スパイ映画やSF映画のサントラを思わせるドリーミーでクールなサウンドを展開するザ・バード&ザ・ビーの2ndアルバム

ザ・バード&ザ・ビー   2008/12/12掲載
はてなブックマークに追加
 レトロ・ポップなエレクトロ・サウンドで大きな注目を集めた1stアルバム『ザ・バード&ザ・ビー』から約1年9ヵ月、“トリハチ”こと、ザ・バード&ザ・ビーが2ndアルバム『ナツカシイ未来(Ray Guns Are Not Just The Future)』を完成させた。60年代のスパイ映画やSF映画のサントラにも合い通じるドリーミーでクールなサウンドを展開する今作について、女性ヴォーカリスト、イナラ・ジョージにメール・インタビューを試みた。


 アメリカで夏に発売されたイナラ・ジョージの2ndソロ『AN INVITATION』(ヴァン・ダイク・パークス・プロデュース)の日本リリースを今や遅しと待っていたら、なんと! グレッグ・カースティンとのデュオ、ザ・バード&ザ・ビーの2ndアルバム『ナツカシイ未来(Ray Guns Are Not Just The Future)』(アメリカでは、来春発売)の方が一足先に日本先行という形で発売された。これが、前作のエレクトロ・レトロ・ポップ路線をさらに押し進めたドリーミーでクールな出来映え。日本盤には、ボーナス・トラックとして、コーネリアスとのコラボレーションによる日産MOCOのTV-CFソング「ハート・アンド・アップル」も収録されており、話題を呼んでいる。


1stアルバムと今回の新作の間に4度の来日、さらにソロ・アルバム『AN INVITATION』の制作、ライヴなどもあって、極めて多忙だったと思うのだが、新曲作り〜レコーディングにそれほどプレッシャーは感じなかったようだ。
 「 前のアルバムを完成させたあと、グレッグと私はいろんなところで新曲の制作を続けてきて、いくつかの曲はEP(『プリーズ・クラップ・ユア・ハンズ』)に入れたし、いくつかは新作のために残しておいた。いつも曲を作ろうとする意欲は持ち続けていたから、締め切りに追われて曲を作らなきゃ、ってことはなかったわ」
 今回のアルバムには「WITCH」など、かつてのボンド映画やジェーン・フォンダが主演した映画『バーバレラ』の音楽を思わせるような楽曲がある。アルバム・タイトルやアートワークも含めて、60年代のスパイ映画、SF映画のような雰囲気が漂っているのも興味深い点だ。『ナツカシイ未来』という邦題もイナラとグレッグが目指したコンセプトをうまく表わしている。
 「昔にみんなが思った“未来”というものに、今の時代が追いついたってことかしらね。 未来はこうなるだろう、って思ったことは、現実にそうなった場合もあるし、全然違ったってこともある。グレッグと私は、音楽でそんなことを表現しようとしたとはいえる。現代に生きながら、過去を引っ張り出してくる感じかしら」
 「POLITE DANCE SONG」のプロモ・ビデオは、ディヴィッド・リンチの映画のようにストレンジ&クールで、繰り返し観てしまうが、旬なコメディアン、エリック・ウェアハイムにディレクションを任せたセンスは、さすがだ。
 「グレッグのアイディアよ。彼は『Tim And Eric's Awesome Show, Great Job!』(アメリカのカートゥーン・ネットワークの人気番組)のファンでね。そのエリックとグレッグは友達なのね、それでビデオの制作を頼んだら、とてもうまくいって、みんなで大喜びってわけ」
 昨年、出来上がったばかりの細野晴臣トリビュート・アルバムをふたりにプレゼントしたら、コーネリアスと坂本龍一のコラボ曲「Turn Turn」が収録されていたので、とても喜んでいた。グレッグとイナラは、以前からコーネリアスやピチカート・ファイヴYMOなど、日本のポップ音楽のファンだったというから、今回の共同作業はふたりにとってワクワクするような体験だったに違いない。果たして、その曲「ハート・アンド・アップル」は、互いの持ち味を活かしたとびきりのドリーミー・ポップ・サウンドに仕上がった。
 「コーネリアスと仕事できたのはとてもエキサイティングだった。けれど過程はそんなにロマンティックってわけじゃなくてね(笑)。インターネットで音源のやり取りをして完成させたの。ぜひ実際に彼に会ってみたいわ」
 すっかり日本贔屓になったイナラのことだから、来年あたり、ザ・バード&ザ・ビーでの3度目の来日公演が実現するかもしれない。そう勝手に期待していよう。


取材・文/長門芳郎(2008年11月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015