2009年03月26日(木)
  
スマパンの日系人ギタリスト、ジェイムス・イハ誕生
ジェイムス・イハ / 1968年)
スマッシング・パンプキンズで活躍したギタリスト、ジェイムス・イハが米国シカゴに生まれる。日系3世である彼の本名はジェイムス・ヨシノブ・イハ。見た目は完全に日本人ということもあり、日本ではビリー・コーガンに匹敵する人気を得ていた。80年代後半からローカル・バンドで活動、コーガンと出会い、スマパンで大成功を果たすのだが、2000年には解散する。“解散の原因はジェイムス”とコーガンが公言するなど、キナ臭さは後々まで尾を引いてしまっている。
−2006年03月02日作成−
「ウォーキング・ザ・ドッグ」のルーファス・トーマス、誕生
「ウォーキング・ザ・ドッグ」のルーファス・トーマス、誕生
ブルース/R&B/ソウル・シンガーのルーファス・トーマスが米国ミシシッピ州に生まれる。動物にちなんだタイトルの楽曲をいくつかヒットさせる彼だが、最初に動物を演じたのは6歳の時。学校の演劇でカエルの役をこなしたそうだ。彼の代表曲「ウォーキング・ザ・ドッグ」は、ローリング・ストーンズがデビュー作の最後でカヴァー。70年代にはエアロスミス、80年代にはLAメタルのラットが同じことをしており、ロックンロール・バンドの定番になった。
−2007年02月28日作成−
YUIが誕生
YUI / 1987年)
YUIが誕生
シンガー・ソングライターのYUIが福岡県に生まれる。母子家庭で育ち、父親の記憶はまったくといっていいほどないそうだ。ミュージシャンを本気で志すため、高校を中退して活動を開始。路上ライヴを重ねて経験を積み、ソニー・ミュージックのオーディションを受けて合格。2005年に「feel my soul」でメジャー・デビューを果たすと、数々のヒット曲を残し、映画『タイヨウのうた』では女優デビューを果たすなど、常に注目を浴びる存在となった。
−2008年02月27日作成−
エアロスミスのスティーヴン・タイラー、誕生
エアロスミスのスティーヴン・タイラー、誕生
エアロスミスのシンガー、スティーヴン・タイラー生まれる。73年に『野獣生誕』でデビューし、その後ロック界の頂点を極めたエアロも、内部のゴタゴタでかつては解散の危機に。さらにスティーヴンは、在学中にオトリ捜査で捕まり、退学になったほどの麻薬常習者。ツアーに行く時の荷物タグには“W.T.B.(Where is the brow:クスリはどこだ)”と書かれ、女優として活躍する実娘、リヴが生まれた時もあまりの素行の悪さにその存在をしばらく打ち明けられなかったという。そんな彼も、80年代にエアロが復活を遂げてからはすっかりクリーンになったのでした。
−2001年02月21日作成−
モータウンのクイーン、才色兼備のダイアナ・ロス、誕生
ダイアナ・ロス / 1944年)
モータウンのクイーン、才色兼備のダイアナ・ロス、誕生
ドラマ『スタアの恋』にglobeがカヴァーした「ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ」が使用されたりもしていた超大物スター、ダイアナ・ロス、デトロイトに生まれる。'60年代にはシュープリームスの中心的存在として活躍し、ソロになってからもライオネル・リッチーとのデュエット「ENDLESS LOVE」が大ヒットするなど、まさに〈ドル箱〉的存在であった。しかし、'00年にはシュープリームスの再結成ツアーがチケットが高すぎるといった理由により会場がどこも不入りになるなど、その美貌もやはり年には勝てなかった……?
−2002年02月25日作成−
偉大なる音楽の父、ベートーヴェン永遠の眠りにつく
偉大なる音楽の父、ベートーヴェン永遠の眠りにつく
世界中でもっとも有名な作曲家、ベートーヴェン死去。難聴というハンデを背負いながらも後世に語り継がれる数々のメロディを世に送り続けた。交響曲第5番「運命」や交響曲第6番「田園」などは世界中の誰もが知る名曲である。また、父ヨーハンが、息子を神童として有名にさせたかったがために、ベートーヴェンは、1790年まで1歳若く勘違いさせられ、その後は2歳若く思い込んでいたと言われるが、事実は定かでない。
−2003年02月27日作成−
漫画家、安野モヨコの誕生日
安野モヨコ / 1971年)
1971年、漫画家の安野モヨコが東京都に生まれる。1989年「別冊少女フレンドDX」(講談社 刊)に掲載の『まったくイカしたやつらだぜ!』で高校在学中にデビュー。岡崎京子の下でのアシスタント経験を経て、「別冊少女フレンド」にて『TRUMPS!』を初連載。続く「FEEL YOUNG」(祥伝社 刊)連載の『ハッピーマニア』で大ブレイク。同作は稲森いずみ主演でテレビドラマ化され、売れっ子漫画家に。『シュガシュガルーン』『働きマン』はTVアニメ版も放映。エッセイストとしても活躍し、女性を中心に幅広い人気を誇る才女。2002年、宮崎 駿を仲人に、『新世紀エヴァンゲリオン』庵野秀明と結婚。
−2009年03月20日作成−
ゴクミこと、後藤久美子が生まれる
後藤久美子 / 1974年)
1974年3月26日、“ゴクミ”の愛称で知られる女優の後藤久美子が東京都で生まれる。10歳の時、モデルとしてデビューし、以後女優としてテレビや映画で活躍、「国民的美少女」をうたい文句に、いわゆる「美少女ブーム」を巻き起こした。主な受賞歴は、86年度のゴールデンアロー賞放送新人賞、88年度の日本アカデミー賞新人俳優賞など。また“ゴクミ”は、87年度の日本新語・流行語大賞 流行語部門で銅賞にも輝いている。なお、95年にはフランス人F1レーサーのジャン・アレジとの交際を開始、2007年2月26日にスイスにて第3子となる男児を出産している。
−2008年03月20日作成−
ビートルズ365:ポールとスティーヴィー・ワンダーの共演シングル「エボニー・アンド・アイボリー」発売。
ザ・ビートルズ / 1982年)
ビートルズ365:ポールとスティーヴィー・ワンダーの共演シングル「エボニー・アンド・アイボリー」発売。
82年2月にモントセラト島のAIRスタジオでレコーディングされたスティーヴィー・ワンダーとの共演曲が、アルバム『タッグ・オブ・ウォー』の先行シングルとして発売(米国では4月2日、日本では21日発売)。プロデュースは久々にタッグを組むことになったジョージ・マーティン。人種を超えた平和をテーマにしたこのメッセージ・ソングは、英国では2週連続1位を記録(米国では7週連続1位、日本では最高26位)。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015