オーセンティックにして独創的な音楽性が表われたYOUNGSHIMの1stフル・アルバム

YOUNGSHIM   2009/04/10掲載
はてなブックマークに追加
 大阪を中心に活動をしている実力派R&BシンガーのYOUNGSHIM(ヨンシン)。2008年に姉でもあるPUSHIMプロデュースの楽曲「Girls In Da House」が、着うたサイト“レゲエZION”でも年間ダウンロード・チャートの2位に輝いたという逸材。そんな彼女が4月15日に1stフル・アルバム『Distance』を発表する。白川貴善(BACK DROP BOMB)、松田岳二BACHLOGICら豪華なプロデューサーを迎えて制作された本作について、彼女に話を訊いた。



 日本の、とくにメジャー・シーンにおけるR&Bの在り方としてこのアルバムは、ひとつのスタンダード(基準、標準)になるかもしれない。大阪のクラブ・シーン出身のシンガー、YOUNGSHIM(ヨンシン)の1stフル・アルバム『Distance』。白川貴善(BACK DROP BOMB)、松田岳二、GREEN PEEACE(餓鬼レンジャー)といった凄腕のクリエイターたちが参加した本作を聴いてまず印象に残るのは、2000年代後半のR&Bマナーに則りながらも、エレクトロからアコースティックまで、カラフルな広がりを見せるトラック・メイク。誰でも楽しめる聴きやすさと音楽的な奥深さのバランスがとにかく良いのだ。
 「R&Bを好きになる前は姉(PUSHIM)の影響で洋楽のポップスを聴いてたし、ジャンルにはこだわりがなくて。エレクトロを取り入れたサウンドにもぜんぜん違和感はないですね。USのR&Bでもエレクトロっぽいトラックは流行ってるし、“違うジャンル”っていう感じはまったくないんです。けっこう、新しいモノが好きだし(笑)」





 彼女自身の性格、考え方がクッキリと反映されたリリックも、とても魅力的。「前作(ミニ・アルバム『Love Rain』)は切ないラブ・ソングが多かったんですけど、今回は雨が止んで、光が差してくるイメージを持ってました」と言うとおり、このアルバムにはさまざまな葛藤を乗り越え、前に進んでいこうとする意思がナチュラルに貫かれている。それをもっとも端的に伝えているのは、タイトル・チューンの「Distance」だろう。
 「“恋愛における心と心の距離”にフォーカスを絞ってるんですけど、私のなかにはもっといろんな意味があって。夢に向かっていく気持ちだったり、“聴いてくれる人にどれくらい近づけるだろう?”っていうことだったり。私自身、“まだ夢の途中”っていう思いが強いんですよ。いろんなことを乗り越え、そこにたどり着こうとする気持ちは、どの曲にも入ってるかもしれないですね」

 瑞々しくも切ない恋愛感情を描いたソウル・ポップ・チューン「Is This Love?」、大阪のクラブ・シーンで活動をともにしてきたラッパー・DAIL(THE 9 FAR EAST)をフィーチャーした「This Stance」、“強くありたい、自立したい”という思いと“好きな人に甘えたい”という願望のあいだで揺れる女性をテーマにした「Wrapper Girl」など、優れたナンバーが揃った本作。その軸にあるのは言うまでもなく、しなやかで快楽的なグルーヴと、言葉の意味をストレートに伝えるスキルを両立させた彼女のヴォーカルにある。
 「R&Bの気持ちよさみたいなものを大事にしつつも、でも、日本語がはっきり伝わらないとダメだなって。それは曲を作り始めたころからずっと考えてますね。最近は少し、キーを上げようとしてるんですよ。クラブで歌ってると、どうしても低い声が聴こえづらい。ちゃんと歌を聴いてもらるためには、全体的に音を上げたほうがいいのかなって。難しいですけどね」

 オーセンティックにして独創的な音楽性をはっきりと見せ付けた「Distance」。音楽活動をスタートさせて8年、YOUNGSHINの存在はこのアルバムによって、もっともっと大きなフィールドへと普及していくだろう。
 「これからもいろんな出会いがあるだろうし、考え方もどんどん変わっていくと思うんです。そのときどきで感じること、好きだと思えることを素直に表現していく。そうやって進んでいけたらいいなって思います」



取材・文/森 朋之(2009年2月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015