ザ・ビートルズ   2009/09/08掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖! ****【衝撃度】付き****(3)


ヘルプ!ヘルプ!
HELP!

(TOCP-71005/1965年8月発売)


01.ヘルプ
Help!
Lennon-McCartney
同名映画の主題歌として書かれ、イギリスでの10枚目のシングルとなったジョンの代表曲。全体的に重量感がアップ。ジョンの生ギターとリンゴのタンバリンがはっきり聞こえる。
02.ナイト・ビフォア
The Night Before
Lennon-McCartney
ポールお得意の軽快なロック・ナンバー。この曲も重量感が増している。ポールのヴォーカルにエコーがかかっているのがはっきりわかる。
03.悲しみはぶっとばせ
You've Got To Hide Your Love Away
Lennon-McCartney
ボブ・ディランの「時代は変わる」の作風を真似てジョンが作った曲。ジョンの艶のあるヴォーカルの表情がくっきり。タンバリンを叩くリンゴの存在も間近に感じられる。
04.アイ・ニード・ユー
I Need You
Harrison
「ドント・バザー・ミー」に続いてジョージが書いたポップ・ロック・ナンバー。ポールのベースがでかく、ボンボン唸っている。リンゴのカウベルもはっきり。
05.アナザー・ガール
Another Girl
Lennon-McCartney
ポール作の軽快なナンバーで、リード・ギターもポールが弾いている。全体的に重量感はアップし、特にポールのベースが重く聞こえるほかには大きな変化はない。
06.恋のアドバイス
You're Going To Lose That Girl
Lennon-McCartney
ジョン作の軽ポップ・ロック・ナンバー。ジョンのヴォーカルが明快に響き、ベース、ドラム、ボンゴも重厚に。間奏のジョージのエレキもさらに歯切れのいい音に。
07.涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド)
Ticket to Ride
Lennon-McCartney
イギリスでの10枚目のシングルとなったジョンの作品。もともと重量感のある曲だが、それでもポールのベースはぶっとくなり、リンゴのタンバリンもよく聞こえる。
08.アクト・ナチュラリー
Act Naturally
V.Morrison-J.Russell
バック・オウエンスのカントリー曲をリンゴが歌う。ジョンの生ギター、リンゴのドラム(特に間奏でのリムをスティックで叩いた音)、間奏のジョージのエレキがクリアに。
09.イッツ・オンリー・ラヴ
It's Only Love
Lennon-McCartney
ジョンが書いたフォーク調のバラード・ナンバー。ジョンのヴォーカルの色気が増し、リンゴのタンバリンもくっきり。
10.ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ
You Like Me Too Much
Harrison
ジョージ作のマイルドな作品。ポールとジョージ・マーティンによるイントロのピアノがはっきりと聞こえる。ジョージのヴォーカルも広がりが出て、リンゴのドラムも明快。
11.テル・ミー・ホワット・ユー・シー
Tell Me What You See
Lennon-McCartney
エレキ・ピアノとパーカッションが印象的なポールの作品。リンゴのタンバリンとクラベスがくっきり。ポールのヴォーカルもはっきり聞こえる。
12.アイヴ・ジャスト・シーン・ア・フェイス(夢の人)
I've Just Seen a Face
Lennon-McCartney
ポールが作ったカントリー調の佳曲。ジョンとポールの生ギターがよりまろやかになり、リンゴのマラカスや間奏の生ギターもはっきり聞こえる。
13.イエスタデイ
Yesterday
Lennon-McCartney
知らない人は誰もいないポール作のスタンダード曲。ポールのヴォーカルが前面に出て、名唱がさらに堪能できる。ポールの生ギターとストリングスのバランスもばっちり。
14.デイジー・ミス・リジー
Dizzy Miss Lizzy
L.Williams
ラリー・ウィリアムスのカヴァー曲。出だしのジョンの叫びからして違う。エコーがかかった歌声はさらに強靭・凶暴に。ジョージのエレキ・ギターも、刺すような攻撃性が増大。





ラバー・ソウルラバー・ソウル
RUBBER SOUL

(TOCP-71006/1965年12月発売)
01.ドライヴ・マイ・カー
Drive My Car
Lennon-McCartney
ポールが中心になって書いたモータウン調のR&B曲。ポールとジョンのヴォーカルが強く響く。ポールのベースもでかく、ジョンのカウベルとタンバリンもはっきり主張している。
02.ノーウェジアン・ウッド
Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
Lennon-McCartney
こちらはジョンが中心になって書いたフォーキーな曲。シタールが使われている。ジョンの生ギターの爪弾きがはっきり聴き取れる。リンゴのバスドラムとタンバリンもクリア
03.ユー・ウォント・シー・ミー
You Won't See Me
Lennon-McCartney
ポールが書いたミディアム調のポップな佳曲。全体的に拡がりのあるサウンドになり、ポールのヴォーカルも明快。ポールのベースもでかい。
04.ひとりぼっちのあいつ
Nowhere Man
Lennon-McCartney
コーラスの魅力が堪能できるジョン作のポップ・ロック。イントロの3人のハーモニーにエコーがかけられているのがはっきりわかる。この曲もポールのベースがでかい。
05.嘘つき女
Think For Yourself
Harrison
ジョージ作のロック・ナンバー。ジョンとポールのコーラスに拡がりが出たが、ポールのファズ・ベースはそれほど目立たず、むしろリンゴのマラカスとドラムがよく聞こえる。
06.愛のことば
The Word
Lennon-McCartney
ジョンが中心になって書いたR&B調の雰囲気もある佳曲。ポールのベースはやや大きいが、全体的に重量感が増し、アメリカ編集版収録ミックスのような音になった。
07.ミッシェル
Michelle
Lennon-McCartney
中期を代表するポールのバラードの傑作。ジョンの生ギターとリンゴのドラムがクリアになり、ポールのヴォーカルとジョン&ジョージのコーラスもよく聞こえる。
08.消えた恋
What Goes On
Lennon-McCartney-Starkey
リンゴが初めて作者に名を連ねた軽快な作品。ポールのベースとリンゴのドラムが大きく、コンビネーションもばっちり。ジョンのリズム・ギターも明快に。
09.ガール
Girl
Lennon-McCartney
ポールが「ミッシェル」ならジョンはこの曲。ジョンの声がなぜ天下一品なのかはこれを聴けばわかる。ジョンのブレス(息つぎ)もポール&ジョージのハーモニーも生々しい絶品。
10.君はいずこへ
I'm Looking Through You
Lennon-McCartney
ポールが書いたアコースティックなポップ・ナンバー。パーカッション代わりの手拍子が明快で、リンゴのドラムやジョージのタンバリンも主張が強い。
11.イン・マイ・ライフ
In My Life
Lennon-McCartney
ジョンが生まれ故郷に想いを馳せて書いた傑作。ジョンのエレキ・ギターがよりクリアになり、ポールのベースもでかい。間奏のジョージ・マーティンのピアノもはっきり聞こえる。
12.ウェイト
Wait
Lennon-McCartney
ジョンとポールが書いた軽快な作品で、『ヘルプ!』のセッション・テイクに手を加えて完成させた。リンゴのドラムとジョンのタンバリンなど全体的に楽器がクリアになった印象。
13.恋をするなら
If I Needed Someone
Harrison
ジョージが久しぶりに12弦ギターを弾いたフォーク・ロック調の曲。ジョージの12弦ギターとリンゴのタンバリンがキラキラ感を増している。ポールのベースもやや大きめか。
14.浮気娘
Run For Your Life
Lennon-McCartney
エルヴィス・プレスリーの曲をモチーフにジョンが作ったロック・ナンバー。ポールとジョージのハーモニーがよく聞こえる。ポールのベースとリンゴのタンバリンも前面に出た。


文/藤本国彦
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015