土岐麻子   2010/06/07掲載
はてなブックマークに追加
【土岐麻子Special】 Contents 3
リスペクト!土岐麻子

〜アルバム『乱反射ガール』に参加したアーティストからのメッセージ〜



 土岐麻子のアルバム『乱反射ガール』の制作に参加された方々からのメッセージをここでご紹介します!
 


G.RINAG.RINA
(M-2「熱砂の女」作曲)


今回は楽曲提供をさせていただきました。
土岐さんの声の魔法とすてきなアレンジで、
自分の想像を越えて魅力的になった楽曲を、中毒気味に再生しています。
様々な参加者の方のカラフルさを、曲ごとに乱反射させてできた歌の世界は、丁寧につくられていて、聴く度すこしずつ違って響いてきます。


■オフィシャル・サイト:
http://www.goodingsrina.com/





田中義人
(M-2「熱砂の女」アレンジ)


シナモンの様な!?中毒性。
土岐さんの歌を聴くたびに感じていたのですが
たおやかさ心地よさと同居している、相反するような押しの強さ??のような感覚。
文章にするとますますうまく表現できませんが、
これのルーツを何となく垣間みる事ができた気がしました。
今回僕は熱砂の女のアレンジで参加させて頂きましたが、
ボーカルレコーディングの数時間後に録音された
同曲での彼女の奏でる、、極太なベース。。
是非お持ちの音響機器のEQのベースをブーストしてお聴きください。。
それにしても相変わらず骨の髄まで染み渡るような素敵な歌達ですね〜。
柔らかい香りの中に同居するピリッとした感覚。
まさにSPICEで例えるならシナモンのようだなと。


■オフィシャル・サイト:
http://www.coyote.co.jp/tanaka/


 


桜井秀俊
桜井秀俊(真心ブラザーズ)
(M-4「薄紅のCITY」作曲)


「恋をしにいく」と歌われて
作曲した本人がどきっとしています。
土岐さん、あんた、できるね。


■オフィシャル・サイト:
http://www.magokorobros.com/
■オフィシャル・ブログ:
http://playlog.jp/sakuraihidetoshi/blog/



いしわたり淳治いしわたり淳治
(M-4「薄紅のCITY」作詞)


80年代の広告のキャッチコピーのような、粋で、ビビットで、洒落てて、わくわくするような言葉が並んでる歌詞が歌いたいの! と言って、80年代の分厚い広告カタログ本を手に作詞の打ち合わせに現れた土岐さん。
イメージと意志が明確に伝わって来たし、
おかげで発見だらけの新鮮な作詞仕事になりました。
ちなみにあの本、実はあとで僕も買ったんですよ。


■オフィシャル・ブログ:
http://kihon.eplus2.jp/



高田漣高田 漣
(M-5 「鎌倉」アレンジ)


『乱反射ガール』は明らかに2010年の音像であるのに
1978年〜1983年頃の匂いがするアルバムだと思います。
男子は長かった髪を短く切って、女子は人生を明るく謳歌する。
土曜日の夜には魔力があって街には磁力があった時代。
名盤だと思う。嫉妬するよ!


■オフィシャル・サイト:
http://www.tone.jp/artists/takadaren/
 


さかいゆうさかいゆう
(M-6 「feelin' you」作曲)


土岐ちゃんの声はまるでビターチョコレートみたいだ。
見た目は甘そうだね。
でも、目を閉じて食べてみると色んな場所に連れていってくれるんだ。
洗練された言葉達の隙間からチラリと世界を見透かしてる『あのイタズラ好きな少女』に会いに、今日もまた再生ボタンを押してしまうのです、チャンチャン。


■オフィシャル・サイト:
http://www.office-augusta.com/sakaiyu/



奥田健介奥田健介(NONA REEVES)
(M-9「Sentimental」作曲・アレンジ)


『乱反射ガール』の名の通り、鼓膜というより網膜に焼き付く残像のように、あざやかな印象を残す作品たち。
昼間浴びた「熱」が夜になっても消えてくれない、あの感じ。
土岐さんのボーカルが、今までで一番ギラギラ&ジリジリしてるように感じました。
新境地もたくさん楽しめたし。あと、今度ウチのバンドでベース弾いて下さい(笑)。


■オフィシャル・サイト:
http://www.nonareeves.com/
■オフィシャル・ブログ:
http://www.nonareeves.com/life/okken/



和田唱和田 唱(TRICERATOPS)
(M-10「HUMAN NATURE」デュエット, M-12「Perfect You」作曲・アレンジ)


今回作曲のオファーをもらう3年も前から
「Perfect You」となる曲の原型は出来上がっていた。
それを土岐さんにプレゼントした理由は、
何を隠そう自分のバンドのために作曲したものではなく、
土岐さんに歌ってもらうために作ったものだったから。
そう、こんな未来のために僕は準備してあったのだ。
自分でも「いい曲だな…」と思ってはいたけれど、
この曲に本当の魔法がかかったのは土岐さんの書いた歌詞が、
その歌声に乗った日だ。僕がやらせてもらった事は微々たる事なのだ。


■オフィシャル・サイト:
http://www.triceratops.net/



渡辺俊美渡辺俊美
(TOKYO No.1 SOUL SET / THE ZOOT16)
(M-11 「Light My Fire」作曲・アレンジ)


僕の友人周りで土岐麻子さんのファンが沢山いるが、みんな口を揃えて「土岐麻子さんを一言で表現するのはかなり難しい」と言って、いつも長話になる。
そんな中、今回のニュー・アルバムのタイトル『乱反射ガール』は楽曲の内容も含めて、
土岐麻子さんを一言で表現するにはピッタリのネーミングだ!!!
今回楽曲を提供した人達は、僕を含めて個性派揃いだ。
ひとつのパッケージに収まり付くのか???はみ出しチャンピオンは誰になるのか?
アルバムが届いてドキドキしながら聴いた。
僕がプロデュースした「Light My Fire」は、
最初の打ち合わせで土岐さんからの曲のイメージが
「燃える夏のイイ女 」的な、、、だった(笑)。
南米のリズムとラテン・ピアノのリフが美味く噛み合って
イメージ通りの曲に仕上がった。
が、しかしこのアルバム『乱反射ガール』のはみ出しチャンピオンは案の定僕だった。
まぁ、いっか!!!

「まぁ、いっか世代」の代表取締役・渡辺俊美
■オフィシャル・サイト:
http://www.t1ss.net/index2.html
■オフィシャル・サイト:
http://www.jvcmusic.co.jp/thezoot16/



土岐麻子/乱反射ガール
CD+DVD(RZCD-46546/B 税込3,800円)
CD(RZCD-46547 税込2,940円)

<CD>
01. Intro 〜prism boy〜
02. 乱反射ガール
03. 熱砂の女
04. 薄紅のCITY
05. 鎌倉
06. feelin' you
07. ALL YOU NEED IS LOVE
08. QUIZ
09. Sentimental
10. HUMAN NATURE / sings with 和田 唱 from TRICERATOPS
11. Light My Fire
12. Perfect You
13. City Lights Serenade

<DVD>
【VALENTINE LIVE TOUR @ Billboard Live TOKYO (2010.02.07)】
「smilin'」
「Flamingo」
「ファンタジア」
【LIVE『LOVE SONGS』@ 赤坂BLITZ (2009.07.07)】
「SUPERSTAR」
「How Beautiful」
【MUSIC VIDEO】
「乱反射ガール」
【RECORDING & MUSIC VIDEO OFF SHOT】


インストア・イベント

●『乱反射ガール』リリース記念
「TOKI CHIC RADIO」公開収録スペシャル!!
6月19日(土)@タワーレコード渋谷B1F「STAGE ONE」19:00〜
※JFN系列全国20局ネット『TOKI CHIC RADIO』公開収録。
(ミニライヴ&トークショー)
詳しくはオフィシャル・サイトへ。


ワンマン・ライヴ

●土岐麻子ライブ2010 アーリー・サマー・乱反射ガール!
5月29日(土)@ラフォーレミュージアム原宿
開場17:15 / 開演18:00
 SOLD OUT

●土岐麻子ライブ2010 ミッドサマー・熱砂の女!!
7月17日(土)@ラフォーレミュージアム六本木
開場 17:15 / 開演 18:00
料金:前売り 全席指定4,500(税込み・ドリンク代別)
チケット一般発売日:6月5日(土)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:106-193)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:72062)
e+:http://eplus.jp/
問合せ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999


イベント出演情報

●SAPPORO CITY JAZZ
〜Premium 400 WHITE ROCK MUSIC TENT LIVE〜
7月31日(土)@ホワイトロックミュージックテント
開場 17:30 / 開演 19:00〜
出演:土岐麻子 / 小泉ニロ
料金:前売り4,000 当日4,500
Lコード12155
Pコード104-385
※問合せ:サッポロ・シティジャズ実行委員会事務局
TEL 011-592-4125
http://www.sapporocityjazz.jp/whiterock/



最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015