【YOSO interview】TOTO+YES=YOSO――異色のスーパー・グループ誕生! 両者の魅力をナチュラルに融合させた傑作デビュー・アルバム

YOSO   2010/08/12掲載
はてなブックマークに追加
【YOSO interview】TOTO+YES=YOSO――異色のスーパー・グループ誕生! 両者の魅力をナチュラルに融合させた傑作デビュー・アルバム
 長いロックの歴史のなかで多くのスーパー・グループが生まれてきたが、YOSOほど意外な組み合わせはないだろう。フュージョン・ロックの最高峰TOTOのヴォーカリストのボビー・キンボールと、プログレッシヴ・ロックの雄YESのキーボードのビリー・シャーウッドとオリジナル・キーボードのトニー・ケイが合体。TOTO+YESでYOSOというバンド名そのままに、出来上がったアルバムは高度なテクニックに優れた音楽性を持ち、TOTOファンが聴いてもYESファンが聴いても違和感のない上質のロック作に仕上がった。ボビー・キンボールにバンド結成のいきさつやファースト・アルバム制作の裏側を語ってもらった。
――TOTOとYESのメンバーによる組み合わせは意外だったのですが、結成のいきさつは?
ボビー・キンボール(vo/以下、同)「元YESのメンバーでキーボード・プレイヤーのビリー・シャーウッドがプロデュースした、ジャーニーのトリビュート・アルバム『80s Metal Tribute to Journey』に参加したのがきっかけなんだ。レコーディングが終わった後に、ビリーと何かやろうと盛り上がってね。それで、ビリーとCircaというバンドを組んでいるYESのオリジナル・キーボード・プレイヤー、トニー・ケイも加わって、YOSOになったんだ。今回ビリーはベーシストとして参加している。彼らは演奏家としてだけでなく、友人としても最高なんだよ」
――アルバムのタイトル『エレメンツ』は、YOSOと同じ発音で“Element”を意味する日本語“要素”から付けたのですか?
 「えっ、“Element”って日本語だと“YOSO”って言うの!? 全然知らなかったよ!! メンバーに電話してすぐに知らせなきゃ(笑)! このタイトルをつけたのは、僕らがそれぞれ違うバンドの“Element(要素・一員)”だというところからなんだ。アルバムのオープニング曲も「YOSO」というんだけど、歌詞の出だしが“Balancing all the elements(すべての要素のバランスを取って)”で、意味のない“YOSO”という言葉に何がしかの定義を与えようと思って作った曲なんだ。偶然とはいえ結果的に正しい内容の曲を作ったってことだよね。びっくりだ。まるでパズルの最後のピースがピタッとはまったみたいな感じだよ!」
――『エレメンツ』はTOTOとYESの音楽性がうまく融合し、どちらのファンも楽しめるアルバムになっていると思いますが、曲はどのようにして作ったのですか?
 「どういうアルバムにしようという考えはなかったんだ。ビリーはすべての楽器をプレイできるから、曲のアイディアが浮かぶと自分のスタジオでデモを作って僕に渡す。僕はその曲を聴きながら、それに合う歌詞を一晩中かかって書きあげるんだ。そして次の日にスタジオに入ってその曲をみんなでレコーディングする。今回のアルバムは全曲そうやって作っていったんだよ。いいアルバムになったと思うよ。実はもう2ndアルバムの制作も始まっていて、さらにいい出来になると思うんだ!」
――ライヴで演奏されているTOTOとYESの名曲はどういう基準で選曲したのでしょう?
 「ライヴではTOTOを5曲、YESを5曲、YOSOを5曲歌っていて、TOTOの曲は、僕が歌ったり作曲にかかわったヒット曲を中心に選んでいるよ。YESの曲に関しては、トニーとビリーに任せているんだ。でも僕は〈ロンリー・ハート〉がお気に入りだったから、歌えたのが嬉しかったな。ジョン・アンダーソンの歌声が大好きなんだ。彼は天才だね。今回、歌うことと尊敬していることをジョンにメールで伝えたら丁寧な返事をくれたよ。人柄もすごくいい。僕とジョンの音域は偶然にも同じなんだけど、正直な話、ジョンのように歌うのは不可能だよ(笑)。99%のシンガーは歌えないと思うね(爆)。オーディエンスにもTOTOやYESの曲の受けはよかったよ。もちろんYOSOの曲もね」
――今後の予定と来日の可能性は?
 「今はアメリカ・ツアー中で、9月から10月にヨーロッパ、それからメキシコや南アフリカを回るから、その後に日本に行きたいと思うよ。それと同時に僕とビリーはそれぞれソロ・アルバムを制作中で、さっきも言ったようにYOSOの2ndアルバムの制作も始まっている。僕個人に関して言えば、TOTOで歌うことがあるかもしれない。マイク・ポーカロがALS(筋萎縮性側索硬化症)という重い病気にかかっていて、彼を支援するコンサートをTOTOのメンバーでやっているんだ。ヨーロッパ公演ではスケジュールがあわず、ジョセフ・ウィリアムスが歌ったけど、次回はもしそういう誘いがあれば喜んでやるよ。TOTOを離れている時も僕はTOTOが大好きだからね」
――最後に、日本のファンへのメッセージをお願いします。
 「日本のファンは本当に素晴らしい。バンドに対してすごく忠誠だし、音楽を深いところまで真剣に聴いてくれる。あれほどライヴでエキサイトしてくれるオーディエンスは、ほかにないと思うよ。だから僕は日本でプレイするのが本当に大好きなんだ。YOSOとして日本に行くのが待ちきれないよ!」


取材・文/竹之内 円(2010年8月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015