初主演映画『アブラクサスの祭』が公開中のスネオヘアー、新曲は、TVアニメ『荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ』のエンディング曲

スネオヘアー   2010/12/27掲載
はてなブックマークに追加
 前作「逆様ブリッジ」に続き、新曲「赤いコート」がTVアニメ『荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ』のエンディング・テーマに起用されたスネオヘアー。その「赤いコート」を表題曲にした4曲入りミニ・アルバムが、現在好評発売中だ。先日公開したばかりの初主演映画『アブラクサスの祭』の内容も含め、じっくりと話を聞いた。



――「赤いコート」は、そもそもアニメのタイアップを意識して作られた曲なんですか?
スネオヘアー(以下、同)「一応はタイアップで、というオーダーをいただいたんですけど、楽曲自体は特に(アニメを)意識しなくてもいいということで。なので、わりと自由に作らせていただきました」
――全体的な印象としては、まずサウンドに冬らしい季節感が出ているなぁと感じました。
「そうですね。この曲に限らずですが、季節感はやっぱり出てきちゃいますね。今回のサウンドは、メインがパーカッションとアコースティック・ギターなので、そういう木の鳴りもの感というか。なんか、北欧っぽいイメージですよね。すごくポップだと思っています」


――よく聴くといろんな楽器も入ってますよね?
「はい。主にパーカッション領域のものが。シンセとかエレキとかは一切使ってないんです。ベルとかカスタネットとか、今回は“人力感”のある楽器が多いんです。でもその人力感にグッとくる部分があるんじゃないかなって」
――歌詞についてもおうかがいしたいのですが、サビの“迷宮”という言葉しかり、なんとなくファンタジックですよね。その辺は少しアニメの主題歌っぽいなって思いました。
「あぁ、そうですね。例えば、“迷宮”とかは今までの自分ならタブーだったと思うんです(笑)。言葉選びについては、これはアリかナシかとか、ロックかロックじゃないかみたいな線があって、昔はそういうものばかりに囚われてやってましたけど、今は何も気にしてないですね」
――2010年は長年在籍したレコード会社からの移籍など、いろいろな環境の変化があった年ですよね。そのあたりも歌詞には影響していますか?
「してると思いますね。<赤いコート>に限らず、カップリングの<Beep Yeah>や<メールして>もそうかな。まぁ、一言でいえば“辛かったな、大変だったな”っていうことなんですけど」
――そういう気持ちって、ストレートに歌詞に表現されていくんですか?
「出していくところは、そのまま出しますね。ただ、キツイとかそういう思いって、ひとつで感じてるといろいろな感情にも影響してくるし、恋愛とか仕事とか、生活面も含めて繋がってくるものだと思うんです。だから今は“この曲はこういう曲です”って、カテゴライズできない歌が多いんですよね」
――では次は、現在公開中の主演映画『アブラクサスの祭』について。これはどういう作品になんですか?
「僕はよく“答えが出ない映画”って言ってて。見て何か明快な答えが出るっていう感じではないんです。ただ、人の気持ちに問いかけるというか、引っかかる要素は何かしらあると思うので。ぜひ見ていただきたいですね」
――スネオさん演じる悩める僧侶・浄念が、音楽に向き合うことで懸命に生き抜こうとするストーリーですよね。
「そうなんです。お坊さんってやっぱり、どこか達観した人とかって思われがちなんですけど、でも実際は普通の人と同じように悩みを持ってたりもして。そのあたりの描写や、主人公・浄念と周囲の人々との関係から、何かを感じてもらえたらと思いますね。あと、今作は音楽とも非常に結びつきの強い映画なので、原作を読まれた方も、映像でより立体的に楽しんでもらえると思います」
――では最後に、やや無茶振りですが(笑)、「赤いコート」にちなんでスネオさんの2010年を色に例えると?
「それはもう、(目の前のコーヒーを指して)こういう色ですよ(苦笑)。真っ黒ではないんですけど。音楽的な環境も今までと180度変わりましたし、実はプライベートでもそんなところがあって。ただ、キングレコードとのご縁があったり、ミニ・アルバムも2枚出させていただいて。映画もいよいよ公開するし、だんだん形になってきてることもいっぱいあって、いいこともたくさんあるんですけど。12月に入って、切り替えていけそうだなって気はしています」
――2011年は?
「そりゃもう素敵な年にしたいですね。色でいうと、コスモスみたいな(笑)。今はひとつひとつをちゃんとやっていくことで、繋がっていくんじゃないかと信じてます」
取材・文/川倉由起子(2010年12月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015