2019年05月17日(金)
  
“おニャン子”も今は昔、城之内早苗が誕生
城之内早苗 / 1968年)
“おニャン子”も今は昔、城之内早苗が誕生
演歌歌手の城之内早苗が茨城県に生まれる。1985年、あの“おニャン子クラブ”の一員としてデビュー。会員番号は17番だった。幼少の頃から民謡を習っていたこともあり、おニャン子の中では抜群の歌唱力。翌86年に演歌歌手として、「あじさい橋」でソロ・デビューを飾った。解散後は演歌歌手としての活動を本格化し、その世界で安定した人気を誇っている。おニャン子のメンバーで芸能界に残った数少ない1人。やはり芸は身を助けるのですね。
−2006年04月24日作成−
NINの総帥、トレント・レズナーが誕生
トレント・レズナー / 1965年)
NINの総帥、トレント・レズナーが誕生
ナイン・インチ・ネイルズの中心人物、トレント・レズナーが米国ペンシルヴァニアに生まれる。本名はマイケル・トレント・レズナー。父親もマイケルという名前だったため、ミドル・ネームで呼ばれるようになったという。彼が音楽に触れ始めたのは5歳の時で、ピアノをはじめたのがきっかけだった。なんでも、非常に音楽に熱中したそうで、ピアノの腕前も“ハリー・コニックJr.のようだ”と言われるほどだったらしい。天才はやはり幼少期から違う、とういうことか。
−2007年04月26日作成−
「魔法使いの弟子」の作者、ポール・デュカスが死去
ポール・デュカス / 1935年)
「魔法使いの弟子」の作者、ポール・デュカスが死去
フランス近代音楽の重鎮、ポール・デュカス死去。ディズニーの傑作アニメーション『ファンタジア』に使われたことでも有名な、彼の傑作交響詩「魔法使いの弟子」は、巧みな構成・メロディ、華々しい管弦楽の音色で彩られ、古今の交響詩の中でも屈指の名作と名高い。また、重鎮であるとともに、かなりの完璧主義者でもあり、晩年にはなんと自分のそれまでの作品を「13」に限定。ほとんどのものを破棄してしまったというのだから、アッパレというかもったいないというか……。
−2001年04月23日作成−
ギターの神様ジミ・ヘンドリックス、米軍に入隊
ジミ・ヘンドリクス / 1961年)
ギターの神様ジミ・ヘンドリックス、米軍に入隊
不世出の天才ギタリスト、ジミ・ヘンドリックスがハイスクールを中退して米軍軍隊に入隊。この時、生涯にわたり活動をともにするビリー・コックスと出会う。軍隊ではパラシュート部隊所属だったが、訓練中に足をけがしてわずか1年で除隊。後を追うようにしてビリーも除隊。二人でザ・キングカジュアルズを結成し、ナッシュビルで活動を開始。いくつかのグループにスカウトされては脱退を繰り返しながら、彼の他を圧する天才的なギター・テクニックは、世界中に知られていくことになる。
−2003年04月25日作成−
TVアニメ『スーパービックリマン』が放送開始
(1992年)
1992年5月17日、TVアニメ『スーパービックリマン』の放送がテレビ朝日系にて開始される。翌93年4月4日まで全44話が放送された。80年代に大ブームとなった「ビックリマン」シリーズの流れを受けて展開された「スーパービックリマン」シールを原作にしたアニメで、それまでのビックリマン世界とはガラリと変わり、登場するキャラクターが二頭身から五?六頭身へと変化。舞台も世紀末SFファンタジー色の濃い作品となっている。
−2009年05月01日作成−
映画の街、調布の有名人 近藤勇死去
香取慎吾 / 1868年)
映画の街、調布の有名人 近藤勇死去
新選組局長、近藤勇が死去。任侠映画の巨匠・沢島忠監督による映画『新選組』では三船敏郎が近藤役を、大島渚監督による映画『御法度』では崔洋一が、2004年に放送されたNHK大河ドラマ「新選組!」では香取慎吾が演じた。ちなみに東京都調布市では「ちょうふ新選組フェスタ」と題するイベントが2004年に行なわれ、大河ドラマ館、新選組からくり屋敷、近藤勇商店などが建ち並び、総事業費として3億5,000万円を注ぎ込んだ。
−2007年04月25日作成−
ビートルズ365:ジョージとパティ、リンゴとモーリン、カンヌ映画祭に出席。
ザ・ビートルズ / 1968年)
ビートルズ365:ジョージとパティ、リンゴとモーリン、カンヌ映画祭に出席。
ジョージが音楽を手がけた映画『ワンダーウォール』の特別試写会のため、ジョージ夫妻とリンゴ夫妻はカンヌ映画祭へ出席。この映画は、カンヌ映画祭での試写会から1年が過ぎた69年にロンドンでプレミア上映された。日本では当時未公開のままに終わり、96年11月に初公開。幻の映画として長い間語り継がれてきたこの映画も、ついに陽の目を見ることになった。
−2006年04月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015