「言ってみれば新作は、僕のフォーク・ミュージックといえるのかも」──テイ・トウワが約4年ぶりとなるオリジナル・アルバム『BIG FUN』を発表!

Towa Tei   2009/02/05掲載
はてなブックマークに追加
「言ってみれば新作は、僕のフォーク・ミュージックといえるのかも」──テイ・トウワが約4年ぶりとなるオリジナル・アルバム『BIG FUN』を発表!
 テイ・トウワ、5枚目となるオリジナル・アルバム『『BIG FUN』が到着! 自らの生活リズムに合わせ、“楽しみながら音楽を作る”というミュージシャンとしての原点に立ち戻った彼が今作で鳴らしているのは、ダンス・フロアから自室まで、さまざまなシチュエーションで楽しむことができそうな間口の広いグッド・ミュージック。タイトルどおりの“快作”を作り上げたテイ・トウワに話を訊いた。



 作品を発表するごとに、新たな音楽の刺激と楽しみを提供し続けるテイ・トウワが、前作『FLASH』から約4年ぶりのオリジナル・アルバム『BIG FUN』を完成させた。新作は、エキゾチック、ハウス、サイケデリック、フュージョン、コラージュなど、カラフルな音楽の世界を旅するかのような作品だ。
 「最初は、グラウンド・ビートのアルバムでも作ろうかなとか思ったけど、そういう考えをすべてやめ、ノーコンセプトで自分でもやったことない音楽をやろうと思ったんです。一番大きいのが、1年間という長いスパンをかけて毎月1曲くらい作ろう、しかも気分が乗らないときはやらない、乗ったときだけ作るというやり方にしたこと。これまでも楽しいときにだけ作ってきたけど、今まで以上に、“音を鳴らしていないときが大事だ”という感覚で作りましたね。アルバム制作と称して、温泉に行ったり神田に古本を買いに行ったりもして(笑)。あと制作用のコンピューターをノート型に変えたのも大きかった。それで、移動中にササッと音を編集したり歌詞を考えたり。テクノロジーのおかげで、より生活に密着したフォーキーな作り方ができた。言ってみれば新作は、僕のフォーク・ミュージックといえるのかも」


 彼の日々の生活の中から生まれた『BIG FUN』。アルバムには、マンボのブレイクビーツ風なトラックの上に、m-floVERBALのラップと東京エレクトロ・シーン注目の女性DJ、MADEMOISELLE YULIAの歌が乗る「Y.O.R.」や、細野晴臣がファンキーなベースを弾く、メロディアスな歌ものR&Bハウス「Taste of You」をはじめ、1つのジャンルに括れない楽曲が次々と飛び出してくる。サイケデリックでエキゾチックな「Out of My Addiction of Love」、若きスーパー・モデル太田莉菜が、妖艶さすら感じる語りと歌を披露するムーディーな「A.O.R.」、CHIBO MATTOMiho Hatoriが歌い、CORNELIUS小山田圭吾がニューウェイヴやフュージョン的なギターを奏でるミッド・ポップ・チューン「Mind Wall」など、彼は世代を越えたアーティストたちとともに、振り幅と奥行きの広いサウンドを聴かせていく。
 「今、マンボって言ってくれたけど、実は〈Y.O.R.〉のドラムは基本的にインド音楽からのサンプルで、途中のパーカッションや男の声はスウェーデンの音楽なんです。そうやって、コラージュ的にいろんな音楽の組み合わせをしていったんです。しいてコンセプトをいうなら、脳内のモチベーションとして、いかにエキゾチカを再構築できるかってこと。あと、SWEET ROBOTS AGAINST THE MACHINEのときは、エレクトロニカの実験性をポップに昇華したけど、今回はコラージュをポップに昇華してる。その発想はDeee-Liteの初期と近いかも。でも、Deee-Liteを意識したわけじゃないよ(笑)。何がオリジナルか、何がエキゾかってことを面白がって作っていきましたね」

 『BIG FUN』の楽曲は、その1曲の中にも、さまざまな音楽の要素が詰まっている。楽しく聴くのはもちろん、じっくり音を探求することもできる日本発の2009年型エキゾチック・ミュージック・アルバムを、思う存分いろんな角度から堪能してほしい。
 「今って、聴いても何とも思わないような音楽が多すぎでしょ(笑)。“この音楽は一体何だろう?”って一言で表現できない感じがいいなと。むしろ音楽ってそういう模索が面白いんです。それと、僕は、音楽を聴きながらお酒を飲みたいのと、知らないけど引っ掛かる曲に出逢いたくて、クラブに行ってるんです。なのに、“あれ? 今日は1曲も引っ掛からなかったぞ”ってこともあって。そのときに、自分が今作ってる音楽の方が全然面白いなって思ったんです。それを人がどう思うかは分からないけど。ただ、これだけいろいろ音楽を聴いてきた僕が楽しんで作り上げた作品なので、それが他の人たちにも伝わるといいなと思ってますね」


取材・文/土屋恵介(2009年1月)



【TOWA TEI BIG FUN DJ TOUR】

2月7 日(土) @ Triangle (大阪)
Open / Start 23:00
ADV: 3000(W1D) DOOR: 3500(W1D)
MAIN DJ: TOWA TEI
GUEST DJ: DJ KAWASAKI
DJ:KUSSUN/YY/TATSUYA/KAZZYA
Info: Triangle / www.triangle-osaka.jp / 06-6212-2264
チケットぴあ 0570-02-9966 P-CODE(314-216)
ローソンチケット 0570-084-005 L-CODE(57892)

2月13日 (金) 『MOTIVATION SPECIAL』 @ 代官山 AIR (東京)
-TOWA TEI 『BIG FUN』 Release Party-
Open / Start 22:00
Door 4000yen / With BIG FUN T-shirt 3500yen
Resident DJ: TOWA TEI
Special Guest: Miho Hatori (from NY), MEG
Guest DJs: Tomoyuki Tanaka (Fantastic Plastic Machine), VERBAL (m-flo), MADEMOISELLE YULIA
VJ: CAVIAR
Dancer: NOEMI, Maki
Info: Air Tokyo / www.air-tokyo.com / 03-5784-3386

2月27日 (金) @ Club Mairo (富山)
Open / Start 21:00
Main DJ: TOWA TEI
Guest Live: MEG
Guest DJ: DJ HICO
Info: Club Mairo / mairo.com/club_mairo / 076-423-0913

3月6日 (金) @ club asia (東京)
Open / Start 23:00
Door 3500yen W/F 3000yen
Main DJ: TOWA TEI, MOODMAN
http://asia.iflyer.jp/venue/flyer/34899

3月13日 (金) @ Troop Cafe (神戸)
Open / Start 22:00
ADVANCE: 3500yen/W1D DOOR: 3500yen *前売優先入場!
Main DJ: TOWA TEI
Guest Live: MEG
Guest DJ: DJ FUMIYA (RIP SLYME)
DJ: Y-BU and more...
Info: Troop Cafe / www.troopcafe.com / 078-321-3130

3月14日 (土) 『MOTIVATION SPECIAL』 @ World (京都)
Open / Start 22:00
ADVANCE: 3500yen/W1D DOOR: 3500yen *前売優先入場!
Resident DJ: TOWA TEI
Guest Live: MEG
DJ: DJ FUMIYA (RIP SLYME)/HALFBY aka 高橋孝博 and more...
Info: World / www.world-kyoto.com / 075-213-4119
ぴあ 0570-02-9966 P-CODE:316-294[2/7発売開始](ぴあ各店頭・サークルK・サンクス・ファミリーマート各店)
LAWSON 0570-084-005 L-CODE:51988[2/7発売開始]

3月28日 (土) @ 伊勢Rhythm (三重)
Info: Rhythm / www.rhythmtimes.com / 0596-39-0107

4月11日 (土) @ Mole (札幌)
Info: Mole / www.mole-sapporo.jp / 011-207-5101

4月17日 (金) @ Freedom (大分)
Info: Freedom / www.zanzibar.jp / 097-536-5454

4月18日 (土) @ Radix (名古屋)
Info: Radix / www.radix.to / 052-332-0073

4月24日 (金) @ MARS (岡山)
Info: MARS / www.mars-childclan.com / 086-233-1160

4月25日 (土) @ Caparvo Hall (鹿児島)
Info: Caparvo Hall / www.caparvo.co.jp / 099-226-3585 (主催)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015