【ウィーン少年合唱団】 シューベルト組が来日中! 日本語の歌をはじめ多彩なプログラムを披露

ウィーン少年合唱団   2012/06/07掲載
はてなブックマークに追加
 神聖ローマ帝国の宮廷礼拝堂少年聖歌隊を起源とし、500年以上の歴史を誇る名門、ウィーン少年合唱団。巨匠トスカニーニをして“天使の歌声”と言わしめた彼らは、現在10〜14歳の約100名のメンバー全員が宮殿で全寮制の生活をし、ハイドンモーツァルトシューベルトブルックナーという合唱団ゆかりの作曲家名のついた4グループに分かれて活動している。ウィーン国立歌劇場のオペラに出演することもあり、ウィーン・フィルとの共演も多い。
 2011年の来日公演は震災の影響で見送られたが、ウィーンで4グループ合同のチャリティ公演を行ない、多額の収益金が被災地の学校に送られた。今年はシューベルト組がゴールデンウィークから7月にかけて全国をツアー中。指揮者のオリヴァー・シュテッヒ氏とメンバー3人に話を聞いた。
(C)www.lukasbeck.com
――かつてはウィーン周辺の出身者のみで構成されていたそうですが、現在はいろんな国の子どもたちがメンバーにいるようですね。
 シュテッヒ 「シューベルト組にもさまざまなルーツを持った子どもたちがいますし、いろんな国の言語で歌っています。その一方で、オーストリア民謡やJ.シュトラウス2世の曲といった伝統的なレパートリーも大切にしています。どこの国から来ても、みんなあっという間に言葉がウィーン訛りになりますね」
Kenshi
Caspar
Paul
――今回の来日公演では「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん夜の星を」など、坂本九ナンバーも歌ってくれます。Kenshiくん(日本出身)がみんなの日本語歌唱の指導を?
 Kenshi 「学校には日本人の先生もいます。でも、僕も変な発音に気がついたら直してあげるかな」
 Caspar 「初めて歌ったけど、とても美しい曲だと思いました。とくに〈上を向いて歩こう〉が好き。3番で口笛を吹いたりするところなんかが」
 Paul 「日本のお客さんが手拍子したりして、喜んでくれるのが嬉しい。歌詞の意味をもっとよく知りたいです」
――寮生活の中でも、やっぱり組ごとに団結することが多いんですか? 『ハリー・ポッター』のホグワーツ魔法魔術学校みたいに……(笑)。
 シュテッヒ 「寮の建物はひとつですが、組ごとに同じフロアに固められています。たとえば、ブルックナーのミサ曲を合同で練習したりするとき、ブルックナー組はすごく熱心なのですが、シューベルト組はなかなか揃わなかったりしますね(笑)」
 Paul 「みんなシューベルトが大好きなんです。〈鱒〉とか〈野ばら〉とか、素晴らしい曲をいっぱい作曲してる」
 Caspar 「僕らの組は歌もうまいけど、とくにサッカーとかスポーツがいちばん強いよ!」
――歌うのが好きな曲は? また、ふだんはどういう音楽を聴いているんですか?
 Caspar 「シューベルトもいいけど、僕はハイドンの〈テ・デウム〉が好きです。今まで2回歌って楽しかったから、また歌いたい。ふだんはポップスもよく聴きます。グリーン・デイが好き」
 Kenshi 「モーツァルトの〈サンタ・マリア〉っていう曲が好き。僕もいろんなジャンルの音楽を聴きます。Seeedっていうドイツの(ダンスホールレゲエ)バンドのファンです」
 Paul 「(来日公演Bプログラムで歌う)フィンランド民謡の“エヴァのポルカ”が好き。最近のポップスはあまり聴きません。ビートルズとかは好き。あとボブ・マーリーとかレゲエが好きだから、僕もSeeedをよく聴いてる」
――やはり将来は、音楽の道に進もうと思っているんですか?
 Caspar 「今、趣味でギターを習っているけど、将来はカメラマンになりたいので、写真を勉強するつもり」
 Kenshi 「音楽を長いことやってきたから、ほかのこともちょっとやってみたいです」
――日本で行ってみたいところはありますか?
 Caspar 「今回、富士急ハイランドに行くのをすごく楽しみにしています。5月の末には沖縄にも行くんですよ」
――東京の印象を教えてください。
 Paul 「大都会なのに街が清潔でびっくり。昨日行った秋葉原はニューヨークのタイムズスクエアみたいだと思いました」
――では日本人のKenshiくんから見たウィーンの印象、魅力は?
 Kenshi 「昔の教会や古い建物がちゃんと残っているのがすごいですね。モーツァルトの住んでいた家とかも。そしてやはり音楽にまつわるものがいっぱいあります。街をちょっと出ると緑が多いのも素晴らしいと思います」
取材・文/東端哲也(2012年5月)
ウィーン少年合唱団 2012年来日公演
6月15日(金)、16日(土)、17日(日)14:00開演
東京・東京オペラシティ コンサートホール
※その他、全国公演はジャパン・アーツによるオフィシャル・サイトへ
http://japanarts.co.jp/html/2012/chorus/wsk/index.htm
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015