2019年03月24日(日)
  
ピンク・フロイド、『狂気』発表
ピンク・フロイド / 1973年)
ピンク・フロイド、『狂気』発表
ピンク・フロイドの代表作にして、ロック史上に燦然と輝く大傑作『狂気』が発売される。一大コンセプト作となっている内容については説明不要だろうし、その後20年以上に渡って全米チャートにランクインし続けたというのも有名な話。今ではマルチ・チャンネルのSACDまで登場し、ステレオでも充分に凄かった足音やチャイム、レジの音がとんでもない臨場感で迫ってくる。30年以上経っても新たな驚きに満ちている、魔法のような作品だ。
−2006年03月02日作成−
キッスのオーケストラ共演ライヴ盤、日本発売
キッス / 2004年)
キッスのオーケストラ共演ライヴ盤、日本発売
2003年にオーストラリアのメルボルンで行なわれた、キッスとオーケストラの共演ライヴ・アルバム『アライヴ4〜地獄の交響曲』が日本でも発売に。キッスのロックンロールとオーケストラが合うのか!?という疑問を吹き消す素晴らしい内容で、ゴージャスな音楽絵巻が存分に楽しめる逸品だ。少し遅れて登場したDVD版がこれまた圧巻で、団員全員がキッスのメイクを施したオーケストラの熱演には頭が下がる。ドキュメンタリーも必見。
−2007年02月28日作成−
SHOGO(175R)が誕生
SHOGO / 1980年)
SHOGO(175R)が誕生
175Rのシンガー、SHOGOが福岡県北九州市に生まれる。98年に175Rを結成し、インディーズで大活躍。メジャー・デビュー前からラジオのパーソナリティを務めるなど、その人気と知名度は全国区だった。バンドの中心人物であり、多くのソングライティングを担当。若い世代から絶大な支持を得る存在である。2004年には、元SPEEDの今井絵理子と結婚して話題に。その後、一児をもうけるも、07年9月に離婚を発表した。
−2008年02月27日作成−
等身大のアイドル・ELTの持田香織生まれる。
持田香織 / 1978年)
等身大のアイドル・ELTの持田香織生まれる。
Every Little Thingのモッチーこと持田香織が東京都に生まれる。シンボルマークのキャミソールと飾らない歌声は、アムラーやあゆラーにはない自然体を醸し出し、女子高生を中心に大人気に。「Time goes by」「Face the change」などは、もはやカラオケの定番曲と言っていい。そんな彼女も、かつては“持田かおり”としてアイドル養成番組に出演したりもした。しかし、そんな過去を隠すことなく、今日もモッチーはありのままに生きている。
−2001年02月21日作成−
パブ・ロックの伊達男、ニック・ロウ誕生
ニック・ロウ / 1949年)
パブ・ロックの伊達男、ニック・ロウ誕生
シンプルなロックン・ロールの名手、ニック・ロウが英ケンブリッジに生まれる。時はグラムやプログレが全盛のイギリス。ニックが在籍したバンド、ブリンズレイ・シュワルツらは複雑化した音楽に対するような形で、大衆酒場(パブ)でストレートなロックやカントリーなどを演奏し、“パブ・ロック”というムーヴメントを巻き起す。これが後のパンク/ニュー・ウェイヴ・ブームの導火線となったのであった。2001年には自身のトリビュート・アルバムも発売、まだまだその伊達男ぶりをアピールした。
−2002年02月25日作成−
ロックンロールの王様、エルヴィス・プレスリー軍隊に入隊
ロックンロールの王様、エルヴィス・プレスリー軍隊に入隊
エルヴィス・プレスリー、アメリカ陸軍に入隊。圧倒的な若者の支持を受けてたプレスリーに召集令状が届いた時の騒ぎは相当なもので、嘆願書や脅迫状まで当局に届いたという。しかし当のプレスリー自身は「とうとう来たので喜んでいる」と答えたとか。プレスリーは入隊後初めての休暇に「アイ・ニード・ユア・ラヴ・トゥナイト」「恋の大穴」「ア・フール・サッチ・アズ・アイ」などをレコーディング。それぞれが大ヒットとなった。
−2003年02月27日作成−
アニメーター/監督/演出家、合田浩章が生まれる
合田浩章 / 1965年)
1965年、アニメーター/監督の合田浩章が北海道に生まれる。1981年の『六神合体ゴッドマーズ』でアニメーターとしてデビュー後、『超獣機神ダンクーガ』『マシンロボ クロノスの大逆襲』『ふしぎの海のナディア』『バブルガムクライシス』など、エポックメイキングな作品に多数携わる。監督としての代表作は藤島康介の人気漫画を原作とする“ああっ女神さまっ”シリーズ。TVシリーズ、OVA、劇場版、すべての作品で監督を務めている。
−2009年03月20日作成−
大友克洋監督の実写映画『蟲師』が公開
大友克洋 / 2007年)
2007年3月24日、『AKIRA』などで知られる大友克洋監督の実写映画『蟲師(むしし)』が公開される。原作は漫画家・漆原友紀による人気コミックで、一般の人の目には見えない「蟲」の専門家「蟲師」を主人公に、「蟲」が引き起こす不思議な現象を解き明かしていく物語。原作にほれ込んだという大友監督は、大胆かつ繊細なVFXを駆使して「蟲」たちの幻想的な世界を映像化。また、オダギリジョー、蒼井優、江角マキコ、大森南朋などが原作イメージそのままの存在感で役を好演していることでも話題となった。
−2008年03月20日作成−
ビートルズ365:シングル「キャント・バイ・ミー・ラヴ」がNME誌で1位を獲得。
ザ・ビートルズ / 1964年)
ビートルズ365:シングル「キャント・バイ・ミー・ラヴ」がNME誌で1位を獲得。
英国で6枚目のシングルとなった「キャント・バイ・ミー・ラヴ」がNME誌で初登場で1位を獲得し、4週間にわたってその座を守り抜いた。またこのシングルは3月17日の段階で、予約注文が100万枚を突破した。B面は英国も米同様に「ユー・キャント・ドゥ・ザット」。両曲ともサード・アルバム『ア・ハード・デイズ・ナイト』に収録された。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015