2009年07月23日(木)
  
ホントにギターが上手いです、元GN'Rのスラッシュが誕生
スラッシュ / 1965年)
ホントにギターが上手いです、元GN'Rのスラッシュが誕生
元ガンズ・アンド・ローゼズ〜ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのギタリスト、スラッシュが英国に生まれる。本名はサウル・ハドソン。母親がデヴィッド・ボウイの衣装デザイナーだったのは有名な話。中学生の頃に米国に移住し、ギターを始めるのだが、本当はベースをプレイするつもりが、弦が多かったので間違えてギターを買ってしまった、というのもファンには知られた話だ。ブルースをベースにしたそのプレイは独特の感性に溢れており、コピーするのは実に難しい。
−2006年06月28日作成−
ミッキー・カーチスが誕生
ミッキー・カーチス / 1938年)
ミッキー・カーチスが誕生
俳優としても知られるミッキー・カーチスが東京都に生まれる。本名は加千須ブライアン。ジャズを皮切りに、日劇ウェスタンカーニバルでロカビリー歌手として活躍。この頃から俳優もこなしていたが、60年代後半には自身のバンドであるミッキー・カーチス&サムライを結成し、欧州で本格的なロック・バンドとして活動した。日本のロック黎明期に与えた影響は大きく、この時期の作品は後年になっても、また、海外でも人気が高い。
−2007年06月28日作成−
ゆず、1stアルバムを発売に
ゆず / 1998年)
ゆず、1stアルバムを発売に
北川悠仁と岩沢厚治によるゆずが、1stフルアルバム『ゆず一家』をリリース。「飛べない鳥」「桜木町」など、ヒット曲を量産し続けている彼らの1stアルバムには、ブレイクのきっかけにもなった「夏色」や、ゆずとしては珍しい英語使用曲にして、元のタイトルは「ショック少年」だったという「少年」など14曲が収録されている。なお大ヒット曲「夏色」は、彼らのライブ拠点、新宿ミロードのお偉いさんに“まだまだだな”と言われたというエピソードもあり。
−2001年06月26日作成−
革命万歳! Dragon Ash、3rdアルバム発売
Dragon Ash / 1999年)
革命万歳! Dragon Ash、3rdアルバム発売
Dragon Ashが3rdアルバム『Viva La Revolution』を発売。「Grateful Days」「Let yourself go,Let myself go」などのヒット曲を含み、その他の収録曲もヒップホップ、オルタナ・ロック、パンクなど、攻めの姿勢を忘れない高いクォリティ。コアな音楽ファンはもとより、ヒップホップって何?的な女の子たちもこぞって買い求め、日本の音楽シーンに“革命”をもたらす1枚となったのであった。ドラクロアの名作をパロったジャケットも印象的。
−2002年06月24日作成−
ノエルに認められた、トラヴィスのフラン誕生
ノエルに認められた、トラヴィスのフラン誕生
デビュー直後からオアシスのノエル・ギャラガーに才能を認められたトラヴィス。そのシンガーであるフラン・ヒーリィが生まれる。しかし'99年5月のシングル「ウェイティング・トゥー・リーチ・ユー」に、オアシス盗用疑惑が巻き起こる。作詞・作曲のヴォーカル、フラン・ヒーリィはそれを認め、ノエルも「盗用もリスペクトの一種」と対応。このあとトラヴィスは絶好調に。アルバム『ザ・マン・フー』が数々の賞を受賞。1年間で3度もチャート1位に返り咲き、英国で200万枚セールスを突破して、オアシスというビッグネームの影から見事飛び出した。
−2003年06月25日作成−
『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』が劇場公開される
荒川弘 / 2005年)
『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』が劇場公開される
荒川弘の人気漫画を原作とした劇場版アニメが公開される。“ハガレン”の愛称で爆発的なムーブメントを巻き起こしたTVシリーズの最終回後を描いた作品ということで、この劇場版も100万人以上の観客総動員数を記録する大ヒットとなった。ふたつの世界に離れ離れになった錬金術師兄・エドとアルが、再会する日を夢見てそれぞれ命がけの冒険を繰り広げる姿を描いている。
−2008年07月11日作成−
『ハリー・ポッター』のダニエル・ラドクリフ君が生まれた日
『ハリー・ポッター』のダニエル・ラドクリフ君が生まれた日
俳優、ダニエル・ラドクリフが生まれる。世界的ベストセラー小説の『ハリー・ポッターと賢者の石』の映画化で、主役のハリー役を演じ注目を浴びる。シリーズが進むにつれて、幼さが消え精悍な顔つきになっていった。ロンドンで上演された主演舞台「エクウス」ではオール・ヌードを披露するなど、ハリーポッターで固定化されたイメージの脱却を図っているよう。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:シングル「ヘルプ」発売。
ザ・ビートルズ / 1965年)
ビートルズ365:シングル「ヘルプ」発売。
英国で10枚目のシングルにあたる「ヘルプ」英国発売(米国は19日、日本では8月15日)。英米ともに3週連続1位を記録。この曲は映画『ヘルプ!/4人はアイドル』の主題歌であり、この時期のジョンの心情がそのまま表われた楽曲である。また、ミックス違い(テイク違い?)の多い曲でもあり、研究家を悩ませる1曲でもある。69年1月23日のゲット・バック・セッションで再演奏、ジョンは70年12月にピアノでの再録音(スローテンポのアレンジ)を試みていたが、未発表(後者は『ロスト・レノン・テープス』では放送済)のままに終わっている。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015