ライヴのエネルギーをレコードに――ザ・テンパー・トラップ、4年ぶりの新作『シック・アズ・シーヴズ』

The Temper Trap   2016/06/08掲載
はてなブックマークに追加
 ギターがパワフルに鳴っているからって、安易に原点回帰と思うなかれ。80年代のUKロックの延長上でつねに新しい音を追求しているオーストラリアの4人組、ザ・テンパー・トラップ。4年ぶりにリリースする新作『シック・アズ・シーヴズ』を作るにあたって、彼らはファンが自分たちに求めるものが何か今一度考え、それに応えようとしたという。その結果、バンドは新たな局面を迎えたようだ。8月には7年ぶりとなる来日公演が決定。新作のリリースに先駆け、日本を訪れたダギー・マンダギ(vo, g)とジョセフ・グリーア(key, g)が新作について語ってくれた。
――『シック・アズ・シーヴズ』は4年ぶりのリリースとなりましたね。
ジョセフ 「本当はもう少し早くリリースしたかったんだ。もちろん、その4年間はずっと曲作りをしていたんだけどね」
ダギー 「本当にいい作品を作るには時間がかかるものさ。複数のプロデューサーと作ったからスケジュールを合わせるのが大変だった。こっちが忙しかったり、向こうが忙しかったりして。そんなことをやっているうちに、どんどん時間が経ってしまったんだよ」
――いい作品を作りたいと考える一方で、早く新しい新作を出さなきゃ忘れられてしまうとか、ファンを待たせたら申し訳ないとか思う気持ちもあったんじゃないですか?
ジョセフ 「もちろん、それはね。でも、自分たちが100%満足できないものをリリースするほうがバンドにとってダメージは大きいと考えたんだ。ファンを待たせたとしても、いいものを提供すれば、みんな喜んでくれるんじゃないかなって、今は願ってるよ(笑)」
――今回、複数のプロデューサーを起用したいちばんの理由は、どんなことだったんですか?
ジョセフ 「僕らが求めているものの一つに新鮮さがある。だから、これまでも若いプロデューサーと組んできた。新しいアイディアを持ってきてくれるからね。僕らはつねに新しいことやおもしろいことをやりたいんだ。それが実現できるチャンスがあるなら、できるかぎりいろいろな人と組んでみるべきだろ」
――今回、いちばん新鮮なやり方を提案してくれたプロデューサーは誰でしたか?
ダギー 「個人的にはマレイかな。彼は〈Summer's Almost Gone〉しかやってないんだけど、今までやってきたこととは違う、聴いたことがないようなおもしろいサウンドをもたらしてくれた。最終的にはダミアン・テイラー(ビョークなど)がプロデュースしてるんだけど、マレイはその曲のソングライティングとサウンド・プロデュースを手伝ってくれた」
ジョセフ 「彼はヒップホップ畑のプロデューサーで、その曲のヒップホップ・セクションを手がけているんだ。そのほかだったらリッチ・クーパーとやった〈Lost〉と〈Fall Together〉のアプローチはすごく新鮮に感じたな。ほとんどの曲をプロデュースしているダミアン・テイラーももちろん素晴らしかったけど、いろいろなことを試して、どんどんサウンドを広げていくダミアンのやり方に対して、リッチは逆にすごくシンプルなんだ。それが新鮮だった」
――今回は前作よりもシンセ・サウンドの比重が減って、ギター・ロック色濃いものになったせいか、原点回帰と言われているけど、おふたりの話からすると、たんに原点回帰しただけではないようですね。バンドとして新たな局面を迎えた実感もあるのでは?
ジョセフ 「そう言ってもらえると、うれしいよ。そんなふうに思ってほしいと思いながら作ったアルバムだからね」
――ただ、その一方ではドラムのトビー(・ダンダス)がバンドを始めた頃の気持ちに戻ることが必要だったと、とあるインタビューで語っていましたけど、それも今回のテーマの一つだったんでしょうか?
ダギー 「ライヴを観てもらうとわかるんだけど、僕たちは本当にエネルギッシュなバンドなんだ。ただ、そのエネルギーはレコードに反映させるのが難しい。1枚目はそれができたんだ。今回は、その1枚目と2枚目のベストな部分を抜き取ったうえで、そこからまた自分たちのサウンドを広げていきたかったんだ」
――その試みがいちばん表われた曲と言うと?
ダギー 「〈Ordinary World〉だね。ギター・サウンドがメインになっているけど、それを取り囲んでいる音が新しい。それともう1曲。6曲目の〈Alive〉は、1枚目の〈サイエンス・オブ・フィアー〉が持っているダークさや勢いが感じられると同時に、新しさも加わっている。本当は全曲だって言いたいけど、とくに挙げるとしたらその2曲だな」
――最後にアルバム・タイトルに込めた思いを教えてください。
ダギー 「いやぁ、ただ言葉の響きが良かったからってだけさ(笑)。その言葉が持っている忠誠心、兄弟愛という意味は後づけ。ギターのロレンゾ(・シリット)が抜けて、4人の絆がより強くなったことを考えると、偶然だけど、これしかないと言えるぐらいふさわしいタイトルになったとは思うけどね」
取材・文 / 山口智男(2016年5月)
THE TEMPER TRAP JAPAN TOUR 2016
クリックすると大きな画像が表示されます
・2016年8月8日(月)
大阪 梅田 CLUB QUATTRO
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 6,500円 (税込 / 別途ドリンク代)
※お問い合わせ: クリエイティブマン 03-3499-6669


・2016年8月9日(火)
東京 恵比寿 LIQUIDROOM
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 6,500円 (税込 / 別途ドリンク代)
※お問い合わせ: クリエイティブマン 03-3499-6669





協力: Hostess Entertainment
制作・招聘:クリエイティブマン

※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015