HERE ARE THE BAWDIES!!! バンドの新たな始まりを宣言するアルバム『THIS IS MY STORY』を発表

THE BAWDIES   2009/04/17掲載
はてなブックマークに追加
 2004年の結成以来、熱狂のダンス・フロアを前に、世界基準の最新型ロックンロールを披露してきたTHE BAWDIES。限定7インチアナログ盤/配信シングル「EMOTION POTION」に続き、アルバム『THIS IS MY STORY』を発表! ルーツの焼き直しに留まることなく、深みを増して加速する彼らの新たな始まりを宣言する一枚だ。



 往年の黒人音楽に対する熱い思いをポップかつ小気味よいサウンドに昇華し、インディーズ・シーンで人気を博したTHE BAWDIES。「黒人になりたいと本気で思ってるんですよ(笑)」とはROY(vo、b)の弁だが、米60'sガレージを代表するソニックスのプリミティヴなエモーションに衝撃を受けたことをきっかけに、その元となったソウルやリズム&ブルース、ロックンロールを掘り下げていった彼らが、メジャー第一弾アルバム『THIS IS MY STORY』をリリースする。
 「THE BAWDIESとしてのカラーを出すことのできた実質上のファースト・アルバムということで、このタイトルなんです。自分たちのオリジナリティの中にルーツ音楽が見える作品を作ることができたというか。もちろん結成当初から僕らなりのサウンドを目指してはいたんですけど、過去の2作品ではルーツ音楽を消化しきれていない部分があったし、まずは血肉化することから始めようと考えていたんです。そんな中、前作の反応を見て、自分たちなりの音楽を作ってもブレないし、芯のあるものができるという手応えを感じることができたんですよ。それに、メジャーということで今まで以上にいろいろな人に聴いてもらえる機会が増えるわけで、僕らに初めて触れるリスナーに向けても、THE BAWDIESとしての新しいロックンロールをやっているバンドなんだってことを示したかったんです」 (ROY)





 そんなメンバーの思いをより良い形で具現化するのにひと役買ったのが、先行シングル「EMOTION POTION」を含む全4曲のプロデュースを手掛けたNAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)だ。彼は兄貴分的な立場でバンドの持ち味を引き出し、そのフィード・バックは、バンド自体のセルフ・プロデュースによる残りの楽曲にも色濃く反映されている。
 「NAOKIさん自身、ルーツを大事にしながらも新しいものを生み出そうとしている人じゃないですか。そういった意味では、オーソドックスなフレーズに加えただけで新しいものに聞こえるスパイスなんかを教えてもらい、さらに楽曲の展開を広げられるようになりましたね」 (TAXMAN/g)
 「ドラマーの自分としては、技を使わずにその楽曲をよくするためのリズムの取り方というか、逆に言えば、単純にリズムを刻むだけでも格好よくできるんだってことを教えてもらいました」 (MARCY/ds)
 「要は各人を楽曲そのものに向かわせてくれたってことだと思います。個人個人のこだわりを捨て、楽曲をよりよく聴かせるためにはどうしたらいいのかってことに気づかせてくれたというか」(JIM/g)


 確かに、それまでにあったライヴ感を損なうことなく、“作品”としての各曲の完成度が一段と高まった感は強い。また、ROYは何度も「ロックンロールは本来、ダンス・ミュージックだったはず」と強調したが、21世紀を生きるバンドとしてTHE BAWDIESが、改めて“ロックンロール”とは何なのかを世に問いかけているといった感も新たになった。
 「僕ら、オーストラリアで2回ライヴをやってるんですよ。向こうって日本よりもロックンロールがしっかりと根付いているわけで、年齢問わず楽しみ方を分かっている。それで現地のお客さんが言ってくれたのが、“日本のバンドはパフォーマンスも凝ってるし、ファニーな楽しませ方も知っている。でも、お前たちのように、サウンドのみの真剣勝負でライヴをやろうとしたバンドは初めてだ”ってことだった。その言葉はうれしかったですよ」 (ROY)


 今後の日本での活躍ももちろんだが、彼らの根ざすルーツ音楽の本場、アメリカでどのようなリアクションを得るのか。『THIS IS MY STORY』は、あれこれと想像が膨らむ快作だ。



取材・文/兒玉常利(2009年4月)



【THE BAWDIES「THIS IS MY STORY」TOUR 2009】

●5/10 (日)
●千葉 LOOK
●開場18:00/開演18:30
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:毛皮のマリーズ、a flood of circle
※お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION/03-5720-9999
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:319-336)
 ローソンチケット(Lコード:71585)
 e+(http://eplus.jp/

●5/17 (日)
●郡山 CLUB #9
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 3000/3500(+1drink)
●共演:武藤昭平+ウエノコウジ、毛皮のマリーズ
●DJ:馬場康治(ROLL)、INOUE(JUNKY HIPPY SHAKE)
※お問い合わせ:ノースロードミュージック仙台/022-256-1000
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:317-342)
 ローソンチケット(Lコード:22091)
 e+(http://eplus.jp/

●5/19 (火)
●秋田 Club SWINDLE
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2000/2500(+1drink)
※お問い合わせ:ノースロードミュージック秋田/018-833-7100
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:317-343)
 ローソンチケット(Lコード:22092)
 e+(http://eplus.jp/

●5/20 (水)
●盛岡 CLUB CHANGE
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2000/2500(+1drink)
※お問い合わせ:ノースロードミュージック仙台/022-256-1000
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:317-345)
 ローソンチケット(Lコード:22093)
 e+(http://eplus.jp/

●5/21 (木)
●八戸 ROXX
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2000/2500(+1drink)
●共演:LAZYgunsBRISKY …etc
※お問い合わせ:ノースロードミュージック秋田 018-833-7100
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:317-346)
 ローソンチケット(Lコード:22094)
 e+(http://eplus.jp/

●5/23 (土)
●札幌 KRAPS HALL
●開場18:00/開演18:30
●ADV/START 2000/2500(+1drink)
●共演:Jake stone garage、LAZYgunsBRISKY
※お問い合わせ:ノースロードミュージック秋田 018-833-7100
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:317-347)
 ローソンチケット(Lコード:22095)

●5/27 (水)
●高岡 Clover Hall
●開場19:30/開演20:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:怒髪天 …etc
●DJ:TSUNE(ROLL)、MIYAMACHI BABY、YAMATANI、RYUKKE
※お問い合わせ:Clover Hall/0766-28-0428
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:318-778)
 ローソンチケット(Lコード:55294)
 エンタメスタイル
 e+(http://eplus.jp/

●5/28 (木)
●金沢 vanvan V4
●開場19:30/開演20:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:怒髪天 …etc
●DJ:TSUNE(ROLL)、KINOU(BLACKPARTY)、ジョニー河瀬(GOODRATZ!!)
※お問い合わせ:vanvan V4 076-223-7565
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:318-780)
 ローソンチケット(Lコード:55379)
 エンタメスタイル
 e+(http://eplus.jp/

●5/30 (土)
●岐阜 CLUB ROOTS
●開演19:00
●ADV/START 3000/3500(+1drink)
●共演:怒髪天、THE SAX-NIGHT
●DJ:楠部真也(Radio Caloline)、HOWL (RUDE GALLERY) 、TSUNE (ROLL)、MORIMOTO (CANDY STORE)、IKEDO(L.W.C)、SHUNSUKE(L.W.C)
※お問い合わせ:CLUB ROOTS 058-248-7565
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:318-379)
 ローソンチケット(Lコード:43838)

●6/4 (木)
●高崎 club FLEEZ
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:毛皮のマリーズ、SCOOBIE DO
※お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:319-340)
 ローソンチケット(Lコード:71585)
 e+(http://eplus.jp/

●6/6 (土)
●豊橋 CLUB BIRTH
●開演20:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:The Symphonix、clock blocker
●DJ:ABE (VEL-VET) 、CHIHIRO (ROAD)、DA13KE (RIVER)、MAEKAWA (OUT OF ORDER) 、MORIMOTO (Candy Store)
※お問い合わせ:CLUB BIRTH 0532-55-0592
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:318-897)
 ローソンチケット(Lコード:43881)
 e+(http://eplus.jp/

●6/7 (日)
●京都 磔磔
●開場17:30/開演18:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:KING BROTHERS
※お問い合わせ:SOUND CREATOR 06-6357-4400
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:318-880)
 ローソンチケット(Lコード:55153)
 e+(http://eplus.jp/

●6/9 (火)
●松山 Bar Caezar
●開演20:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
※お問い合わせ:Bar Caezar 089-932-7644
※チケット:
 ローソンチケット(Lコード:63538)、店頭

●6/10 (水)
●高松 DIME
●開場18:00/開演18:30
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:THE NEATBEATS、andymori …etc
※お問い合わせ:DIME 087-862-4440
※チケット:
 ローソンチケット(Lコード:63475)
 d-ticket(16124)

●6/12 (金)
●神戸 VARIT.
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:andymori、THE NEATBEATS …etc
※お問い合わせ:SOUND CREATOR 06-6357-4400
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:318-880)
 ローソンチケット(Lコード:55153)
 e+(http://eplus.jp/

●6/13 (土)
●広島 NAMIKI JUNCTION
●開場18:00/開演18:30
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:andymori、Jackson vibe …etc
※お問い合わせ:YUMEBANCHI 082-249-3571
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:318-493)
 ローソンチケット(Lコード:63538)
 e+(http://eplus.jp/
 PG:広島市>> デオデオ本店、ヤマハ広島店

●6/15 (月)
●鹿児島 SR HALL
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2000/2500(+1drink)
●共演:The Cigavettes …etc
※お問い合わせ:SR HALL 099-227-0337
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:597-427)
 ローソンチケット(Lコード:89798)
 店頭

●6/16 (火)
●大分 T.O.P.S
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2000/2500(+1drink)
●共演:The Cigavettes …etc
※お問い合わせ:T.O.P.S 097-533-0467
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:597-426)
 ローソンチケット(Lコード:89846)
 店頭

●6/18 (木)
●長崎 DRUM Be-7
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2000/2500(+1drink)
※お問い合わせ:DRUM Be-7 095-827-7020
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:597-500)
 ローソンチケット(Lコード:89695)
 店頭

●6/19 (金) <ワンマン>
●福岡 DRUM SON
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
※お問い合わせ:TSUKUSU 092-771-9009
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:318-476)
 ローソンチケット(Lコード:85871)
 e+(http://eplus.jp/
 店頭

●6/21 (日)
●岡山 PEPPER LAND
●開場18:00/開演18:30
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:KING BROTHERS
※お問い合わせ:YUMEBANCHI 086-231-3531
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:318-494)
 ローソンチケット(Lコード:63539)
 e+(http://eplus.jp/
 PG:岡山市>> ぎんざや、ペパーランド / 倉敷市>> INN DISK

●6/22 (月)
●浜松 窓枠
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
●共演:Holidays Of Seventeen …etc
※お問い合わせ:WALKIN'FISH 0538-37-6660
※チケット:
 チケットぴあ(Pコード:319-367)
 ローソンチケット(Lコード:43990)
 e+(http://eplus.jp/

●6/26 (金) <ワンマン>
●仙台 enn
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
※お問い合わせ:ノースロードミュージック仙台 022-256-1000
※チケット:発売日5/16(土)〜
 チケットぴあ(Pコード:22096)
 ローソンチケット(Lコード:317-348)
 e+(http://eplus.jp/

●6/27 (土) <ワンマン>
●新潟 CLUB JUNK BOX mini
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
※お問い合わせ:FOB新潟 025-229-5000
※チケット:発売日5/16(土)〜
 チケットぴあ(Pコード:318-187]
 ローソンチケット(Lコード:72757]
 CNプレイガイド
 エンタメスタイル
 e+(http://eplus.jp/
 店頭

●7/3 (金) <ワンマン>
●名古屋 APPOLO THEATER
●開場18:30/開演19:00
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
※お問い合わせ:JAIL HOUSE 052-936-6041
※チケット:発売日5/16(土)〜
 チケットぴあ(Pコード:43797)
 ローソンチケット(Lコード:318-105)
 e+(http://eplus.jp/

●7/4 (土) <ワンマン>
●梅田 Shangri-La
●開場18:00/開演18:30
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
※お問い合わせ: SOUND CREATOR 06-6357-4400
※チケット:発売日5/16(土)〜
 チケットぴあ[Pコード:318-881)
 ローソンチケット[Lコード:55154)
 e+(http://eplus.jp/

●7/11 (土) <ワンマン>
●渋谷 CLUB QUATTRO
●開場18:00/開演18:30
●ADV/START 2500/3000(+1drink)
※お問い合わせ: HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
※チケット:チケット発売日:5/16(土)〜
 チケットぴあ(Pコード:319-342)
 ローソンチケット(Lコード:72299)
 e+(http://eplus.jp/
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015