久々にストレートな“スチャ的物語”が展開された、スチャダラパーのニュー・シングル「ライツカメラアクション」

スチャダラパー   2008/06/12掲載
はてなブックマークに追加
 スチャダラパーからレーベル移籍第1弾シングル「ライツカメラアクション」が到着! ドラマ『週刊真木よう子』のエンディング・テーマとしてOA中の表題曲は、SHINCOの手によるジャジーなトラックの上で、“男子の妄想”を綴ったリリックをBOSEとANIがラップするスウィンギンなナンバー。気になる今後も含め3人に話を訊いた。
 
  “電気グルーヴ×スチャダラパー”を皮切りに、SLY MONGOOSE+ロボ宙とのバンドThe Hello Worksの結成、そしてRIP SLYMEMr. Beats a.k.a DJ Celoryといった他アーティスト作品への参加など、ここ3年ほど、コラボレーション作品が目立ったスチャダラパー。
 「たとえば電気(グルーヴ)とやるのは難儀だなとか(笑) 、そういう部分もあるけど、それを越えれば面白みも味わえるから。前は客演も断り気味だったけど、やったら面白いこともあるかもしれないってモードには最近入ってて」(BOSE) というものの、これまでは、あまり積極的に客演に臨むタイプではなかったスチャ。
 「こっちの準備ができないと面白いのができなさそうっていう」(ANI)
「スチャダラの制作は時間がかかるから、そうなると他のことをやる余裕がなくなっちゃうんだよね」(BOSE)
「タイミングも重要だよね。今は時間があるからできるっていうのもある」(SHINCO)


 そう話すように、“ぱっとやって終わり”ということができないために、客演よりもじっくりと作れるコラボの形に収まるようだ。
 「あと、スチャダラは人見知りグループだから(笑)。たとえばリフを弾いてもらって、“それ格好良すぎるからダメ”とか普通は言えないんだけど、The Hello Worksの場合、友達的に仲良くもあったし、それが気兼ねなく言える状況で共作できたから、去年、一年間を費やせるだけ刺激的だったんだよね。その流れで今回のシングルも、塚本(功/g)くんと松田くん(浩二/key)に参加してもらって」(BOSE)

 新作「ライツカメラアクション」は、リミックス/リカットを除く純然たるシングルとしては実に10年ぶりとなる作品。ここ最近の作品で顕著だった、“モノの見方/思考法”的なリリックではなく、久々にストレートな“スチャ的物語”で構成されたリリックも印象深い。言い方は悪いが「文句を言わない」リリックだ。
 「でも、“文句言い”な部分は抜けてないよ(笑)」(SHINCO)
 「基本それありの、その土台の上でやるっていうのは前提になってるけどね。ただ、今回はドラマ(『週刊真木よう子』)のエンディング・テーマでもあるので、表向きはサラッとさせつつ」(BOSE)
 「大人のズルさを身につけてね(笑)。ドラマの内容も暗い話が多いから、暗いラップで、平日の深夜にテレビを観てる人をドヨーンとさせることもないし、せめて最後は“真木よう子可愛かったな〜”ぐらいの曲にしようと」(ANI)
 「“真木よう子、彼氏いんのかな〜”って(笑)」(SHINCO)
 「そして真木よう子のグラビアを切り抜いて、自作のエロ本編集人に(笑)」(ANI)

 
 「92〜93年のNYヒップホップみたいなのも久々に良いかなって。かつ、ありそうでない感じは狙ったかも」(SHINCO) というトラックも穏やかに鳴り、BOSEの歌っぽいフロウが印象的なフックと相まって、全体としてポップな印象が強い今作。しかし、最高にポップなのはANIならではのユルめなフロウが炸裂した〈♪どーも。いや、おげんこ〉という部分だろう。
 「ハハハ、懐かしい感じだよね。昔のANIって感じでスゲー面白かった。少し前に『5th Wheel 2 The Coach』をリマスターしたんだけど、聴いたらANIがバカすぎて(笑)」(BOSE)
 「スゲーぐったりしたもん(笑)」(SHINCO)
 「そういうのも忘れてたから入れてこうと。あれを求めてる層もいるから。これからもっとヒドくなるよ(笑)」(ANI)


  さて最後に、待望のアルバム、リリース時期だが、「これからだね。曲はちょこちょこ作り始めてるけど」(BOSE)、「年内? 年明け? 再来年?」(SHINCO)、「ま、中年たちが頑張っておりますので」(ANI) と、あくまでマイペースなスチャダラパー。今から期待してますよ!



取材・文/高木晋一郎





【スチャダラパー出演イベント】
“グループ魂の秩父ぱつんぱつんフェスティバル”
●公演日:08/06/21(土)〜22(日)
●会場:秩父ミューズパーク野外ステージ
●開場:11:00 /開演:13:00

●6月21日(土)
向井秀徳アコースティック&エレクトリック
JAPAN-狂撃-SPECIAL
グループ魂

●6月22日(日)
スチャダラパー
怒髪天
グループ魂

【スチャダラパーCM楽曲提供】
6月5日からオンエアが開始された、宮崎あおい出演、風とロックの箭内道彦ディレクターによる東京メトロ 副都心線開業開業告知CM「開業告知篇」「急行運転篇」に、スチャダラパーが書き下ろした新曲「Good Old Future」が起用されています。東京メトロのウェブサイトでCMがご覧になれます。気になる方は 東京メトロ公式サイトをチェック!
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015