Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ

Sound Schedule   2020/01/09掲載
はてなブックマークに追加
 大石昌良(vo,g)、川原洋二(ds)、沖 裕志(b)からなる3人組Sound Scheduleは、結成以来20年以上になる息の長いバンドだ。ただ彼らは2006年にいったん解散し、約5年の空白期間を経て2011年に再結成しており、以降は年に1度のライヴ・ツアーを中心にマイペースで活動を続けている。2019年も9月から10月にかけて"PLACE2019"としてツアーを開催したが、10月12日に行なわれるはずだった恵比寿LIQUIDROOM公演が台風19号の影響で延期になってしまう。2020年1月3日に行なわれたのはその振替公演。メンバーにとってもファンにとっても待ちわびたはずの重要なライヴとなった。
Sound Schedule
Sound Schedule
 大石のMCによると、延期が決まった後にLIQUIDROOMで空いていたのはこの日だけだったそう。それが正月三が日になったわけだが、場内は満員の観客で埋め尽くされ、ライヴへの期待感をうかがわせた。その熱気に応えるようにして、1曲目「IQ兄弟」からダンサブルなビートに乗せてテンションの高い演奏で攻めていく。続く「世直しブッダ」「グッドタイムコミュニケーション」とアッパーでファンキーな曲を連発し、大石や沖はお立ち台に乗って観客を煽り、冒頭から沸点といえるくらいにヒート・アップ状態だ。
 前半はいわゆるアゲ曲でたたみかけていくが、その後はクール・ダウンしてじっくり聴かせるコーナーへ突入。ちなみにSound Scheduleの楽曲を書く大石は、“オーイシマサヨシ”の別名義で多くのアニソンなどを手がけるソングライターでもあり、とくにエヴァーグリーンなメロディメイカーとしての才能は非凡なものがある。それだけに彼らの楽曲はアッパーな曲から静かな曲まで幅広く、どの曲もキャッチーで強い吸引力を放っているのが大きな魅力だ。
Sound Schedule
 中盤のミディアム曲が続くパートになると、彼のメロディ・センスがいっそう浮き彫りになる。6曲目の「スペシャルナンバー」で哀愁のメロディを大石が熱く歌った後、「僕の好きな曲を3曲メドレーでやります」と語り、「運命の人へ」「フリーハンド」「わけあり」と、リリカルなメロディが際立ったバラード的な曲を連発し、観客を引きつけていた。
 続いてフロントの大石と沖がイスに座り、アコースティック・コーナーへ。「ストリート・ライヴでやっていた」というスウィートなラブ・ソング「愛のかたち」、ドラマーの川原がコーラスを付ける叙情的な曲「シチューが飲みたくなる唄」を、ナチュラルな演奏でしっとりと聴かせていく。
Sound Schedule
 後半のラスト・スパートに入ると怒涛のキラー・チューンで押しまくり、観客の盛り上がりも最高潮に。「君という花」「コンパス」「ピーターパン・シンドローム」あたりでは観客のすさまじい合唱が沸き起こり、大石のヴォーカルもいっそうエモーショナルになり、場内の一体感がすごい。そして本編ラスト、「今ここにあるもの」ではスケール感にあふれた演奏を展開し、最後は大石が圧巻のギター・ソロを聞かせて終了した。
 アンコールでは大石が「これからもいろんなことを全力でやっていきたい」「年に1回でも僕らだからできている、自慢のバンドです」と誇らしげに語っていた。マイペースの活動だからこそ、バンドの状態はすこぶる良好なようで「最近はものすごく仲がいい」とも言っている。たしかに3人のアンサンブルの良さやぴったりと合った呼吸感は、そうしたコンディションでなければ成し得ないだろうし、血の滴るような鮮度の高い演奏は現在進行のバンドということを強く感じさせるものだ。
Sound Schedule
Sound Schedule
 ダブル・アンコールのラスト「ことばさがし」は、エネルギッシュな演奏とファンの熱い愛情とが相まって、とてもポジティヴな空間を生んでいた。あらためて彼らの今後の展開が楽しみになるライヴだった。
 また、今回のライヴの模様が映像収録されて、2020年春にバンドとしては初のBlu-ray作品として発売されるとのアナウンスもあった。詳細は後日発表とのこと。こちらも楽しみにしてもらいたい。
Sound Schedule
Sound Schedule LIVE TOUR“PLACE2019” 東京振替公演
2019年1月3日(金)東京 恵比寿LIQUIDROOM

01. IQ兄弟
02. 世直しブッダ
03. グッドタイムコミュニケーション
04. さらばピニャコラーダ
  MC
05. 幼なじみ
06. スペシャルナンバー
  MC
07. 運命の人へ
08. フリーハンド
09. わけあり
  MC
〈アコースティック・コーナー〉
10. 愛のかたち
11. シチューが飲みたくなる唄
  MC
12. 言葉以上に
13. 君という花
14. コンパス
15. ピーターパン・シンドローム
  MC
16. 今ここにあるもの

EN01. 吠える犬と君
EN02. アンサー

WEN01. ことばさがし
取材・文/小山 守
撮影/大参久人
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015