デビュー・アルバムがUKチャート初登場1位を獲得! ダブリン出身、噂のスリーピース・バンド、ザ・スクリプト

ザ・スクリプト   2008/11/14掲載
はてなブックマークに追加
 デビュー・アルバム『ザ・スクリプト』が本国アイルランド及びイギリスで初登場1位を獲得するなど、世界規格の大型ロック・バンドとして注目を集めるザ・スクリプトN.E.R.D.のツアーでサポート・アクトを務めるなど、ソウル、R&B、ヒップホップといったブラック・ミュージックからの影響も色濃く感じさせる独自のサウンドに迫るべく来日中の彼らに話を訊いた。

 アイルランドの貧民街に育ちながら、成功を夢見て音楽に賭けた3人の若者たち。なんて紹介すると、なんだか映画の脚本(スクリプト)みたいだけど、そんなドラマティックな人生の真っ只中にいるのがザ・スクリプトだ。ダニエル・ドナヒュー(vo、key)とマーク・シーハン(g、vo)は10代の頃にダブリンの下町で出会い、意気投合してソングライター・チームを結成。アメリカへ渡ると、ダラス・オースティンテディ・ライリーなど、R&B界の大物たちのもとを訪ね歩いた。
 「その時はバンドをやろうなんて考えてなかったよ。バンドでデビューしてたら、自分たちのスタイルを決めなきゃいけないじゃないか。だけどソングライターなら、毎日日替わりで違うものを作れる。昨日はレゲエ、今日はロック、明日はR&Bって感じでね。当時はそのほうが楽しかったんだ」 (ダニエル)

 しかし、ソングライターとしてなかなか芽が出なかった二人は思い切った行動に出た。
 「ダニエルがすごくいい声を持っているのに使わない手はない、と思って、彼のソロ・アルバムを作ろうということになったんだ。ちょうど、その時にアイルランドからやって来たグレン(・パワー/ds、vo)と出会った。そこで3人でプレイしたものをプロデューサーに聴かせたら『すごくいいね。君たちバンドなの?』って言われて、『はい!』ってウソついてさ(笑)。それがスクリプトの始まりなんだ」 (マーク)
 「ダニーとマークに出会った時のことはハッキリと覚えてる。パズルの最後のピースが見つかったみたいな感じだった。“これは単なるバンドじゃない、メガ・バンドができる”って確信を持ったよ(笑)」 (グレン)





 そんな3人が持てる力を出し合って完成させたのが、UKチャート1位に輝いたデビュー・アルバム『ザ・スクリプト』だ。U2を思わせるエモーショナルなロックンロールと、R&Bの艶やかなグルーヴが融合したサウンド。そこには、ソングライター・チームとして培ってきた彼らのスキルが存分に活かされている。
 「例えばグルーヴやベース・ラインを効かせた曲にすることで、人はまず身体で感じてくれる。そして、その後〈どういうことを歌ってるんだろう?〉って歌詞に興味を持ってくれるんだ。でも歌詞であれ、メロディーであれ、書いている自分が嘘だと思うものじゃダメだ。自分が心底そう感じるものじゃないとウソになってしまうからね。曲作りはただテクニックだけじゃダメなのさ」 (マーク)

 歌はソウル(魂)。そんな彼らの曲にかける熱い想いは、デビュー・シングル曲「ウィ・クライ」からも伝わってくる。
 「これはダブリンのある通りを歩きながら、目に見えるモノや人を描いた曲なんだ。その通りっていうのは、まだ若いのに赤ん坊を抱えてる女の子とか、ミュージシャンを目指していたのにドラッグで身を滅ぼしたような人たちが1日中たむろしてるような場所で。〈ウィ・クライ〉のサビでは“一緒に泣くことで問題を分かち合おう”って歌ってるんだ」 (マーク)

 みんなで共に歌い、分かち合う“大きな歌”。それがザ・スクリプトの歌なのだ。ウィ・シング!


取材・文/村尾泰郎(2008年10月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015