気連載「考えるヒット!」にて鋭い視点でPOPを評論し続けている。そのお二人にPerfumeのサウンドについて考察してもらった。


マーティ・フリードマン 「Perfumeの話ですね。超うれしい」
近田春夫 「いつから聴いてた?」
マーティ 「有名になる前から聴いてました。最初は連載(「J-POPメタル斬り」)のために聴いたんだけど、すごく気に入って。〈ポリリズム〉はホントに最高。シャワーのときにヘヴィ・ローテーションしてます」
近田 「すごいね(笑)。僕は〈チョコレイト・ディスコ〉を始めに聴いたんだけど、すぐに“誰が作ってるんだろう?”って思って。とにかく音がカッコよかったんだよね。テクノっぽいトラックを作る人っていっぱいいるけど、プロデューサーの中田ヤスタカさんって人は何かが違うなって」

マーティ 「面白いですよ。声にエフェクターをかけるのって、なんかジョークっぽい。でも、この人は音楽がちゃんとしてるから、ジョークにならないんですよね。大人っぽいコード進行、ちょっとジャズみたいなヴォイシング、メロディのキレイなメリハリ。J-POPの新しいテイストだと思いますよ。オタク方向に行きそうな声なんだけど、そうならないっていうのはすごいですよね。『完全メイド宣言』っていうCD、知ってます?」
近田 「知らない(笑)」
マーティ 「アキバのメイド・カフェで流れてるような音楽なんだけど、これは完全にオタクだから、たとえば彼女の前では絶対に聴けないんですよ。空気がおかしくなる(笑)。でも、Perfumeはぜんぜん大丈夫、おしゃれだから」
近田 「そうだね。おしゃれなヤツってパワーがなかったりするんだけど、Perfumeの曲にはパワーもちゃんとある。ベース、キックの音色、バランスがすごくいいし、コンプのかけ方も上手いんだよ。声にエフェクトをかけるのだって、すごく難しいからね」
マーティ 「そうですよね。だから、Perfumeのサウンドを作るまでに、かなりプロセスがあったと思いますよ」
近田 「そう、これって偶然できたものじゃないよね。サウンドのイメージがしっかりあって、それを具体化してる。音楽的にはかなり高級」
マーティ 「だって〈ポリリズム〉の間奏なんて、ものすごい変拍子でしょ? 僕の友達で信じられないほどマニアックなプログレ・ファンがいるんだけど、その人に聴かせたら、“こんな曲がポップ・ソングになってるの? 日本っていい国だね!”って喜んでた(笑)」

近田 「しかも、普通に聴いてると、そこに変拍子があるなんて気付かない作りになってるんだよ。もう一つすごいなって思うのは、サウンド・プロデュースの才能がある一方で、作詞家としても優れてるんだよ。ただ言葉を当てはめてるだけじゃなくて、一つ一つにちゃんと意味があるし、耳に残るフレーズも多い。〈ポリリズム〉に関していえば、言葉と音楽を合わせたときに、初めて意味が出てくるように作られてる。それ自体がポリリズムになってるんだよ。ほんとにすごいヤツが出てきたと思うね。彼って、いま、いくつなんですか?」


――80年生まれの28歳ですね。

近田 「まだ20代なんだ。イヤになっちゃうね(笑)」

――近田さんが作曲した「ジェニーはご機嫌ななめ」もPerfumeはカヴァーしてるんですよね。

近田 「そうらしいね。まだ聴いてないんだよ、恥ずかしくて」
マーティ 「近田さんの影響もあるんじゃない?」
近田 「そのことよりもね、Perfumeのマネジメントをやってるアミューズって、昔、僕の事務所があったんですよ。しかも、ジューシーフルーツのマネジャーをやってた人が、Perfumeのセクションの責任者だったんだよね。そういう関係で、テクノの伝統みたいなものが何となくあったのかも。でも、違和感があれば取り上げてくれなかっただろうし、そういう意味では嬉しいよね」


――近田さん、メンバーと会ったんですよね?

マーティ 「え、どこで!?」
近田 「雑誌で対談したんだけど、面白かったですよ。っていうのはね、最初は音楽に関して自覚がなかったらしんだよね。でも、中田さんに会ってから、自分たちでもかなり専門的なテクノを聴くようになったみたいで。日本のアーティストでも、たとえば銀杏BOYZを聴いてたり、いわゆるアイドルよりも、もう一歩踏み込んでる感じがした。クレバーでしたよ」
マーティ 「すごいね」

近田 「マジメだよね。もうちょっと夜遊びとかしないとダメだよ、って言ったんだけど(笑)。あと、彼女たち自身のことでいえば、声が暗いっていうのもポイントかなって」
マーティ 「暗い?」
近田 「妙にキャピキャピしてなくて、落ち着いた声というか」
マーティ 「あー、無表情だよね。何も感情が伝わってこないし、フラットで。メロディをしっかり守ってるだけ」
近田 「そうそう。曲のゴージャスさと、ちょっと暗い声のバランス。それがいまの東京の空気に合ってるのかもしれないね。SFっぽいというか。そういう声質っていうのもね、じつは中田さんは考えてると思うよ。声質のいい部分をうまくチューニングしてるというか。この声があるからこそ、このトラックだったのかもしれない」
マーティ 「声を聴いて、サウンドのアイディアが浮かんだ。そうかもしれないですね。MEGのプロデュースもやってるけど、Perfumeとはちょっと違うからね」
近田 「そうそう。鈴木亜美のアルバムにも参加してるんだけど、ちゃんとアーティストによって書き分けができてる。そこもすごいんだよね」

――これからPerfumeって、どうなっていくと思いますか?

近田 「いまはこのカタチでいいと思いますよ。この先ってことでいえば、マジメさがいい方向に出るのか、壁みたいなものにぶち当たるのか。あとはプロデューサーってことを外して考えると、“自分たちはどうしていきたいのか?”ってことを、遅かれ早かれ問われてくるじゃない? そこはちょっと知りたいけどね」






取材・文/森 朋之(2008年4月)


撮影/高木あつ子




■マーティ・フリードマン
New Album『Future Addict』

2008年3月12日発売
(AVCD-23546 税込2,700円)

※公式ホームページ http://www.martyfan.com/


※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015