日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦

佐々木美玲   2022/10/19掲載
はてなブックマークに追加
佐々木美玲
佐々木美玲
佐々木美玲
佐々木美玲
 日向坂46の佐々木美玲がドラマ『ぴーすおぶけーき』に主演する。地方の団地に住む3人のおバカな幼なじみたちが、おせっかいなお悩み相談を始めるコメディで、自信あふれるおバカ・中村氏という役。絶えず体を動かしながら、能天気な発言を繰り出すのが面白い。来年1月には舞台化もされる。この作品への取り組みと女優への想いを聞いた。
佐々木美玲
Information
ドラマ『ぴーすおぶけーき』
10月25日(火)スタート
毎週火曜日 深夜25:29〜25:59
(C)NTV/AXON
舞台『ぴーすおぶけーき』
2023年1月20日(金)〜1月29日(日)
東京 天王洲 銀河劇場
ローソンチケット一次先行(抽選)
エントリー期間:10月25日(火)12:00〜10月30日(日)23:59  
当落発表:11月3日(木)15:00頃
受付URL:https://l-tike.com/poc2023/
佐々木美玲
佐々木美玲
――日向坂46で活躍中の美玲さんですが、もともと女優業にも意欲はあったのでしょうか?
 「芸能界に入りたいと思ったきっかけは女優さんでした。でも、歌とダンスも好きで、アイドルは20代までしかできないかなと思ってオーディションを受けたんです。日向坂46に入って、いろいろなテレビに出演させていただいて、夢がたくさん叶いましたけど、不思議な気持ちもあります」
――女優に興味を持ったきっかけは何だったのでしょうか?
 「小さな頃からテレビが大好きで、ドラマをよく観ていたんです。小学5年生の頃、母に何気なく“そんなに好きなら、出るほうになってみたら?”と言われたんです。それをきっかけに“そういう手もあるのか!”と興味を持ち始めました」
――どんなドラマが好きだったんですか?
 「いっぱいありますけど、『ホタルノヒカリ』は家族みんなで観ていて、すごく印象に残っています」
――『ぴーすおぶけーき』のようなコメディはいかがでしたか?
 「あまり観たことがなかったかもしれません。いきなり出る側になりました(笑)。視聴者さんを笑わせるのは、すごく難しいことじゃないですか。頑張らないといけないと思いました」
――笑わせる部分という意味ではどんなことを頑張りましたか?
 「アイドルを捨てました(笑)。正直、すごい顔もしています。自分で観て“この顔はヤバいな”と思うときもありますけど、あれは私でなくて中村氏なので(笑)。別ものとして楽しんでいただけたらうれしいです」
――そういう振り切り方は、撮影に入って最初からできたのでしょうか?
 「アイドルは“ステージのここに立って、こう踊る”と決まっていますけど、演技は自分で動かないといけない。それがすごく難しかったです。とくに中村氏は止まっている時間がないくらいのキャラで。ひたすら動くことをよく台本にメモしていました」
――確かに、中村氏は身振り手振りがうるさいくらいですね(笑)。人の悩みを聞こうと、手繰り寄せるような動作をしたり。
 「あれは自分で入れました。中村氏は人の話をあまり聞いてなくて、サルのぬいぐるみと手で遊んでいたり(笑)。カメラに映ってないところでも、“中村氏なら何をしているだろう?”と考えました」
――動作以外に、たとえば話し口調とかで工夫したこともありましたか?
 「やっぱり動きがいちばん大きいかもしれないです。話すほうは台詞自体がブッ飛んでいるので(笑)。中村氏としては普通で、ほかの人からしたらズコーッとなるような言葉がよくありました」
――台本を読ませていただくと、中村氏の台詞には“w”がやたら入っていました。
 「本当にそうなんです。“w”が入ってない台詞のほうが少なくて、それをどう表すか、最初はすごく迷いました。(幼なじみの)下田くん、上原先輩と違うキャラ付けをして、一人ひとりが目立つようにもしないといけなくて。その中で、中村氏はいつでも明るいんです。不良が来ても、みんなは普通にビビるけど、中村氏は動じない。逆に歯向かったりするので、何でも楽しむ中村氏になればいいなと」
――それで“w”も自然に反映できた?
 「私自身に近い役と言われていたので(笑)、テンションの高い自分でいようと、ずっと思っていました」
――上原先輩役の落合モトキさんは「ギアを2段階くらい上げた」そうですが、美玲さんは自分を意識した感じですか?
 「私もずっとあんなテンションではないですけどね(笑)。スイッチを切るときは切りますけど、中村氏はつねに最上級のテンション。現場でごはんを食べると眠くなっちゃったりして、“下がっているよ”と言われることが最初は多かったんです。でもだんだん慣れてくると、“ハイテンション! パワー!”と言って、ずっと上げていました(笑)」
――中村氏の“自信あふれるおバカ”というキャラクターについては、何かイメージしたものはありましたか?
 「おバカというより、ハイテンションなところでお手本にしたのは、仲里依紗さんです。仲さんのYouTubeチャンネルを前から好きで観ていて、“これは中村氏っぽいかも”と思う部分があって。何でも楽しんでやるところで、ちょこちょこヒントをいただきました」
――監督からの演出はどんな感じでしたか?
 「最初は私が迷いすぎて、たくさんアドバイスをいただきました。さっきの“w”をどう表現するか? 声を低くするのか? 本読みのときは台詞をひとつ言うたびに、しっくりこなくて“?”が自分の中にあって。私はわかりやすいので、監督も気づいて、“こうしたらいいんじゃない?”といろいろ助けてもらいました」
――早い段階でしっくりくるようになったんですか?
 「私はメインキャストの3人の中でいちばん遅かったと思います。落合さんは本読みの段階で“ほぼ上原先輩”と言われていましたし、基(俊介)さんも“もうちょっと真面目に”と言われながら、私から見たら下田くんになっていて。私は考えすぎてしまうクセがあるので本読みの段階では“わからない!”という感じでした。撮影は楽しくやりたかったので、いっぱい迷いながら中村氏を見つけて、挑みたいと思っていました」
――クランクインの頃には掴んでいたんですね。
  「そうですね。“ここはどう動こう”とか考えるのを楽しめるようになっていました」
――TikTok用の動画を撮って踊るシーンもありました。
 「あの振りは自分で付けました。初めてのことでしたけど、普段アイドルをやっている経験が活かせたかなと思っています」
――アドリブも入れていたんですか?
 「結構ありました。私がやって楽しかったのは、“けものの匂い?”という台詞があって。けものと言えば『鬼滅の刃』の伊之助を思い出して、“猪突猛進!”と言ってダダダダダと走り出しました(笑)。本当にアットホームな現場で、監督も“どんどんやって”と言ってくださって。3人でダンスをしたり、“会いましょう〜”と言うのにビブラートを掛けたり、本当にやりやすかったです。最初は“中村氏をどう演じれば?”とモヤモヤしていたのですが、挑んでみて本当に良かったです」
――お悩み相談の話ですが、美玲さんは今、悩みごとはありますか?
 「最近の悩みは、お買い物に行くと絶対に余計なものを買ってしまうことです(笑)。この前も兄の服を買いに母と行ったのに、2〜3時間、自分用のものを見てしまいました。そっちを買っていて、兄の服は閉店前の10分で選びました(笑)」
――ちなみに、『ぴーすおぶけーき』以前でも、演技に関して壁にぶつかったことはありましたか?
 「毎回、壁に当たっています。原作のないオリジナル作品だと、イチから自分で作るので、選択肢がいろいろある中、どっちに行けばいいんだろうと悩みます。でも、それが楽しくもあるんです。全部楽してできたら、つまらない気がします」
――日向坂46を離れた個人仕事では、やはり心持ちは違いますか?
 「全然違うかもしれません。何が違うかと言われたら、自分でもよくわかりませんけど、アイドルは極めていくというか。ひとつの曲の見せ方を、どんどん磨いていく感じなんです。ドラマはシーンごとにテイクを何回か重ねても、ひとつのお話を何回もやるわけではないから新鮮で、また違う楽しさがあります。私は演技経験がそこまでないので、学ぶことも多くて。できなくて悔しい気持ちにもなりますが、普段と違うことができるのは嬉しいです」
――今後も女優の仕事は続けていきますか?
 「好きなので、できたらいいなと思います。いろいろなドラマに出たいです」
――悪い役もやりたいとか?
 「すごくやりたいです!『リアル鬼ごっこ』とか『ミスミソウ』とか『キャラクター』、『哀愁しんでれら』も大好き。私にそういうイメージはないと思いますけど、狂気的な役もいつかやってみたいです」
取材・文/斉藤貴志
撮影/西田周平
スタイリスト/御手洗優
ヘアメイク/箕輪亜希乃、高木美都子
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム
[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場!
[インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表
[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー!
[インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015