ニュース

ウィリー・ネルソン、SNSを介して制作した新作『ラスト・マン・スタンディング』を発表

ウィリー・ネルソン(Willie Nelson)   2018/04/17 13:32掲載
はてなブックマークに追加
 2018年4月29日に85歳の誕生日を迎えるアメリカ音楽界の伝説、ウィリー・ネルソン(Willie Nelson)がニュー・アルバム『ラスト・マン・スタンディング』(SICP-5785 2,400円 + 税)を5月23日(水)に発表します。

 収録する11曲すべてをネルソンと、共作者でプロデューサーのバディー・キャノンが書き下ろし。キャノンは2008年以来、ネルソンの12枚のアルバムをプロデュースしており、昨年発表の前作『なんてこったい!』は全米カントリー・チャートで初登場1位を獲得しました。

 ネルソンとキャノンは『ラスト・マン・スタンディング』を制作するにあたり、SNSで歌詞とメロディのアイディアを送り合い、曲を作り上げていきました。キャノンはネルソンとの共同作業について、「ウィリーはジャズ・シンガーであり、ジャズ奏者だ。彼は即興で演奏するミュージシャンなんだ。だから毎回違ったものが出てくる。そこからいいものを録って採用すればいいのさ」とコメントしています。



■2018年5月23日(水)発売
ウィリー・ネルソン
ラスト・マン・スタンディング

SICP-5785 2,400円 + 税

[収録曲]
01. ラスト・マン・スタンディング
02. ノアには言うな
03. 臭い息
04. オレとおまえ
05. なんとかするぜ
06. さぁ、いくぜ
07. 天国は閉まってる。
08. アイ・エイント・ガット・ナッシン
09. たいしたもんだよ
10. 次は大丈夫さ、きっと
11. 身も心も
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015