2009年02月24日(火)
  
椎名林檎の1stアルバムが発売に
椎名林檎 / 1999年)
椎名林檎の1stアルバムが発売に
椎名林檎が1stアルバム『無罪モラトリアム』を発売。シングル・ヒットを記録した「ここでキスして。」のような楽曲もあるが、「丸の内サディスティック」「茜さす 帰路照らされど…」「シドと白昼夢」など、アルバム・タイトルも含め、独自の“言葉の感覚”を持ったナンバーを多数披露し、それまでとはまた違った意味でも注目度が高まった。何気なく聴いていても耳を捕らえるポピュラリティも併せ持つという、彼女の才能を裏付ける一作。
−2007年01月29日作成−
ニッキー・ホプキンスが誕生
ニッキー・ホプキンスが誕生
著名なセッション・キーボード奏者、ニッキー・ホプキンスが英国ロンドンに生まれる。60年代初頭、スクリーミング・ロード・サッチのサヴェージズの一員としてキャリアをスタート。以降、ザ・フー、キンクス、ビートルズなど、数々のアーティストの作品に参加している。中でもローリング・ストーンズとの共演はよく知られるところだ。クローン病という難病のため、ツアーに出るのは不可能なのでスタジオ・ワークを中心に活動していたらしい。94年、50歳で死去。
−2008年01月28日作成−
恋敵の名を芸名にした、ASKA誕生
ASKA / 1958年)
恋敵の名を芸名にした、ASKA誕生
ASKA(飛鳥涼)、福岡県に生まれる。本名は宮崎重明。78年ヤマハのポピュラーソング・コンテストの福岡地区大会で歌唱賞を受賞。同大会でグランプリを獲得したCHAGEと知り合い、周囲のすすめでコンビを組む。ライブ活動を中心に支持者を増やし「モーニングムーン」「SAY YES」などのヒットを飛ばす。飛鳥涼という芸名は、大学時代の恋敵の名前からつけられたもの。ちなみに、相方CHAGEの芸名の由来は「高校時代のアダ名〈ハゲ〉をかわいそうに思った友人が頭に〈C〉をつけた」など諸説あり。
−2001年01月25日作成−
仏映画音楽の巨匠、ミシェル・ルグラン誕生
ミシェル・ルグラン / 1932年)
仏映画音楽の巨匠、ミシェル・ルグラン誕生
『シェルブールの雨傘』などの映画音楽で有名なミシェル・ルグラン、フランスのパリに生まれる。父は作曲家、母は楽譜出版社経営という裕福な家庭に育つ。2歳の時に、教会で聴いたヴァイオリンの音色に感銘を受け音楽家を志したという噂もあるほど、早熟だったルグラン。6歳で本格的にピアノをはじめ、11歳でパリ高等音楽院に入学。翌年上級ソルフェージュ第1位を獲得し、その後パリ音楽院を主席で卒業。『シェルブールの雨傘』がアカデミー3部門にノミネートされた後も『華麗なる賭け』『おもいでの夏』などで同賞を受賞。
−2002年01月28日作成−
ゴスペラーズの北山陽一が誕生
北山陽一 / 1974年)
ゴスペラーズの北山陽一が誕生
ゴスペラーズのベースボーカル担当、北山陽一が青森県に生まれる。慶應義塾大学で環境情報学を学んでいた北山は、就職活動でメンバーが脱退していくゴスペラーズに勧誘され'94年加入。立ち位置は右端。その魅力的な低音ボイスと、TOEIC900点を獲得し、コンピュータ系にも強いという知性の持ち主で、台湾ではNO.1の人気を誇るという。裸眼視力は0.02。華奢な体で存在感も薄いと思われがちだが、音感の良さはメンバー1、2を誇る。「先生」というニックネームどおり、ゴスペラーズを陰で支えていく存在である。
−2003年01月27日作成−
声優、上田敏也の誕生日
上田敏也 / 1933年)
1933年、声優の上田敏也が北海道は札幌に生まれる。渋い声質を生かし、威厳ある役からコミカルな役まで、幅広く演ずるベテラン名バイプレーヤー声優。数多くのアニメ作品に出演のほか、特撮ものやゲーム、洋画の吹き替え等でも活躍。『おじゃる丸』好きの小さな子供から、『銀河英雄伝説』ファンの大人まで、一度は耳にしたことがあるだろう声は、欠かすことのできない存在だ。
−2009年02月20日作成−
実写版『ろくでなしBLUES』が公開される
小沢真珠 / 1996年)
1996年2月24日、森田まさのりの人気漫画を原作とした実写映画版『ろくでなしBLUES』(製作:ポニーキャニオン/テレビ東京/パル企画)が公開される。監督は『ビー・バップ・ハイスクール』で知られる那須裕之。主人公の前田太尊役には、WKA世界ムエタイ・スーパー・フェザー級の現役チャンピオン(当時)前田憲作を起用、また他にも当時の現役キックボクサーが多数出演し話題を呼んだ。なお、ヒロイン役の小沢真珠は、本作が初の映画出演作。
−2008年02月18日作成−
ビートルズ365:ジョージ、リヴァプールに4人兄弟の末っ子として生まれる。
ザ・ビートルズ / 1943年)
ビートルズ365:ジョージ、リヴァプールに4人兄弟の末っ子として生まれる。
1943年2月24日、リヴァプール市ウェイバートリー区の自宅で4人兄弟の末っ子として生まれた。バスの運転手である父ハロルドと母ルイーズの間に生まれたジョージ。姉と2人の兄がいる。5歳のときにジョンと同じダヴデイル小学校に入学し、卒業後リヴァプール・インスティチュートへ入学(一学年上にポールが在籍)。14歳で友人からギターを譲ってもらったジョージは指から血が出るほど練習を繰り返し、母に30ポンドのエレキギターを買ってもらう。兄と組んだザ・レベルズというバンドで活動した後、クォリーメンに加入することになる。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015