2005年10月29日(土)
  
稀代のブルース・ギタリスト、ピーター・グリーンが誕生
ピーター・グリーン / 1946年)
稀代のブルース・ギタリスト、ピーター・グリーンが誕生
ブルース・バンドだった頃のフリートウッド・マックを率いた名ギタリスト、ピーター・グリーンが英国ロンドンに生まれる。本名はピーター・グリーンバウム。15歳の頃からグリーンと名乗るようになったと言う。そのレス・ポールのトーンは天下一品で、シャッフルから泣きのスロー・チューンまで、数々の名演を残している。が、ドラッグによって精神に破綻をきたし、80年代以降はシーンから姿を消す。復帰したのは90年代後半になってからだった。
−2006年09月28日作成−
デュアン・オールマンが死去
オールマン・ブラザーズ・バンドのギタリスト、デュアン・オールマンがバイク事故により死去。24歳という若さだった。デレク・アンド・ドミノスの成功、『フィルモア・イースト・ライヴ』のヒットと、その腕前に比例した人気を獲得した矢先の出来事。レコーディングの合間に挟んだ休暇中の事故であり、その時に残した音源は『イート・ア・ピーチ』で聴くことができる。“スカイドッグ”の異名を取るスライド・ギターの音色は、色あせることはない。
−2007年09月27日作成−
シャ乱Qのつんくが誕生
つんく / 1968年)
シャ乱Qのつんくが誕生
シャ乱Qのヴォーカリスト、つんくが大阪府に生まれる。本名・寺田光男。「シングルベッド」をヒットさせたつんくは、一気に日本歌謡界の中心へ。そして、アッという間にモーニング娘。をはじめとする〈つんくファミリー〉の総帥に上りつめた。パラパラ同様〈つい踊り出したくなるディスコ・サウンド〉ブームの立て役者であるが、「ラヴ・マシーン」でのダンス☆マン起用など人材登用の手腕はかなりのもの。誰になんと批判されようが、音楽でしっかりビジネスができる大阪商人魂は見上げたものである。
−2000年09月26日作成−
マイケル・ジャクソン、アルバム『インヴィンシブル』を発売
マイケル・ジャクソン、アルバム『インヴィンシブル』を発売
マイケル・ジャクソンが6年ぶりのアルバム『invincible』を発売。制作費はなんと4億8,000万! 俳優クリス・タッカーをゲストに迎えた先行シングル「ユー・ロック・マイ・ワールド」他、新曲を全16曲収録したこの作品。PVなどで見るマイケルの顔の白さなど、話題を多く振りまいたが……爆発的なヒットには至らなかった。が、そのことにマイケルは怒り心頭。「ソニーの会長は人種差別主義者で、非常に極悪人だ」「新アルバムが(米で)200万枚しか売れなかったのは、ソニーが宣伝を怠ったからだ」など、声高に叫ぶ場面もしばしば……どうしたのマイケル?
−2002年09月27日作成−
ジブリ作品に欠かせない人物、高畑 勲が生まれる
高畑 勲 / 1935年)
1953年、スタジオジブリ作品で広く知られる監督/プロデューサーの高畑 勲が三重県に生まれる。1963年より放映のTVアニメ『狼少年ケン』で演出家としてデビュー。その頃に知り合った宮崎 駿と共に、『ルパン三世』『アルプスの少女ハイジ』『フランダースの犬』といった誰もが知る作品に参加。日本アニメーションの躍進に大きな功績を残した。スタジオジブリ作品では、『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』などで監督を務めている。
−2008年10月24日作成−
読みは“すお”です、周防正行が誕生
周防正行 / 1956年)
読みは“すお”です、周防正行が誕生
小津安二郎にオマージュを捧げた『変態家族 兄貴の嫁さん』で監督としてデビュー、エンタテインメント性に富んだ作品を作り続けている映画監督、周防正行が生まれる。リチャード・ギア&ジェニファー・ロペスなるキャストにて制作されたハリウッド・リメイク版『Shall we dance?』を観る際には、監督自らがリメイク裏事情を綴った『アメリカ人が作った「Shall we dance?」』をお供に添えてどうぞ。
−2007年09月28日作成−
ビートルズ365:ポールとヘザーの間に子供が誕生。
ザ・ビートルズ / 2003年)
ビートルズ365:ポールとヘザーの間に子供が誕生。
ポールと妻ヘザーの間に、ふたりにとって初めての子供が誕生。名前はヘザーの母ベアトリスと、ポールの叔母ミリーの名前をもらいベアトリス・ミリー・マッカートニー と名付けられた。出産場所はアビーロード・スタジオに近い、ポールの家から歩いても10分ほどのセント・ジョン・アンド・セント・エリザベス病院。予定日より3週間早い出産だったそうで、約3200グラムの元気な赤ちゃんだった。
−2006年09月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015