いよいよ輝きの全貌が明らかに! SHINeeの日本1stアルバム『THE FIRST』が到着!

SHINee   2011/12/08掲載
はてなブックマークに追加
 2010年12月26日、東京・代々木代々木競技場第一体育館──SHINeeにとって初めての日本単独公演<SHINee THE 1ST CONCERT“SHINee WORLD”In JAPAN>が行なわれてから、ちょうど1年が経とうとしている。あの日のパフォーマンスは、その年の夏に出した2ndフル・アルバム『LUCIFER』とYouTubeで観たいくつかのヒット曲を予備知識として携えた程度のファンだった僕ですら2時間半以上ずっとエキサイトさせられるほど素晴らしいもので、足に怪我を負い本番に臨んだジョンヒョンがエンディングで悔し涙を見せた時に思わず温かい拍手を送ってしまったほど、気がつけば彼らの創り出す“SHINee WORLD”にどっぷりと入り込んでいたのでした。

 韓国でSHINeeがデビューしたのは2008年5月。デビュー曲は「누난 너무 예뻐-Replay-」。スロウ・テンポのR&Bというあまり例を見ない“最初の曲”からして、今思えば規格外な新人である。当時、リーダーのオンユが18歳、メンバー最年少のテミンに至ってはまだ14歳という若さでありながら、そのパフォーマンスは東方神起SUPER JUNIORといった先輩たちと同様のスピリッツをすでに感じさせ、「Love Like Oxygen」では韓国の各音楽チャートのNo.1を獲得。その後、次々とヒット曲を放っていくSHINeeだが、彼らの人気は、優しいリーダーのオンユ、ズバ抜けた歌唱力のジョンヒョン、多芸多才のキー、甘いルックスのミンホ、可愛らしさとパワフルさを兼ね備えたテミンといった各々のキャラクターもさることながら、その楽曲によるところももちろん大きい。歌謡マナーのメロディやフックありきのダンス・ミュージックというよりも、ビート感、グルーヴ感ありきのポップ・ソング──洋楽的なテイストの洗練されたサウンドをベースに発揮されるそのチャームに、ファンも“彼ららしさ”を見出してきたのだ。



写真左から、オンユ、ミンホ、テミン、キー、ジョンヒョン



『THE FIRST』/通常盤
 あの日のステージでSHINeeの日本デビュー決定がアナウンスされ、6月に「Replay -君は僕のeverything-」がデビュー曲としてリリースされた。8月には「JULIETTE」、10月には「LUCIFER」と同じく日本語ヴァージョンのシングルを重ねていった彼らだが、いよいよ日本での1stアルバム『THE FIRST』の到着である。前述のシングル3曲と「Love Like Oxygen」をはじめ、「Amigo」「JULIETTE」「Hello」といった本国でのヒット・チューン、そして韓国1stアルバムのタイトル曲「The SHINee World」のそれぞれ日本語ヴァージョンのほか、大人っぽいR&Bバラード「BETTER」、メロウなサビが耳をグッと引き寄せるダンス・ナンバー「To Your Heart」、ミッド・テンポのラヴソング「Always Love」、晴々しいポップ・チューン「START」、セクシーなコーラスも聴きどころのアーバンな一曲「Seesaw」といった5曲の日本オリジナル楽曲を収録。次々と韓国アーティストが日本デビューを果たしていくなか、日本語で歌うことによってヴォーカルのニュアンスが変わってしまう例も少なくないだけに、長らく韓国盤を親しんできたファンなどはまずそのあたりを注意深く聴いてしまいがちだろうが、SHINeeに関しては(先行のシングル曲ですでに確信はしていたけれど)まったく心配無用。言語の壁を越えて持ち前のグルーヴ感が十分に発揮されていることはもちろんのこと、ヴォーカル、コーラス、ラップなど本国でのアルバム同様に器用さを窺わせるパフォーマンスや甘すぎず渋すぎずなサウンド・クォリティーなど、あちらこちらからSHINeeというグループのとてつもない逞しさが窺える、まさに“ファースト”にふさわしい活きの良いアルバムだと言えるだろう。
文/久保田泰平
■SHINee 日本オフィシャル・サイト http://shinee.jp/

※12月7日発売
■SHINee JAPAN 1ST ALBUM『THE FIRST』

《初回生産限定SPECIAL BOX》TOCT-28050 税込6,000円
CD+DVD+豪華撮り下ろしPHOTO BOOKLET(88P)+オリジナルPLAYBUTTON+オリジナルカレンダー
[DVD]
01.SHINee JAPAN DEBUT PREMIUM RECEPTION DIGEST MOVIE in JAPAN
02.THE FIRST JACKET SHOOTING SKETCH

《初回生産限定盤》TOCT-28051 税込3,800円
CD+DVD+豪華撮り下ろしPHOTO BOOKLET(68P)+オリジナル卓上カレンダー
[DVD]
01.SHINee JAPAN DEBUT PREMIUM RECEPTION DIGEST MOVIE in JAPAN
02.SHINee JAPAN DEBUT PREMIUM RECEPTION DIGEST MOVIE in LONDON

《通常盤》TOCT-28052 税込2,800円
CD+撮り下ろしPHOTO BOOKLET(44P)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015