2006年06月08日(木)
  
「ヒーロー」でお馴染み、ボニー・タイラーが誕生
ボニー・タイラー / 1953年)
「ヒーロー」でお馴染み、ボニー・タイラーが誕生
女性シンガーのボニー・タイラーが英国ウェールズに生まれる。幼少の頃から唄うことが大好きで、10代後半になるとR&Bグループでリード・ヴォーカルを取るようになっていた。その後、声帯の手術を受けたため、あの独特のハスキー・ヴォイスになったらしい。ソロ・デビュー後は「愛は哀しくて」や「ヒーロー」など、低迷期はあったもののヒット曲を連発。ロニー・スコット、ジム・スタインマンら、有能なスタッフに恵まれたのも、その才能があってこそだろう。
−2006年05月26日作成−
プロコル・ハルムの「青い影」が全英No.1
プロコル・ハルム / 1967年)
プロコル・ハルムの「青い影」が全英No.1
プロコル・ハルムのデビュー曲「青い影(A Whiter Shade of Pale)」が全英シングル・チャートで1位に輝く。バッハのカンカータをモチーフにした、ハモンド・オルガンによるイントロが印象に残る美しいナンバーで、後年になってもロック・クラシックスとして愛され続けている名曲だ。ちなみに、1stアルバム『青い影(Procol Harum)』のオリジナルにこの曲は収録されておらず、大ヒットとなった後に追加されたという経緯がある。
−2007年05月29日作成−
高校時には聖飢魔IIのコピーも、GLAYのTERU誕生
TERU(GLAY) / 1971年)
高校時には聖飢魔IIのコピーも、GLAYのTERU誕生
GLAYのVo.TERU(本名小橋照彦)が函館市に生まれる。小学校の頃から野球をしていたスポーツマンで、アダ名は〈テコ〉。高校の文化祭で聖飢魔IIをコピーし、初めてドラムを叩き音楽に開眼したという。その翌年TAKUROに誘われて「GLAY」を結成、その後HISASHIを加え高校卒業と同時に上京した。JIROがベースとして参加したのは'92年のこと。メンバーにドラムのいない特異な構成となってしまったが、彼らは同じ函館出身という4人の結束力を大切にしたいと考えこの形に落ち着いたとか。
−2001年05月25日作成−
AORの伊達男。ボズ・スキャッグス、誕生
ボズ・スキャグス / 1944年)
AORの伊達男。ボズ・スキャッグス、誕生
70年代後半〜80年代にかけてブームとなったAOR=アダルト・オリエンテッド・ロックの旗手、ボズ・スキャグス、オハイオ州に生まれる。スーツを粋に着こなす伊達男、というイメージのボズであるが、デビュー当時は泥臭いR&Bを手掛け、服装もいたってラフ。これではモテん! と思ったからかどうかは定かでないが、70年代初頭からソフト&メロウにアダルトな音の世界を作り始め、'76年に発表した『シルク・ディグリーズ』の「ウィ・アー・オール・アローン」は、当時のデートのBGMとして欠かせない名曲と呼ばれるほどであった。
−2002年05月27日作成−
アイスランドの歌姫ビョークがバンド・デビュー
アイスランドの歌姫ビョークがバンド・デビュー
主演映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の大ヒットと、独自のファッション・センスが注目されて、知名度が上がったアイスランド出身のビョーク。最初にアルバムを出したのは、わずか11歳のとき。いくつかのパンクバンドを経て、1986年にシュガーキューブスのヴォーカルとしてデビュー。ファースト・シングルは'87年の「バースデイ」で、アイスランド初の世界レベルのバンドだった。しかし'92年にシュガーキューブスを脱退。翌年に『デビュー』という、心意気新たなタイトルでソロ・デビューした。
−2003年05月27日作成−
声優の宮野真守が生まれる
宮野真守 / 1983年)
声優の宮野真守が生まれる
日本の男性声優。劇団ひまわり所属。『DEATH NOTE』の夜神月を始め数々の主役をこなし、若手ながら多種多様な役をこなしている。2008年に開催された第二回声優アワードで最優秀主演男優賞を受賞。また俳優としても活躍しており、舞台ユニット「SMILY☆SPIKY」としても活躍している。2008年からは歌手活動も本格的に始め、これからの活躍を注目されている。
−2008年05月29日作成−
『DEATH NOTE』の金子修介監督が生まれた日
金子修介 / 1955年)
『DEATH NOTE』の金子修介監督が生まれた日
映画監督の金子修介が生まれる。にっかつロマンポルノで監督デビュー後、一般映画に転向。『ガメラ』シリーズなど多数の映画の監督を務める。2006年、人気漫画が原作の映画『DEATH NOTE』、続編の『DEATH NOTE the Last name』が公開、主題歌にレッド・ホット・チリ・ペッパーの『ダニー・カリフォルニア』が起用されるなど、異例の大ヒットとなった。
−2007年05月22日作成−
ビートルズ365:ビートルズのレコーディングにブライアン・ジョーンズが参加
ザ・ビートルズ / 1967年)
ビートルズ365:ビートルズのレコーディングにブライアン・ジョーンズが参加
この日の「ユー・ノウ・マイ・ネーム」のレコーディング・セッションに、ポールに招待されてスタジオを訪れたローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズが参加。午後7時から午前1時までのセッションではさまざまなパートを多数レコーディングした。ビートルズによるピアノ、ドラム、リード・ギター、ベース、ヴィブラフォンに加えて、ブライアン・ジョーンズはアルト・サックスで参加した。ポールは後にこう語った。「ギターを持ってセッションに来てくれると思ってたよ。そしたら、何と彼はサックスを持って登場した。感心するほどの立派な演奏じゃないけど、まさに僕らが求めていたものはあれだった。ブライアンはそんな風にできる奴だった」
−2006年05月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015