2019年07月11日(木)
  
小さくてもラップは強烈、リル・キムが誕生
リル・キム / 1975年)
小さくてもラップは強烈、リル・キムが誕生
女性ラッパー、リル・キムが米国ブルックリンに生まれる。本名キンバリー・ジョーンズ。両親は彼女が9歳の時に離婚、父親と暮らすことになったのだが、その父親に家から追い出されるという、酷い環境で育ったようだ。10代からストリートで過ごし、その強烈なラップ・スキルを身につけていく。身長143cmと小柄な体とは裏腹に、挑発的なまでにセクシャルな歌詞、過激なセックス・アピールもあり、デビューした後は瞬く間に人気ラッパーとなった。
−2006年06月28日作成−
バウハウスのピーター・マーフィー、誕生
バウハウスのピーター・マーフィー、誕生
バウハウスのフロントマンとして知られるピーター・マーフィーが英国に生まれる。“ゴシック”の元祖と謳われるバウハウスにおいて、彼の存在がそのイメージの形成に与えた影響は計り知れない。パンク、ニューウェイヴ、ゴスといったジャンル分けが意味をなさない、暗くも攻撃的な独特のサウンドを、ものの見事に表現、人気と評価を得ていた。耽美的な存在感はソロになってからも衰えることはなく、かのデヴィッド・ボウイにひけを取らないほどだ。
−2007年06月28日作成−
アポロ月面着陸に合わせ、D.ボウイの名曲発売
デヴィッド・ボウイ / 1969年)
アポロ月面着陸に合わせ、D.ボウイの名曲発売
常に変容を繰り返すアーティスト、デヴィッド・ボウイが「スペース・オディティ」を発売。ボウイがキューブリックの映画『2001年宇宙の旅』にインスパイアされて作ったこの曲は、一時音楽業界から姿を消していたボウイに復帰の決心をさせ、英国では傑作として大いに受け入れられた。が、当時アポロ11号の打ち上げに沸くアメリカではまったく売れずじまい。“キミの宇宙船のエンジンは止まってしまった。残念ながら地上には戻ってこれまい〜”。内容がコレでは……。
−2001年06月26日作成−
既婚・子持ちでもカッコイイ! 藤井フミヤ誕生。
藤井フミヤ / 1962年)
既婚・子持ちでもカッコイイ! 藤井フミヤ誕生。
藤井フミヤ、福岡県に生まれる。'83年、チェッカーズのVo.として「ギザギザハートの子守歌」でデビュー。同曲と「涙のリクエスト」「哀しくてジェラシー」の3曲が同時にベストテン入りを果たすなど、出す曲出す曲が大ヒット。ティーンに絶大な支持を得る。ソロになってからも「TRUE LOVE」が200万枚のセールスを記録。〈既婚・子持ちでもカッコイイ〉という独自のスタンスを獲得し、女性から根強い支持を得ている。
−2002年06月24日作成−
有言実行した男、リッチー・サンボラ誕生
有言実行した男、リッチー・サンボラ誕生
ジョン・ボン・ジョヴィ率いる「ボン・ジョヴィ」のライヴに感動したリッチー・サンボラは「演奏を聴いていて何かが欠けていると思った。そして、それは俺だと気付いたんだ」と告げた。さらに当時のギタリストを指して「俺のほうがうまい。俺がメンバーになってやる」と言ってのけ、見事メンバーに。リッチーは両親から強い勧めを受け、幼少時より数々の楽器に触れてきた本格派。'91年からソロ活動も開始。また、来日公演の取材では、ジョンと共に松井秀喜にエールを送ったほどの親日家である。
−2003年06月25日作成−
花輪くんにゾッコン、「ちびまる子ちゃん」のみぎわ花子が生まれる
(1965年)
花輪くんにゾッコン、「ちびまる子ちゃん」のみぎわ花子が生まれる
TVアニメ「ちびまる子ちゃん」に登場する架空の人物。脇役ながら異様な存在感を放っている。一度見たら忘れられないキャラクター。花輪くんが大好きで将来の夢は花輪くんのお嫁さんになること。花輪くんが迷惑がっているのにも気づかない。じつは丸尾くんと一緒の学級委員だったりする。
−2008年07月09日作成−
名脇役の小松方正、逝く
小松方正 / 2003年)
名脇役の小松方正、逝く
日本映画界の名脇役として知られた小松方正が敗血症のため76歳で死去。独特のいかつい風貌を活かし悪役を熱演、「白い巨塔」『太陽を盗んだ男』など数多くのドラマや映画に出演した。また低音の声を武器に声優としても活躍、『酔拳』や『刑事コロンボ』などでその美声を今でも聴くことができる。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:「レボリューション」のレコーディング。
ザ・ビートルズ / 1968年)
ビートルズ365:「レボリューション」のレコーディング。
この日はアップルのエレクトリック部門の担当者アレックス・マーダスの結婚式が行なわれ、ジョンとヨーコ、ジョージとパティが出席した。その後、午後4時から午前3時45分までの第3スタジオでのセッションでは、「レボリューション」(テイク15)にニッキー・ホプキンスによるエレクトリック・ピアノとポールのベースをオーヴァーダビング。ニッキー・ホプキンスには、6ポンド10シリング(6ポンド50ペンス)のギャラが支払われた。その後、「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」には3本のサックスとベースが加えられ、セッションの終わりに「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」のラフなモノ・ミックスが作られた。この日はリダクション・ミックスとオーヴァーダビングにそのほとんどが費やされた。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015