2010年05月13日(木)
  
PUFFY、「アジアの純真」でデビュー
PUFFY / 1996年)
PUFFY、「アジアの純真」でデビュー
大貫亜美、吉村由美の2人によるPUFFYがデビューを飾った。奥田民生の作曲・プロデュース、井上陽水の作詞という「アジアの純真」がデビュー曲。豪華な制作陣とは裏腹に、本人たちは朴訥というか、ノホホンというか、やる気があるのかないのか、よくわからない独特の味を当時から醸し出していた。90年代は女性アイドル不遇の時代だったが、アイドルなの?という微妙な立ち位置だったから成功したのかも(失礼?)。2000年代には米国でも大人気に。
−2006年04月24日作成−
T.M.Revolutionがデビュー
T.M.Revolution / 1996年)
西川貴教のプロジェクト“T.M.Revolution”がシングル「独裁 -monopolize-」でデビュー。浅倉大介のプロデュースのもと、それまでにもライヴ活動などを精力的に行なっていたが、いきなりの大ヒットとはなっていない。それどころか、“バンドじゃないの?”というのが一般人の反応だったような気がする。それでもめげることなく突き進んだ西川は、そのド派手なパフォーマンスと軽妙なトークで、ブレイクするのにそれほど時間は掛からなかった。
−2007年04月26日作成−
スティーヴィー・ワンダーが誕生
スティーヴィー・ワンダーが誕生
世界的スーパー・スター、スティーヴィー・ワンダーが米ミシガン州に生まれる。生まれてすぐに盲目となるが、幼少の頃からピアノ、ハーモニカに加えドラムス、ボンゴなどをマスター。友人の家でその腕前を披露していたところ、音楽関係者であった友人の兄が聞きつけ、あれよあれよという間にモータウン・レコードと契約に至る。弱冠12歳の時であった。日本では、缶コーヒー「FIRE」のCM曲なども手掛けた。あれだけのスターにして、意外にもCMソングは「FIRE」が初めてだとか。
−2001年04月23日作成−
当時は爽やかポップ路線。平井堅、デビュー
平井堅 / 1995年)
当時は爽やかポップ路線。平井堅、デビュー
平井堅がシングル「Precious Junk」でデビュー。ドラマ『王様のレストラン』主題歌であったこの曲は、オリコンチャート最高50位となるものの、その後5年間は鳴かず飛ばず。“これが売れなければ契約を更新しない”と言われた「楽園」で起死回生、一躍ブレイクに至った。デビューのきっかけは、ソニーで行なわれたオーディション。その当時は、今のようなセクシーR&B系な歌い方ではなく、爽やかでポップな歌声であった。
−2002年04月24日作成−
『幻魔大戦』シリーズで知られる作家の平井和正が生まれる
平井和正 / 1938年)
1938年5月13日、小説家/SF作家の平井和正が神奈川県に生まれる。大学在学中の61年に作家デビュー。63年には『8マン』の漫画原作を担当、のちに自らがシナリオライターのチーフを務めたTVアニメ版も作られ人気を博した。また67年には、石ノ森章太郎との共作で「週刊少年マガジン」誌上にて『幻魔大戦』を発表。79年からは小説版『幻魔大戦』の刊行もスタートさせ、世に“ハルマゲドン”旋風を巻き起こした。『幻魔大戦』は83年に劇場アニメ化されている。
−2009年05月01日作成−
爆笑問題の太田光誕生
爆笑問題 / 1965年)
爆笑問題の太田光誕生
太田光が埼玉県にて生まれる。日本大学芸術学部中退後、田中裕二とお笑いコンビ爆笑問題を結成。毒を吐く芸風に定評があり、知識も豊富で頭の回転が速い。オムニバス映画『バカヤロー!』シリーズでは監督を務めたこともある。意外にも木村拓哉の大ファンで、コンサートにも足を運ぶほどの熱狂ぶり。本人の目の前に立つと、赤面してうまく喋れないというお茶目な一面も。
−2007年04月25日作成−
ビートルズ365:BBCラジオ『サイド・バイ・サイド』放送。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:BBCラジオ『サイド・バイ・サイド』放送。
4月1日に収録が行なわれたBBCのラジオ番組『サイド・バイ・サイド』が放送された。番組のレギュラーであるカール・デンバー・トリオと「サイド・バイ・サイド」(ハリー・ウッズ作曲、1927年にポール・ホワイトマン・オーケストラによって初めてレコーディングされた)を一緒に演奏。ビートルズは「フロム・ミー・トゥ・ユー」「ロング・トール・サリー」「密の味」「チェインズ」「サンキュー・ガール」「ボーイズ」の6曲を演奏した。ちなみに4月1日の収録では4月22日放送分も収録され、「プリーズ・プリーズ・ミー」「ミズリー」などを演奏した。
−2006年04月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015