ナチュラル・ヴォイスのシンガー・ソングライター、プリシラ・アーンが愛する日本の歌、日本語の美しさ

プリシラ・アーン   2012/12/04掲載
はてなブックマークに追加
ナチュラル・ヴォイスのシンガー・ソングライター、プリシラ・アーンが愛する日本の歌、日本語の美しさ
 今年はカヴァー・アルバム『ナチュラル・カラーズ』に、現在放映中のTVドラマ『そこをなんとか』の主題歌&挿入歌「アイル・ビー・ヒア」を収めたベスト・セレクション・アルバム『ホーム〜マイ・ソング・ダイアリー』と、2枚のアルバムを届けてくれたプリシラ・アーン。東日本大震災のときも、海外からいちはやくYouTubeに、被災地のかたがたを気遣う歌声をアップした人だが、すっかり、日本に身近な存在になった。畏まらず、偉ぶらない。あくまでも自然体。その清らかで、温かい、奇跡の歌声はもちろんだが、彼女を前にすると、誰もが幸せをいただいたようで嬉しくなる。


――「アイル・ビー・ヒア」のように、TVドラマの主題歌だと、普段、曲を書くときの感じと違いますか。
 「そうですね、まったく違います。今回の場合は、TVのかたからドラマの内容を説明されて、たとえば、海岸で陽が昇っていくようなイメージで書いて欲しいとリクエストされました。小さな光がどんどん大きくなっていくようなイメージで、と」
――こういう経験を通じて、新たに学ぶことはありますか。
 「たくさんあります。ある種のチャレンジですからね」
――アルバム・タイトルを『ホーム〜マイ・ソング・ダイアリー』としたのはどうしてですか。
 「曲を選び終えたとき、漠然とですが、一貫したテーマがあることに気が付きました。どの曲でも、そこには家と呼ばれる場所を探している私がいたことです。でも、いまは、家を見つけて(2年前に結婚)、私の人生の第一章から第二章に進み始めたところですから、これらの歌を少しノスタルジックな目で眺めています」
――「上を向いて歩こう」を取り上げていますが。
 「最初は推薦してもらって、歌詞もわかりませんでした。それでも、坂本九さんの情感あふれる歌声、そのパッションに心動かされました。歌詞を読んでからは本当に感動して、もしかすると、私にとっていちばん好きな曲の一つになるかもしれない、そういう気がしています」
――そういえば、前作『ナチュラル・カラーズ』でも、日本語の歌をたくさん歌ってらっしゃいますよね。
 「まず、メロディとか、曲に惹かれて、そのあと、歌詞の内容をうかがって、自分でも共感できるかどうかで判断しています。井上陽水さんの〈帰れない二人〉は、最初ライヴ・ヴァージョンを聴いて、そのときは私のスタイルとは少し違うかなと思ったんですが、詞がとてもスイートで、ぜひやりたいと思いました」
――『ナチュラル・カラーズ』で取り上げた日本の歌で、特に気に入った曲を教えて下さい。
 「〈風をあつめて〉は、私からやりたいとリクエストした曲です。映画『ロスト・イン・トランスレーション』のサントラを聴いて、歌詞の内容はまったくわかりませんでしたが、すごく好きになりました。私もバンドの一員として部屋の中にいるような感覚になるんです。〈デイドリーム・ビリーバー〉は日本語と英語と両方でやってますが、これも好きです。くるりの〈ばらの花〉も、ポップ・ソングとして素晴らしいと思いますし、大好きです。うーん、困りましたねえ。全部、好きです(笑)」
――あなたの日本語はとても丁寧で、日本人以上に美しく感じるときがあるんですが、日本語で歌うことで気づくことはありますか。
 「日本語の歌の正確な意味はわかりませんが、まず、英語にはない二重母音であったり、舌から言葉が転がりだすような、フレージングがとても面白くて楽しんでいます。一言一言の意味はわからなくとも、ひとつの言葉のまとまりとして私の中には存在していて、それが楽しいんです」
――その時代その場所で、新しい世代のシンガー・ソングライターたちを輩出する重要なクラブが存在します。たとえば、近年だとニューヨークのリヴィング・ルーム(ノラ・ジョーンズジェシー・ハリスら)もそうですが、あなたも出演していたロサンゼルスのホテル・カフェについて教えてくれますか。
 「あの店の良いところは、お客さんが無駄話など一切しないで、本当に熱心に演奏を聴いてくれるところでした。ちょうどいい広さで、お客さんたちとの親密な関係も心地のいい場所。本当に歌える人、本当に曲が書ける人が、そこには集まっていました。ニューヨークのリヴィング・ルームもそういう感じで、実は、私はあそこで歌ったときにブルーノートと契約したので、思い出深いクラブなんですよ。ただ、最近は、ホテル・カフェにも行かなくなりました。以前、私と一緒に出ていた友だちも、大きな会場に出演するようになったし、改装して店が広くなったこともあって、お客さんもいろんな人が集まるようになりましたからね。そう言えば、ホテル・カフェにその頃出ていたMEIKO(ミーコ)とは、ルームメイトだった時期があるんですよ」
――あなたの音楽を聴いていると、従来のシンガー・ソングライターというか、シンプルな演奏スタイルを引き継ぎながらも、エレクトロニカのような、テクノロジーとの接点で新しい可能性を感じるときがあります。そのあたりへの興味はありますか。
 「実際、私がやりたいのはそういうことなんです。これから作ろうとしている新しいアルバムでは、いままでよりもエレクトリックなビートみたいなものを取り入れたいと思っています。ただ、ヴォーカルは、ピュアな形で残しておきたい。この違いというか、2つの落差を、新しい出会いとして楽しみたいと思っているんです。これまでの私は、そんな風には聞こえなかったかもしれませんが、ヴォーカルはベストの状態を、ギターもベストのものを、というように、すべてベストなものを選び、それを集めてレコードを作ってきました。だけど、そうやっていちばん良いものばかり選ぶのではなく、ミステイクも含めて、これからはヴァイブ感を優先したいと思っています。人間がいちばん記憶に残るのは、実は、間違った部分であったりするし、いちばん愛すべきところも、そういう欠点だったりもするんじゃないかと思うので」
取材・文/天辰保文(2012年11月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015