2006年07月27日(木)
  
パンテラのベーシスト、レックス・ブラウンが誕生
パンテラ / 1964年)
パンテラのベーシスト、レックス・ブラウンが誕生
パンテラのベーシスト、レックス・ブラウンが米国テキサス州ヤング・カントリーに生まれる。3つの街を挟んだ同じ州の大都市、ダラスはダイムバッグとヴィニーのアボット兄弟の出身地で、彼らとパンテラを結成したのは1981年のこと。以降、2003年の解散まで、ヴィニーとともにメタル界屈指のヘヴィなリズム隊として名を馳せた。メンバーの中では地味な存在だが、フィル・アンセルモのダウンにも参加するなど、その信頼は厚いようだ。
−2006年06月28日作成−
SHOW-YAのシンガー、寺田恵子が誕生
寺田恵子 / 1963年)
SHOW-YAのシンガー、寺田恵子が誕生
SHOW-YAのシンガーである寺田恵子が千葉県船橋市に生まれる。女性のみによるハード・ロック・バンドとして、大きな人気を誇ったSHOW-YA。ハード・ロックからバラード、ポップ・チューンまで歌いこなす抜群の歌唱力と、絶大なオーラを放つ寺田の存在が、バンドのイメージと方向性に多大な影響を与えたのは疑いようがない。ソロ転向後も、SHOW-YAを再結成してからも、そのセクシーな佇まいとパワフルな声は衰え知らず。姐さん、あっぱれである。
−2007年06月28日作成−
TM NETWORK、5年ぶりの再結成
TM NETWORK / 2000年)
TM NETWORK、5年ぶりの再結成
小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登によるTM NETWORKが5年ぶりに再結成し、横浜アリーナでライヴを行なう。94年の解散以来、実に6年ぶりとなるライヴでは「セルフ・コントロール」など往年の名曲15曲を演奏。約13,000人の大歓声がこだました。実はこのライヴ、当初はTKプロデュースの新人お披露目会として香港で開催される予定だったが、時間的な制約もあり急遽TMのライヴに変更。香港の切符を買った人には、さまざまな特典や優遇措置がとられたという。
−2001年06月26日作成−
元ちとせに楽曲提供も。オカモトサダヨシ、誕生
元ちとせに楽曲提供も。オカモトサダヨシ、誕生
宅録界のカリスマ(?)、COILのオカモトサダヨシ、神奈川県に生まれる。中学3年の時に弟の友だちのサトウヨースケと出会い、'91年2人での宅録作業を開始。送ったデモテープをきっかけに、'98年森高千里のアルバムに楽曲提供、同年10月に「天才ヴァガボンド」でデビューに至る。とりたてて爆発的なヒットはないものの、ポップでひねりの効いたセンスにアーティストや業界内にファンが多く、森高の他にも杏子、元ちとせなどに楽曲提供を行なっている。
−2002年06月24日作成−
“止められない〜”イン・シンク「ポップ」リリース
イン・シンク / 2001年)
“止められない〜”イン・シンク「ポップ」リリース
'01年に発表した「ポップ」でMTVビデオ・アワードのポップ・ビデオ賞、ダンス・ビデオ賞、グループ・ビデオ賞と3つも受賞したイン・シンク。受賞の際は、マイケル・ジャクソンが特別出演し、会場は沸きに沸いた。〈ダーティポップ、君はもう止められない〉という歌詞のとおり、リズミカルに弾けるヴォーカルに引き込まれる、ポップな1曲。がらりと変わった雰囲気に、驚いたファンも多かった。「ポップ」が入ったアルバム『セレブリティ』は、全米ビルボード初登場1位を獲得した。
−2003年06月25日作成−
平野 綾が1st写真集を発売
平野綾 / 2007年)
平野 綾が1st写真集を発売
最もルックスの認知度が高い声優、平野 綾が1st写真集『H STAIRWAY TO 20』を発売。声優のイメージを覆す、アイドル以上の存在感を披露した。抽選で配布された発売記念イベント入場チケットを求め、前日より書店に数百人が列を成したほか、チケットがネット・オークション等にて数万円で取引されるなど、驚異的な注目度を誇った。キュートなルックスもさることながら、同年には第1回声優アワード新人女優賞、第6回東京アニメアワード声優賞を受賞し、声優としての実力も高く評価された年となった。
−2008年07月23日作成−
『ローマの休日』も『ベン・ハー』も同じ監督。名匠ウィリアム・ワイラーの命日
『ローマの休日』も『ベン・ハー』も同じ監督。名匠ウィリアム・ワイラーの命日
映画監督のウィリアム・ワイラーが心臓麻痺で逝去。オードリー・ヘプバーン主演の人気映画『ローマの休日』ではアカデミー賞3部門、スペクタクル超大作として名高い『ベン・ハー』では11部門を受賞し、数々の功績を残した。まぎれもなくハリウッド黄金期を支えた一人であり、歴史に名を刻む人物である。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:ジョン、アメリカ永住権獲得。
ザ・ビートルズ / 1976年)
ビートルズ365:ジョン、アメリカ永住権獲得。
ジョン、アメリカ移民局から待望の米国居住権を獲得。グリーン・カードの番号はA17-597-321。約4年間にわたって続いてきたアメリカ政府との闘争も、これにて終結を迎え、以後5年間アメリカに住めば、自動的にアメリカ市民権を得られることになった。法廷を出たジョンは、ヨーコやファンの援助に対して感謝の言葉を述べた。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015