ニュース

『ブラバン!甲子園』最新作は、初の高校生が演奏!

東京佼成ウインドオーケストラ   2011/07/05 14:47掲載
はてなブックマークに追加
 高校野球のスタンドでブラバン部員が演奏する応援曲を集めたCD『ブラバン!甲子園』。2007年夏に第1作が発売され「ありそうでなかったCD!」と評判になり、15万枚を超える大ヒットを記録! 以降は毎年リリースされ、ベスト盤や東京六大学野球編など、これまでに関連作品11枚発表されるほどの人気シリーズから最新作が登場! 『ブラバン!甲子園U-18』が7月6日(水)に発売されます。

 これまでの『ブラバン!甲子園』シリーズは全て、東京佼成ウインドオーケストラが演奏していましたが、本作ではじめて“イチカシ吹奏楽部”こと、千葉県の柏市立高校吹奏楽部が演奏を担当することに。同吹奏楽部は高校吹奏楽界の中でもNo.1の実力と人気をほこります(タイトルの『U-18』は演奏メンバー全員が18歳以下ということから!)。

 収録曲は、イチカシ吹奏楽部の十八番でもある「サウスポー」や「ルパン三世のテーマ'78」から、「会いたかった」や「じょいふる」などの最新J-POP曲、「狙いうち」や「どか〜ん」といった野球ブラバン界の定番曲まで。高校生らしい若さと迫力ある演奏でじっくり聴かせてくれます。

 面白いのは、甲子園で最も演奏頻度の高い名曲「アフリカン・シンフォニー」のアカペラ・ヴァージョンを収録しているところ。これは、ブラバンなどの鳴り物を自粛した、この春のセンバツ大会を再現しています。

 ジャケットはシリーズ第1作以来のマンガ家・柏木ハルコが担当し、真夏の炎天下のもと、懸命に演奏するブラバン部員の熱い姿を描いており、バックボードには今春のセンバツ大会のキャッチフレーズとなった「がんばろう!日本」も! また、このCDの売り上げの一部は、「みやぎびっきの会」などを通じて、東日本大震災で被災した子どもたちの楽器のリペアなどにも寄付されるとのこと。


ブラバン!甲子園
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015