ビーチ・ボーイズ50周年! 現存のオリジナル・メンバーによる奇跡の新作『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ〜神の創りしラジオ〜』」

ビーチ・ボーイズ   2012/06/06掲載
はてなブックマークに追加
 今年、ビーチ・ボーイズがデビューして50周年を迎え、ブライアン・ウィルソンを含む現存するオリジナル・メンバーにて奇跡の再結集。そしてファン待望のニュー・アルバム『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ〜神の創りしラジオ〜』を6月4日にリリースしました。本記事ではこの作品の魅力を解説。メンバーのインタビュー映像(日本語字幕付)とともにお楽しみください!


(C)Robert Matheu


ブライアン・ウィルソン、マイク・ラブらメンバー全員が“再結成”などについて語っています。レコーディング風景も。

The Beach Boys - Reunion In Harmony(字幕付き)

The Beach Boys - Single Sizzle Reel(字幕付き)

【Review】ポップ・ミュージックとしての淀みのなさ
文/真保みゆき
(C)Guy Webster
ビーチ・ボーイズ
「ゴッド・メイド・ザ・ラジオ〜神の創りしラジオ〜」
 “インストゥルメンタル”。そうクレジットされているオープニング曲「あの頃に...」を聴いた瞬間、あっと思った。メンバーの声が幾重にも重なるコーラス。歌詞がないことで、このグループならではのハーモニーがいっそう際立っている。ビーチ・ボーイズのオリジナル・ニュー・アルバム『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ〜神の創りしラジオ〜』は、文字通り“直球”と思えるそんな1曲で幕開けする。

 1962年、キャピトル・レーベルからリリースされたファースト・シングル「サーフィン・サファリ」から数えて、ちょうど50周年。グループとしての大きな節目に当たる年に発表された新作であることもさることながら、2011年11月、長らく未完成な状態が続いてきた“幻のアルバム”『スマイル』が、ついにオフィシャルな完成盤として世に出た。そうした背景も、このニュー・アルバムが感じさせる迷いのなさに、影響を与えているのかもしれない。60年代後半、そのレコーディングが迷路にはまり込んだ成り行きを含め、正式なリリースまであまりにいろいろあり過ぎた『スマイル』とは対照的。誰もがそうと認める“ビーチ・ボーイズらしさ”をごく素直に発散していこう。メンバー自身のそんな姿勢が、歌声はもとより曲調からもストレートに伝わってくるからで、曲名からして“ラジオ讃歌”になっているアルバム・タイトル曲は、まさにその象徴。ミディアム・スローの三連に乗って歌われる、ほのかにメランコリックなメロディ、そしてハーモニー・コーラスに、思わず膝を叩く向きも少なくないのでは。


【日本盤ボーナス・トラック】ザ・ビーチ・ボーイズ/恋のリバイバル(50周年記念エディション)
【日本盤ボーナス・トラック】
ザ・ビーチ・ボーイズ/恋のリバイバル
(50周年記念エディション)
 ブライアン・ウィルソンが全曲のプロデュースと作曲の大半を担当する一方、マイク・ラヴがエグゼクティヴ・プロデューサーの位置につく。そんなバランスも、一時は訴訟合戦にまで発展した両者の確執を思うと“感慨”以外の何物でもないが、それ以上に心動かされるのは、ポップ・ミュージックとしての淀みのなさ。“原点回帰”というのとも微妙に違う、バンドとして一山も二山も越えた彼らだからこそ到達することができた、晴れ晴れとしたポップさである。キャピトル・デビュー以前メンバーだったデヴィッド・マークスが、晴れて正式メンバーとして参加。からりとしたギターで“らしさ”倍増に貢献している。その一方で、これはブライアンらしさの発露とも言えるポケット・シンフォニー的な楽器づかいも、そこここに登場する。歌詞からして寓話的な「ビルとスーの私生活」で聴かれるヴィブラフォンの、愛らしくも効果的な響きといったらない。『スマイル』発表の半年後リリースされただけのことはある。そう実感させられる所以でもある。

 終盤を飾る「パシフィック・コースト・ハイウェイ」、そして「過ぎゆく夏」が、いまや老境を迎えたメンバーたちの諦観をうかがわせる、それと同時にいまなお音楽に寄せる若々しい思いをも感じさせる。そうした構成も心にくい。ブライアン、ラヴ、マークスに加え、アル・ジャーディンブルース・ジョンストンという、現存する顔ぶれではこれ以上望めないこの新作の布陣で、日本公演を含む大規模なツアー日程も、発表されたばかりだ。
(C)Guy Webster
<ビーチ・ボーイズ 日本公式サイト>
ライヴ・レポートなど最新情報も充実! http://emimusic.jp/intl/beachboys/

<ビーチ・ボーイズ来日ツアー>
ブライアン・ウィルソン&ビーチ・ボーイズ、33年ぶりの来日!

●東京
2012年8月16日(木)千葉 QVCマリンフィールド 開場 15:00 / 開演 16:30
GUEST:AMERICA
S指定席:税込9,000円 / A指定席:税込8,000円
※お問い合わせ:クリエイティブマン 03-3462-6969

●大阪
2012年8月17日(金)大阪中央体育館 開場 18:00 / 開演 19:00
GUEST:AMERICA
S指定席:税込9,000円 / A指定席:税込8,000円
※お問い合わせ:キョードーインフォメーション 06-7732-8888

●名古屋
2012年8月19日(日)愛知 名古屋 日本ガイシホール 開場 16:00 / 開演 17:00
GUEST:AMERICA
S指定席:税込9,000円 / A指定席:税込8,000円
※お問い合わせ:サンデーフォーク 052-320-9100

※チケット発売中
協力:EMI MUSIC JAPAN
総合主催・企画・制作・招聘:クリエイティブマン www.creativeman.co.jp/artist/2012/08beach
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015